『ヒトラーの贋札』(映画)

洋画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

戦争ものでも、収容所でニセ札を作るという切り口が面白い。

 

これも現在(厳密には戦後すぐ)から過去を振り返るという構成。

 

途中で現在に行きつ戻りつではなく、冒頭と最後の現在で回想をサンドイッチみたいに挟むやり方。

 

主人公のしたたかに生きていく感じがいい。

 

ああいう状況下では主義主張より生きてこそだものね。

 

面白かったのだけど、「現在」がもっと生きていれば、もっと引き込まれた気もする。

 

 

『マジソン郡の橋』(映画)

洋画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

この映画初見。

 

原作はベストセラーについては未読。流行りものをつい避けてしまう悪い癖。。

見てみて、素直に、いい映画だと思いました。。

クリント・イーストウッド監督、こんなのも撮れるのか…

 

これも、現在から過去を回想して進行する映画。そのやり方を参考にしたかった。

 

現在から回想するんだけど、主人公本人が振り返るというより、現在はすでに死んでいて、彼女遺品整理にあたった息子と娘が、母が残した遺品と手紙を通して、生前明かされなかった母の思いを知り、複雑な思いを抱く。

その導入部の入り方に引き込まれる。

 

まあ、だけど、本当に書きたいのは、主人公の生前の回想で、現在は息子と娘の変化に触れないといけないことから、息子と娘の現状の話をあまり膨らませると本筋から外れてしまうということもあり、現在の話も面白くすることはやっぱり難しいのだな。。

 

 

『日の名残り』(映画)見直す

洋画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

ノーベル賞作家・カズオ・イシグロ原作の90年代の映画。

 

『日の名残り』 

 

アンソニー・ホプキンス演じる執事の切ないこと。。名演技というか名顔芸というか。。

 

これも好きでもう何回見たことか。

 

今回、タイタニックと同じ目的で見直す。現在(ちょっと過去なのかもしれないが)から過去(戦時中)を回想しながら、行きつ戻りつ進んで行く。過去回想を現在で挟んでいる感じ。

 

過去に自分が使えた主人がナチスドイツに加担したとされ、戦後没落してしまって、新しい主人に仕えている。

 

過去は誇らしいくらいだったけど、現在では戦時中その主人に仕えたことさえ憚られている。

 

その過去と現在の境遇の落差がいいし、それでも、変化しかけているんだけど、変われずにいる執事がなんとも切ない。

 

現在での執事の後ろめたい感じが…ね。

 

 

『タイタニック』(映画)見直す

洋画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

めちゃくちゃヒットしたから、とかく揶揄された映画ではある。

あざらしも、そういう理由で上映後見るまで何年もかかった。

 

でも、いざ見てみると、シナリオの技術の巧みさに舌を巻く。

めちゃくちゃ勉強になる。

 

今回も、現在から過去をどうやって回想するか(現在から過去を振り返りながら行きつ戻りつという)、そのやり方を参考にしたくて色々見てるんだけど、

 

いくつか見た中では、ダントツうまいというか機能していると思う。

 

過去の事件を扱いながら、ちゃんと現在の人にも感情移入できるようにされている。

 

過去回想から現在に戻ってきたときの、ジェシカ・タンディ演じるヒロイン(老婆)の話に耳を傾ける、タイタニックとともに沈んだ宝石目当ての探索船乗組員の変化が印象的。

 

最初は歴史の事象として、タイタニックの沈没シミュレーションを、どうだっ!てかたちでコンピューターで分析して見せるスタッフは、最初生身の人間が死んだいったことに実感を持てない、だけど老婆の話に耳を傾けるうちに次第に、そこに沈んでいった人たちの生身の思いを感じ始める。その変化がね、観ている方も、感情移入する。

 

どうしても、過去回想の方を書きたいもんだから、形式的に現在に戻ってくる感じになってしまう。そうなっていないのがうまい。

しかも、現在に戻ってきて、また過去回想に戻るときに、過去の話も時間をうまく省略できている。

(というか現在と回想行ったり来たりでは時間の省略が狙いのひとつではあるとはいえ)

 

見直すたびに、伏線の張り方とか、興味のひっぱりかたとか、いっぱい発見がある。

 

めちゃくちゃ勉強になりました。

 

 

『ムーンライト』(映画)

洋画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:映画

 

少し前にDVDで見たけど、忙しくてそのままになっていた。

 

ムーンライト。

 

地味で静かな映画だけど、繊細な心の動きが伝わってくる。

 

昔色々あったと友との、大人になってからの再会のシーン、ジワリとくるなあ。

 

それぞれ本当の自分を偽っているところも、でも目の前の相手には正直でいようとしているところもあり、

 

お互い探り合いながら少しずつ距離をつめていく感じが……

 

うまく説明できないけど、いい映画でした。

 

 

『タクシー運転手 約束は海を越えて』(映画)の感想

洋画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:映画

 

面白かった!

 

1980年代に起こった光州事件を材に取った、実話をもとに作られたストーリー。

 

ソ・ガンホの魅力たっぷり。ほんといい役者さんだなあ。

 

前半は、光州までの、外国人客とタクシー運転手とのコミュニケーションうまく行かないままの道中のコミカルな感じに思わずニヤニヤしてしまうんだけど、後半、どんどん切迫した状況になっていく。

 

メッセージ性の強い映画だけど、ちゃんとエンターテインメントとしても、最後もドキドキはらはらさせてくれる。

 

ソ・ガンホ演じる主人公のタクシー運転手の変化(成長)に心熱くなりました。

 

『浮世の画家』(カズオ・イシグロ)

本・読書 comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:読書感想文

 

ノーベル賞作家・カズオ・イシグロの初期の作品『浮世の画家』を読む。

 

戦争に加担した作風で尊敬を受けていたが、終戦を迎えたことで真逆の評価になってしまった画家の話。

 

それが、小津安二郎映画みたいな感じで進んで行くのが、意外でした。

 

「独善」を批判する主人公の画家、本人が自覚していないんだけど、実はすごく独善的というキャラクターがよくできてる。

 

映画「日の名残り」のアンソニー・ホプキンスのキャラは、既にここに現れていたのだなあ。

 

 

 

『オリンピア−ナチスの森で』(沢木耕太郎 著)

本・読書 comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

ナチスドイツ政権下で開催されたベルリンオリンピックの記録映画を監督したことで、プロパガンダ映画に加担したと戦後批判を受けたレニ・リフェンシュタール(インタビュー時では90歳くらい)へのインタビューから始まり、

 

ベルリンオリンピックに出場した選手たちの、当時の様子やその後などの文章を交えながらのノンフィクションなんだけど、

 

これがすごくおもしろかった。

 

特に、レニのインタビュー。

 

製作当初は、世界中でその芸術価値から評価を受けたのに、戦後はナチスドイツのプロパガンダに加担したということで、人生が180度変わってしまうのだけど、当時の映像へのこだわりとか、ドキュメント映像なのに、棒高跳びの競技が夜になって撮影できなかったので、後日、再現をしてもらって撮ったフィルムも、混じっていたり、などのエピソードがめちゃくちゃ面白かった。

 

あとは、力を発揮できた日本人選手、そうでなかった日本人選手などのその時の心境なども書かれていて興味深い。

 

当時は、おそらく下関まで鉄道で行って、船で大陸に渡って、そこからシベリア鉄道でベルリンに入っていたんだね。。

何か月もかかるから調整するの大変だったろうな。

 

 

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」観てきた

アニメ映画 comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

4歳の子供に映画を見せてやるというのが、目的ではあるのだけど、大人の自分も横で見てて退屈しないのがいいなあ…

 

と、思って選ぶと、結局、クレヨンしんちゃん、になる。

 

実際、面白かった。

 

子供のころに見たジャッキー・チェンとか少林寺の映画を思い出させる雰囲気で、はじまりから大人はニヤニヤしてしまう。

 

メッセージも単なる勧善懲悪的なところに落ち着かず、大人目線で言うと、好感持てる。

 

子供は、悪役の男が怖かったとのこと…

 

 

『一流の頭脳』(本)

健康・自律神経を整える comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:健康

 

『一流の頭脳』というタイトルなので、脳トレとか勉強して賢くなりましょう的な本かと勘違いされるかもしれないのですが、内容的には、このあいだ読んだ『脳を鍛えるには運動しかない』という本と言ってることは同じだと思います。

 

ずーっと自律神経整えるために四苦八苦してきたけど、『脳を鍛えるには運動しかない!』に触発されて、去年の夏ごろから週に1回、2回でもいいから走り始めたのですが、いままで試したどんな方法よりもうまく行っている気がしている。

 

もう何十年もまともに走ったことなかったので、最初は全然走れなくって…ぜえぜえハアハア…歩いているほうが早いんじゃないかくらいだったけど、7か月くらい続けて、ようやくゆっくりだけど着実に走れるようになってきた。

 

少しは体力もついたし、疲れにくくなってきがする。

 

といっても、この2冊の本に書かれているのは、たんに体力つくとかそういうことではなく、運動が脳神経に及ぼす影響について論じている。記憶力、創造力、情緒安定にも役立つとのこと。あるていど130〜140くらいの心拍数の強度をともなった有酸素運動が、脳細胞の再生(老化防止)のたすけとなるのだそうです。

 

そうそう、去年くらいから、ウェアラブル端末(活動量計)を使っていて、運動の強度という指標があるんだけど、それがある程度の心拍数で、何分間運動したかというのが測れるようになっていて、いまになって、そうか、あの機能はこういう考え方のもとにはかるようになってんだな、などと、その意味を噛み締めているところ。

 

過去記事:

 

脳を鍛えるには運動しかない!

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM