『ツィゴイネルワイゼン』(映画)感想

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

ヘンな映画…でも面白かった!

 

鈴木清順監督、『ツィゴイネルワイゼン』

 

1980年の映画。

 

もう十年以上前に観た。

 

その時もヘンな映画だなと思ったけど、引き込まれて…。

 

北千住のブルースタジオで、鈴木清順の浪漫三部作の上映をしていて、その第一弾がツィゴイネルワイゼン。

 

嬉しくなって、三部作全部見たいなと回数券まで買ってしまった。

 

でも、ちょっと不安でした。。

 

もう一度見て、果たして面白いと思えるのかどうか。。

 

見てみて……わけわからん…けど、やっぱり面白かった!

 

原田芳雄格好いい。。

 

若い時の大谷直子ってこんなに綺麗だったんだ…ていうか、めっちゃ演技上手い。

 

アートっぽい、脈略ない、系の映画だと思い込んでたけど、今回見直して、実は画力とか映像とかの不思議さ以上に、ちゃんとドラマ的要素があって、それに引き込まれた。

 

主人公の男は、どこかで自分を真面目で面白みのない男と思っている。

 

それと真逆なキャラクターが、原田芳雄が演じる、豪放磊落な破天荒な親友。

 

主人公は、どこか原田芳雄演じる親友の、常識にとらわれないその性格に、あこがれのような羨ましさのようなものも感じている様子。

 

親友がどんどん、主人公がいいと思う女を取っていってしまう。しかも、ある時から、自分の細君にまで手を出しているのではないかという疑念に駆られる。

 

脚本は、田中陽造さん。『ヴィヨンの妻』でもうまいなあと思ったけど、『ツィゴイネルワイゼン』は、内田百里痢悒汽薀機璽討糧廖戮魏蕊澆にしているらしいけど、他の色々な短編を組み合わせて、脚色しているらしい。

 

元になった小説は読んでないけど、色々な短編をつなぎ合わせるってだけで、ともすると筋の通ってない話になってしまったり、脈略なくなったりしまうものだから、難しかっただろうな、、。

 

すごく楽しめた。2017年8月8日(火曜日)まで、北千住のブルースタジオでやってるよ。

 

8月9日(水曜)〜、同じく鈴木清順監督の、『陽炎座』です。

 

一応、それも観に行く計画。

 

 

『怪盗グルーのミニオン大脱走』(映画)感想

洋画‐アクション comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

この夏、三歳のコアザラシを劇場映画デビューさせようと目論んでおりました。

(厳密には、コアザラシの映画劇場デビューは、まだハイハイの頃の赤ちゃんで、ホットママシネマという子供連れで観れる映画観賞会の『舞子はレディ』だったのですが、その時は、映画館の階段をハイハイで、頂上まで上ることに執念を燃やしておりました)

 

絵本は大好きで毎晩読み聞かせなしには、満足しないコアザラシなのですが、まだテレビでも、10分くらいのストーリーじゃないと集中力が持たず……果たして、90分程度の映画尺でじっと座席に座って集中してられるのか…そこが問題。

 

本当は、クレヨンしんちゃんの映画あたりがよいかと思ったんですが、今の時期やっているのは、『カーズ/クロスロード』、『ミニオン』くらいしか見せられそうなものはない。

 

カーズは、このあいだテレビで放映されていたものを見せても、すぐ集中力が切れたので、ミニオンで行くことにする。

 

子供の頃に父親に連れていかれたキングコングの映画思い出す。。

劇場で食べたチェコフレークの味が忘れられない。

映画館と言えば、チェコフレークだったな…

(そういや、海外ドラマの『マッドメン』で、ハーシーズのチェコと父親との思い出の話があったなあ)もちろん映画のことも覚えていて、キングコングへのいけにえの為にヒロインをさらっていった原住民が、自分のこともさらいに来るんではないかと、その夜、寝室の扉に映る影におののいた記憶。。

 

コアザラシには、ローソンで、昔懐かしい駄菓子が4種類くらいセットになったものを買って、持たせると、小躍りする。

 

さあ、映画が始まる。。劇場が暗くなると、どうして暗くなるの?と早速、不満。

暗いとお菓子が見えないので、うまく食べられない…と文句。

なんとかなだめすかして映画への集中を促す。。

 

映画が始まると今度は、音がうるさくて耳が痛い、と、顔をしかめて苦情。。

たしかに…音が他の映画より大きい気がした。。

 

今度は椅子に座ると(背が低いので)前がよく見えない、と文句。

じゃあ、膝の上に座ってみるかと訊ねると、一人の席がいい、と譲らず。。

あとで、子供用のかさ上げチェアが入り口にところにあることに気づいた。映画終わったあと子供たちが使用したチェアをそこに置いて帰って行ったのを見て気づいた。というか、映画館の人…一言教えてくれよ……こちらも初めての経験で全然知らないんだから…もちろん、そんなこと向こうも知るはずもないんだろけど、なんらかのかたちで教えてもらいたかったな。。

 

とにかく初めての映画館体験で、違和感ばかり気になる様子。

それでもお菓子に機嫌を直し、前半、それなりに映画を見てくれる。

 

グルーが、、ドジを踏んで、半分、おケツが見えたところで、『お尻見えた』と笑う。

(この反応を見ると、やっぱり『クレヨンしんちゃん』の方が喜んだだろうな…)

 

映画が進むにつれ、次第にコアザラシの集中力が切れて来る様子。。

 

今度は、席を立ちあがって、階段の非常灯を指さして、なぜここだけ、電気がついているのか?と訊ねて来る。

また、前の席に座る親子にちょっかい出そうとするコアザラシを、必死でとめる。。

頼む…じっとしてくれ。。言い聞かせ、祈る。

クライマックスは、集中しているのか、ぼーっとしてるのかよくわからんが、大人しく見ていた。

 

まあ、色々あったが、映画の最後まで途中退場せずに済んだことが奇跡。

よく持ったなあ、というのが率直な感想。

(エンドロール終わる前に出たがったけど、実はおしっこ我慢してようだ)

 

と、ここまでは、三歳のコアザラシの映画館デビューのお話でしたが、ここからは、映画そのものへの、あざらしの感想。

 

ミニオンシリーズ、初めて見た。(以下、ネタバレありなのでご注意)

 

子供向けなのに、音楽の使い方とか入れ方がすごく格好いいなあと感心。

 

今回のシリーズでは、悪役が80年代、ハリウッドで人気子役だったが、年齢を重ね、大人になるにつれ、髭も生えて、可愛げもなくなり、すっかり人気を失う。そして、犯罪に手を染めるというお決まりのパターン。

その悪役が、怪盗となって、自分を干したハリウッドに仕返しをしにくるというのが、本筋のストーリー。

大人のあざらしにとっては、この80年代ファッションに身を包んだキャラが面白くて、彼が登場するたびに、80年代の懐かしい音楽が流れて、思わず顔がニヤッとしてしまう。

子供の観客を連れていく親世代が楽しめる作りを計算しているんだろうなと思いつつも、自分も、まんまとハメられてしまった。

 

ただ、まあ、ストーリーとしては、テンポ早くて、忙しすぎて、もっとじっくり感情移入させて欲しいなというのが、個人的な感想。。

プロットも、たぶん、子供が感情移入できるようにとの配慮で作られた、グルーの娘たちのお話のプロットと、ミニオンたちが刑務所に入れられて脱獄するプロットと、大人が感情移入できるようにとの配慮の、子役上がりの悪役との対決を描いた本筋のプロットと、なんであるのかよくわからんグルーとその双子の弟とのプロットと…ストーリーラインが分散しすぎて、忙しなさすぎるという印象。。

それでも、、やっぱりマーケティング的に、来ている層全てに少しづつ感情移入させないと…という配慮がヒットの鉄則なのかしら。。

 

映画終わったあと、コアザラシに、どういう映画だったか理解しているのか、確認してみた。

 

コアザラシ曰く、

 

青い服の人が悪いことしてた。

 

ミニオンがヘンな歌、唄ってた。(刑務所内でミニオンが唄うシーンがある)

 

まあ、ざっくりすぎるけど、ストーリーは理解しているようでした。

 

 

『暗殺者、野風』(小説) +『秀吉を討て』(小説)感想

本・読書 comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:読書感想文

 

時代(歴史?)小説も、色々と読んでおこうと、二冊の本を手に取る。

 

どちらも竹内涼さんという作家が書いた小説。

 

一つは、紀州の根来衆(根来寺の僧兵たち)や雑賀衆と、秀吉との戦いを描いた『秀吉を討て』という小説。

 

根来衆と雑賀衆は、どちらも大量の鉄砲を抱え、鉄砲を扱う技術も高かったので傭兵勢力として色んなところに顔を出していたらしい。(雑賀衆では、司馬遼太郎の『尻くらえ孫市』というのが雑賀孫一を描いた話が有名)

 

根来衆については、あまり知識がなかったので、詳しく知るという意味では興味深かった。

 

 

けど、断然面白かったのは、ストーリー、キャラクター共に、新しい作品の『暗殺者、野風』の方。

 

暗殺者、野風。戦国時代の傭兵の話。どこの大名傘下にもはいっていない、刺客を輩出する隠りの里から、めちゃくちゃ強い、女傭兵、野風が、上杉謙信暗殺を請け負う。謙信はちょうど武田信玄との間で川中島の戦いを行うという状況で。

 

野風のキャラクターが、ストイックで、切ない感じで、謙信を守る多聞衆との闘いも緊迫感がはんぱない。

 

『暗殺者、野風』は、最近読んだ中では、断然面白かった。おすすめ。

 

 

『キャロル』(映画)観た感想

洋画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

結構評判がよかったので、DVDで見る。

 

つまらなくはない。。すごく丁寧に撮られてる映画だと思う。

 

役者さん、二人ともよかった。

 

けど、少し前に見た『リリーのすべて』の方が好きかな。

 

 

『脳を鍛えるには運動しかない!』

ダイエット comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:健康

 

 

為末大さんがツイッターで紹介してて、面白そうだったので読んでみた。

 

めちゃくちゃ興味深い本でした。

 

この本を読むと、本当、自分も運動しようと思う。

 

 

アメリカのイリノイ州の学区で、朝の授業前に0時間体育というものを始めたところ、参加した生徒の成績があがったとのこと。

 

体育と言いうと誰もが思い描くような、バレーボール、バスケットボール、ソフトボールがイメージされると思うけど、そういういかにも体育的な運動は運動神経の良い人だけが活躍して他の人は見ている時間がほとんど。

 

0時間体育では、待ち時間がなく誰もが常に運動しているようなスポーツを、皆でする。

 

運動は、単に痩せるとか肉体的なことでなく、脳内の神経細胞の通りをよくし、脳の動きをよくするだけでなく、メンタルヘルを保つためにも効果があるらしい。

 

だから、このゼロ時間体育でいう体育とは、私たちが大人になって社会人になって、運動得手不得手に関係なく、運動の必要性を感じて、健康のために、ジムに通ったり、ジョギングしたり、というエクササイズということ。本来、学校の体育で教えるべきなのは、むしろ、誰もがずーっと続けられ、習慣として体を動かす類のものなのでしょうかね。

 

途中、脳の科学的な説明は結構難しかったりするけど、そこを読み飛ばしても、十分、運動の大切さが理解できるし、読む価値があると思いました。

 

これを読んだあと、単にウォーキングだけでなく、心拍数を意識した少し強度がある運動もする必要があるのだな思い直し、今までただウォーキングだけで済ませてたことろを、ゆっくりでも走ることにしました。

(できれば創作脳も鍛えられますように…と祈りながら)

 

と言っても…もう何十年もまともに走っていないので、かなりキツイ。

 

股関節は動かんし、膝も鉛をまとって走ってるようだ。。

 

それでもやってうるうちに、ようやく3キロ弱、止まらずに走れるようになりました。

 

 

元々は睡眠深度を計りたくて買ったウェラブル端末ですが、ふとジョギングしてから気づいた。

強度の分数(時間のこと)…という表示に数字が現れた。

 

全然気にしてなかった。なんだろ?くらいに思ってた。調べてみると、どうやら、強度のある運動をして、心拍数が一定以上あがった状態が続くと、時間が計測される出るらしい。端末に、強度のある運動を1週間に150分というノルマがあるようなのだけど、2キロちょっと走っても、15分くらいにしかならない。これって、1日これだけ走って1週間毎日やってようやくノルマにたどり着くかどうか、ってこと?ムリだろ…と思ってしまった。

 

いや…自分がいかに運動していなかったか、痛感させられてる。

 

とにかく、もういちど走れる体に戻りたい。なんとか。。

 

 

 

『忍びの国』(映画)観た感想

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

 

時代物の映画を見ておこうと思って、『のぼうの城』の和田竜さんの原作、脚本の映画を見る。

 

アクション的なところコメディ的なところより、メッセージというかテーマ性に惹かれた。

 

あまり今までない切り口なので。

 

 

『6才のボクが、大人になるまで。』(映画)

洋画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

昨晩は、奇跡的に、三歳の坊主が午後6時半に寝てくれたので、思わず映画を見る時間が出来た。

 

今回も一枚だけ映画を借りて来た。

 

見たい見たいと思いながらなかなか見れなかった映画。『6歳のボクが、大人になるまで。』

 

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)
ビフォア・サンセット
ビフォア・ミッドナイト

 

などを、撮った監督さんの作品。

ビフォアシリーズは、『ビフォア・サンライズ』だけ見ても、まあ、という感じなんですが、

二人の役者さんが年老いて続編が撮られていることに味わいがある。

 

『6歳のボクが大人になるまで』は、フィクションの映画なんだけど、登場人物がそのままのリアルな年齢で年取っていく様をおっかけていて、ほんとに何か大事件が起こるわけではないんだけど、一人の人物の半生を淡々と描いていく様が、すごく印象的。

 

高校時代の彼女とのやりとりの台詞とかすごくリアル。

あと、置いていかれた血のつながらない姉弟はあのあとどうなったんだろう…気になる。

 

あと本筋には関係ないけど、配管工事の頭のいい作業員が主人公の母親のアドバイスで、のちに大学に入ってレストランを経営するまでになっていて、というのが、本筋以上に、なんだか泣けた。

 

すごく地味な映画だけど、何気ないセリフがすごくリアルで、勉強になりました。

 

 

『お引越し』(映画) 再見 @ シネマブルースタジオ(北千住)

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

相米慎二監督の『お引越し』という映画が大好きで、もう何度も繰り返し見ている。

 

両親(中井貴一と桜田淳子)が離婚するというなんでもない題材なんだけど、すごく印象に残る作品。

 

『時をかける少女』のアニメや、『八月の蝉』の劇場版でシナリオを務めた奥寺佐渡子さんのシナリオデビュー作です。

 

当時は、それと知らず、見てました。

 

でも、やっぱりこんなに繰り返し見たくなる映画の脚本家さんは誰なのだろうと、まだシナリオのことやる前から、気になって奥寺さんの名前は覚えていました。

 

そのうちシナリオやりはじめた関係で、いろいろ映画のシナリオ読むようになって、たまたま読んだ『学校の怪談4』のシナリオがすごくよくて、誰が書いてるの?と思って見直したら、奥寺佐渡子さんで、おーっ!と思って、以来、動向をおっかけていたら、『時をかける少女』アニメで度肝を抜かれ、あれよあれよで、やっぱり、すごい脚本家さんだったんだと、自分の手柄でもないのに、誰もがいいと思っているから、数々のヒット作に名前を連ねているのに、自分が見つけたような気になって、一人悦に入っていた私は、ちょっと痛い奴なのかもしれません。

 

月刊シナリオ2016年7月号に、奥寺さんのインタビューが載ってあって、デビュー作となった『お引越し』での、今は亡き、相米慎二監督とのやりとりのことも書かれていて、すごく面白かった。

 

そんな、『お引越し』がですが、今までビデオでしか見ていなかった。

一時期、この作品はDVDも出ておらずほとんど絶版に近い状態になっておりました。

なので、たまに無性に見たくなる時があって、でも、その辺のレンタルビデオにはおいてないもんだから、渋谷のTSUTAYAまでわざわざでかけて、VHSを借りて来て見る、なんてことをしてました。

またリマスターのDVDが発売されているようです。

 

 

もう何度も何度も繰り返しみた映画だったので、結構キーとなる台詞も覚えてしまっているし、もしかして退屈するんではないかもう新たに発見する部分はないのではないかと思っていたら、あーこのシナリオの意図ってこういうことだったのか、とか、これへの前振りのシーンだったのか、とか、いまだに発見がある。やっぱりシナリオ勉強する前とあとでは、感じ方が全然違う。最初にみたのは、シナリオまだやっていなかったので。

 

劇場ならではの発見もありました。あるシーンで蛍が横切るシーンがあったんだけど、当時、擦り切れたVHSで何度もみていたこともあって、テレビの画面では、蛍に全然気づいていなかった。

 

当時見ていた時と今では自分を取り巻く環境やら、心境やらが結構変わっているのか、映画から感じとる印象も、随分違う感じがしました。(父役の中井貴一が、ほんとダメダメなんだけどすごく優しいお父さんで、レンコも大好きなんだけど、冷たいようだけど、本当に子供とガッツリ向き合っているのは、桜田淳子演じるお母さんだな。。とか)

 

これは変わらずの印象ですが、やっぱりいまはもう大人になった田畑智子の11歳ころの演技というか存在感がハンパない。

彼女の表情の動きからして目が離せないのです。

 

最後に、シナリオがいいのはもちろんだけど、相米慎二監督が作り出す映像や間合いがなきゃ、ここまで目を離せないような作品にはなってなかっただろうな、と改めて思いました。

 

『お引越し』ぜひ機会があったら、北千住でやっているうちに劇場で。

 

ちなみに、『お引越し』のシナリオは、年鑑代表シナリオ集の93年度版に掲載されています。

 

 

『淵に立つ』(映画)

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

今週末、提出物を出せたので、思いがけず週末時間が出来た。

ので、DVDを借りてきて見る。

 

ちょっと5枚千円みたいな借りかたを当分見直すことにした。

本当なら、もっとガンガン色んな映画を数多く見て、ということをしなきゃならないんだろけど、そうもいかない。

5枚借りてきて、一週間で観れるのかなと、ヘンなプレッシャーを勝手に感じて自分でハードルこさえるより、一枚ずつ見たいと思うもの見るというやり方を取っていこうかと思う。

 

淵に立つ、という映画。

浅野忠信の気持ち悪さがハンパなかった。もちろん誉め言葉です。(ホラーではありません。)

家族に異物が入ってくることで、波が立ち、思わぬ方向に行ってしまう。

皮肉なことに、家族が崩壊へと向かうにつれ、互いにぶつかり合い、自分と向き合いはじめる。

その感じがすごく刺さる。

 

最近、エンタメ要素の強い作品見てたから、こういう作品見なきゃなと思い直す。

 

 

人形劇『プリンプリン物語』再放送 第1話、第2話

ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日記・一般

 

本放送から38年!

 

先週から、NHKBSで、週に二話ずつ、人形劇『プリンプリン物語』の再放送が始まりました。

 

もうめちゃくちゃ懐かしい。子供の頃、夕方、見てた。

 

なにより、石川ひとみの声が好きで好きでたまらなかった。

(といいつつも、子供のころ、石川ひとみ、と、倉田マリコの顔の区別に苦労した記憶も。。。)

 

人形劇で出て来た印象的な歌の数々は、今でも頭に焼き付いていて、口ずさんでしまいます。

 

『お金さえあれば〜なんでも手に入る〜』とか、

 

『おいらは、シドロ、おいらはモドロ、ふたりあわせてシドロモドロ』とか。

 

再放送が始まる前に、スペシャル番組で当時のことを振り返ってたんだけど、改めて大人の視点でプリンプリン物語を見てみると、その世界観に当時の時代の情勢が反映されてたりと、逆に新鮮。

 

今回の再放送は、長年紛失していたビデオテープが、当時のスタッフに連絡をとったりして出てきたのだそうです。

それでもまだ4話分くらいは、ないままのようなんですけどね。

早く見つかるといいなあ。

 

さて、第一話、第二話をビデオに録ってみる。

 

プリンプリンの前半部分は、子供の時も全然見てない。だから、物語の始まり全然知らないのです。

 

プリンプリンという名は、実は親からつけられたものではなく、赤ん坊が海から流れてきて漁師さんが拾って適当に名付けた名前なので、本名ではない。。という驚きの事実。。

 

 

あと、気になるのが、30年以上前の人形劇が、果たして今の時代の子供に受け入れられるのか。。

 

うちの三歳の坊主、最初は、なんじゃこれは、というふうに見ていたけど、赤ん坊を拾って、プリンプリンと名付けるコミカルなシーンに、ケラケラ笑っておりました。

 

昨日も、プールに連れて行った帰り、帰ったらプリンプリン見てもいいか、などと聞いてきたので、結構面白いと思っているようです。

 

今週は第三話、第四話、楽しみ。

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM