『リップヴァンウィンクルの花嫁』(映画)感想

邦画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

予想してたより全然面白かった。

 

前半、かったるいなあ、何でこんなに評価高いんだろ、などと思っていたけど。

 

途中から、え? あれ? そんな話?となって、最後は切なかった。

 

綾野剛のキャラクターが、めちゃくちゃ魅力的。

 

うまく行かない人生。知らないうちに、誰かの意図によって、流されてもっと酷い方向へと追いやられる。

 

でも、皮肉にも、人生が生き生きとし始めるところが、かなり力技なんだけど、響きました。

 

『恋人たち』(映画)感想

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

前から見たいと思いつつ、見逃していた『恋人たち』。

 

群像劇。

 

それぞれの主要登場人物をカットバックで追っていく。

 

直接的には深く関わっているわけではないけど、少しずつどこかで関係している。

 

『ショートカッツ』の構成を思い出す。

 

恋人たち、主要キャラクターは、超有名な役者さんが演じているわけでもなく、あまり目にすることのない俳優さん。

 

名のある役者も出ているけど、どちらかというと脇でサポートしている。

 

オリンピックを控える日本。

 

なにげない日常だけど、みんなそれぞれ生きづらさを抱えている。

 

話の結末がどこに落ち着くか、すごく気になったけど、ツラい中、小さい希望を見出して、それでも人生は続く、というところに微かな救いがありました。

 

橋梁の検査を仕事にしている彼の上司のキャラが、ほんとに優しくて…こんな上司が傍にいるだけで、救われるよな。

 

ぞれぞれの登場人物は、誰かに理解されたい、見て貰いたい、それがあるから、それでもなんとか生きていられるということなのでしょう。

 

 

『ウォーキングデッド シーズン5』第12話「居住審査」感想

海外ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

 

ほぼ3年ぶりだろうか。

 

ウォーキングデッド、再開するの。

 

3歳児の子供がいるので、ウォーキングデッドをテレビで見るのが憚られていた。

 

ちょっと刺激が強すぎるだろうと。。トラウマになっちゃうと困るからね。

 

ということもあるのだけど、なかなか幼児の睡眠に切り替わってくれなかったというのもある。

 

つい最近まで、一人で寝ていると、すぐ眼が覚めて、起きだしてくる。

 

足でモゾモゾ、横に誰かいるか寝ながら探っているのでした。

 

だから、どちらか一方は、一緒に寝ていないといけなかった。

 

早い時間に何とか寝かせても、そのあと大人が二人起き出して、テレビで映画を見る、ましてや海外ドラマをみる……

 

なんてことができなくなっていた。

 

でも、ようやく睡眠の質が、幼児のものに差し掛かったらしく、一度寝てしまうと、起きて来なくなりました。

 

夜、寝かせた後、DVDを見れたりできるようになったのも、そのおかげ。

 

 

(ネタバレ注意)

 

話戻って、ウォーキングデッド。

 

もうどこまで見たかさえ分からなくなっていた。

 

たぶん、シーズン5の途中、病院に連れ去られたベスの話が一つ区切りがついて、新しい話に移っていくところで、途切れてたようなので、12話の少し前くらいから、戻って見始めた。

 

この第12話、アレクサンドリアの自治グループに、リックたちのグループが加わるかどうか、の話。

 

 

なんだか、今、話題になっている、希望の党、への、民進党議員の選別を思い出して、なんとタイムリーか、と、笑ってしまった。

(もちろん、制作されたのは何年か前だけど)

 

とはいえ、リックのグループの誰も、「排除」されるわけではないんだけど、排除されたら、ゾンビたちに食われて死ぬしかないんだから。

 

リックたちのグループも、ここへ来るまで飢えて、飲み水にさえこと欠いて、赤ちゃんも抱えてるしで、アレクサンドリアにとどまる感じになる。

 

普通だと、よかった、よかった、となるんだけど、リックたちは、下界であまりに過酷な生活を送ってきたので、野性味あふれて、感覚が研ぎ澄まされている。

 

対して、アレクサンドリアの住民は、塀の中で快適な暮らしをしてきたので、少し平和ボケしている感じもある。

 

このエピソードが面白いなと思うのは、リックたちが、安住を求めるにも関わらず、その平和ボケな感じに危機感を抱き、彼ら自身が不穏な動きを始めること。

 

ダリルがアレクサンドリアへの適応に違和感を覚える一方、塀に入る前、あんなに警戒していたリックが、嬉々として保安官の制服を着たりしている。

 

見ている方も、大丈夫かな、と心配になるが、最後に言い放った言葉が、先を見たいと思わせるものでした。

 

どういう台詞か一字一句は覚えてないけど、相手に合わせておいて場合によっては、主導権を奪ってやる、みたいな。。。感じだったか。

 

そこがちょっと面白いと思ったけど、このあとの展開が気になる。

 

 

『レゴニンジャゴー・ザ・ムービー』(映画)感想

洋画‐アクション comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

<ネタバレ注意>

 

3歳のコアザラシを連れて、『レゴニンジャゴー・ザ・ムービー』を観に行く。

 

彼にとっては、人生二度目の映画。

 

人生初めての映画は、『ミニオン大脱出』だったが、あまり反応はよくなかった。

 

でも、最近、レゴブロックにはまっていることもあり、CMを見て、映画を観たいかと聞いたら、うん、と頷いたので、これなら大丈夫かなと行くことにした。

 

映画の前は、横の駄菓子屋さんで、ちまちましたお菓子を買っていく。

 

映画よりそっちが楽しみな様子。

 

今回は、ミニオンの時より、じっと落ち着いて観ていた。

 

途中、クライマックスで、怖がったが、まあ、最後まで観れた気がする。

 

とは言え、映画が面白かったから、最後までもったのか、お菓子のおかげでもったのかは、不明だけど。。

 

映画直後、どのキャラが好きな訊ねたら、ウー先生、と、悪役のガーマドンと答えたから、一応、ちゃんと観てたのかな。。

(家に帰ってきて、同じ質問をしたら、グリーン(ロイド)と答えたので、まあ主役周りの人物が印象に残ったということなのでしょう)

 

 

 

 

 

あざらし個人としての感想は…

 

レゴニンジャゴーは、テレビシリーズも観てないし、前のシリーズの映画も観てないのだけれど、

 

率直なところ、面白かった!

 

小ネタの台詞も面白かったし、冒頭実写で始まるところも意外で、しかも登場する人物が、あざらしも子供の頃からお世話になった有名なアクション俳優が登場して、おーっ!という驚きで心つかまれた。

親世代へのこういうサービスは楽しい。

 

ネットでは、忍者文化とカンフー文化をごっちゃにしていることへの反発もあったけど、個人的にはハリウッド映画だし、そんなものだろう、という感想。特にがっかりもしなかった。

 

ストーリーもよくできてるし、ミニオン大脱走は、色んなところにサービスしすぎてシナリオ的に、どうかと思うところもあったけど、レゴニンジャゴーの映画は、プロット的にもまとまってて、うまくできているなあ、と。

 

ただ、こういうハリウッド系のアニメを見てて、めちゃくちゃテンポが早くて、すごく忙しない気がして…果たしてこのスピードに子供はついていってるのかな、と、いつも思う。

 

子供の頃から、このテンポになれたアメリカの子供が大人になって外国映画のゆったりとしたテンポには絶対我慢できないだろうな…。

 

 

もう一回、走れるカラダになる!!

健康・自律神経を整える comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:健康

 

7月終わりから、走り始めた。

 

と言っても、週1回の時もあれば週2回の時もあるけど、今の自分にはそれが限度。

 

他の日は、休んだり、ウォーキングしたりしている。

 

正直、走るつもりなんて全然なかった。

 

むしろ、ウォーキングの方が、健康的くらいに思ってたから。

 

だから、何年か前から、ウォーキングしたり、長友選手の体幹トレしたり、ヨガしたり。

 

過去記事:

 

おすすめダイエット:サッカー日本代表・長友選手の体幹トレ本、あざらしの利用法 

 

『長友佑都のヨガ友(トモ) ココロとカラダを変える新感覚トレーニング』を買う

 

 

体幹トレを始めたのは、一日机に向かうことが多いので、左肩が痛くてあがらなくなったことに気づいことがきっかけ。

 

整体師に見て貰ったら、一時的に痛みは緩和されて、少しあがったりするようになるけど、結局はまた戻る。

 

問題を抱えてるのは、左肩だけじゃないことに気づいた。

 

左肩とクロスして連動している右の股関節が全然稼働していないことにも気づいた。

 

上半身が左にねじれ、下半身は右にねじれてる…

 

だめだ、整体師なんか行っても一時的だ。

 

生活習慣を変えない限りは、筋肉つけないかぎりは、姿勢を綺麗に保てないので、結局はすぐ逆戻りだ。。。

 

それでウォーキング、体幹トレとかするようになって、サボったり、頑張ったり2年くらいたつけど、随分改善はされている。

 

されていたし、実際されているんだけど、「脳を鍛えるには運動しかない」という本を読んで、衝撃を受けた。

 

過去記事:『脳を鍛えるには運動しかない!』

 

 

脳の働きを良くするには、それなりに強度を伴った運動が必要なんだ…

 

そんなおり、周りの友人が数人、走り始めて、レースなんかも出ているのを見て…

 

羨ましいな、もう一回、走れるようになりたいな、と思い始めました。

 

走り始めてみると……予想以上に走れない。

 

膝に鎧をつけて、走っているかの感覚。重い。。

 

たぶん、昔、長距離得意だった分、余計にその時の感覚とのギャップが余計にずしりと重みを感じるのでしょう。

 

だから、走ると言葉でいっても、ほとんど、早歩きのスピードで、超スローなジョギング。

 

少し走っただけで、ぜえぜえハアハア。。

 

愛用しているガーミンで、心拍数を見ると、バクバク上がってる。。

 

何回か走っている間に、すぐ4、5キロ止まらずに走れるようになった。

 

やっぱり体は覚えてるんだな。。このままいけば、来年5キロレースとか余裕で出れるじゃん。

 

とか調子に乗ったのがまずかった。

 

右ひざ外側が痛くなってきた。決まったように2キロほど走ると痛みが襲ってくる。

 

ネットでいろいろ調べていると、おそらく股関節が固く、また腸腰筋が弱いもんだから、膝に、負担がかかって、炎症を起こしているっぽいことがわかってきた。

 

走り出して、自分の体がひどくまずい状態であることを余計に突きつけられている。

 

ここへきて、数年前に気づいた右の股関節のゆがみやら、左肩あがらんようになってたことが、少しは改善したとは言え、このままではいけないぞ、と、走ることで全部つながった! 気づきのカタルシス。。とか、喜んでる場合じゃない。

 

とにかく、膝が痛くなってから、改善に取り組んでおります。

 

ということで、もういっかい走れるカラダになるぞ、プロジェクト。始動です。

 

で、いまここ↓↓

 

読んで試してます。

 

 

『永い言い訳』(映画)

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

素晴らしいシナリオ。。地味な話だけど、すごいなあ、と、ため息。

 

うまいなあ、うまいけど、ちゃんと感情にのっけられて、泣いちゃった。

 

ほんとに主人公は、どうしようもないやつなんだけど。

 

死んでしまった奥さんからの突きつけられ方がね……ほんとに、伝わってくる。

 

死んだ奥さんを偲んでいるのは、周りで、周りがちゃんと死んだ人を失った悲しみを吐露すればするほど、

 

その真逆のリアクションを示している主人公の切なさが際立つ…

 

作家さんの感性もだけど技術だな。。

 

西川美和監督の映画、どれも好きだけど、実はこれまで一番好きだったのが、デビュー作の『蛇イチゴ』で。

 

でも、今回、『永い言い訳』見て、これが監督さんの中で一番好きな作品になりました。

 

うん、こういう映画もっと見なきゃな、と、思う。

 

 

『オデッセイ』(映画)

洋画‐SF comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

エイリアン・コヴェナントがよかったので、同じリドリースコット監督の『オデッセイ』もDVD借りて見ることにした。

 

『キャストアウェイ』の火星版、、つまり火星に取り残される話。

 

取り残された主人公と、救出しようとする人たちのカットバックで話は進む。

 

つまらなくなかったけど、やはり取り残されものって…一人のシーンが多くなるから、難しいよな。。

 

それでも最後の救出シーンは緊迫感があって面白かったけど。

 

 

『ユリゴゴロ』(映画)観た感想

邦画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

(ネタバレ注意)

 

ユリゴゴロ、原作読んだとき、ひぇーすげえ、めっちゃ面白い。とにかく不快さを催す内容で、グロいけど、なんか心にズシリという重みがあって。何者なんだ、沼田まほかる、と思った記憶。

 

それが実写化されると、聞いて、よく映画化しようと思ったな、制作のひとたち。よく手を上げたよ、頑張れ、と応援したくなりました。

 

しかも、吉高由里子主演。。これほどピッタリなキャストないだろ。それどころか、松山ケンイチも、松坂桃李も、もう3人とも、絶妙キャスト。

 

 

ただ、原作では、自分の頭の中で処理して、演出していたグロい部分が、映像として観たときに、なかなか辛いものがある。

目をそむけてしまうシーンもありました。

 

それでも、映画後半部分は、吉高ちゃん、マツケンの話になってくと、どんどん引き込まれ。。

やっぱりそこは、切なくて。

 

原作から、登場人物が削られていて、映画の尺を考えると、人物を絞ってドラマを濃くする必要があるから、なるほどと感心したんだけど、一つだけ、、もったないと思ったのは、やっぱり木村多江の登場人物の登場の仕方が、少し唐突に見えて。。松坂桃李の奥さんと偶然知り合ったというのは、偶然が続きすぎな気がしたし、そこはずっと見守っていた、の方が、自然だし、余計に愛を感じられるし、あの感じだと、そこまで松坂桃李の奥さんのことを心配して、世話を焼いていくというのが、ちょっと変な感じがしたので。。それはあとで明かされるのだけど、たぶん、原作読んでない人にすると、これ怪しいだろと思ってしまうだろうな。。などと、気になりました。

 

それでも、役者3人がよかったので、楽しめた。

 

やっぱりあの原作初めて読んだときの驚きには、かなわないんだけど。

 

でも、映画化してくれて感謝。

 

過去記事

 

『彼女がその名をしらない鳥たち』

 

『ユリゴコロ』(沼田まほかる)小説

 

 

『新感染 ファイナルエクスプレス』(映画)観た感想からの

洋画‐ホラー comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

<ネタバレ注意> 

 

観たかった韓国映画。

 

ひえーめっちゃ怖かった。

特急列車という空間で、あんなことが起こったら、そりゃあもう、どうしていいか。

空間が限定されているからこそ、色んなアイデアがいっぱいいっぱい詰まっている。

シナリオ的に、すごく勉強になる。

 

人物の作り方も、関係させかたも、ほんとうまくて。その人物がそういう役割だったのか。とか、驚きもあって。

主人公が、初め自分たちのことしか考えてなくて、その身勝手な感じが、少しずつ変わってく感じがすごく良くできてるし、だからこそ、クライマックスで、ああいう変化を見ると、ぐっとくるのです。

 

それぞれの登場人物が、悪役も含めて魅力的でした。

 

それにしても、たまに韓国映画見て思うのは、いい役者さんがいっぱいいるんだな、と。

 

今回は特に妊婦の旦那さん、すごく魅力的でした。

 

 

『陽炎座』(映画)感想

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

鈴木清純の浪漫三部作のひとつ。

 

少し前に、北千住のブルースタジオで、ツィゴイネルワイゼンのあと、見て、そのまま放置してた。

 

画的に美しかった。。

 

でも、ストーリーは、ツィゴイネルワイゼンの方が個人的には感情移入できたかも。

 

原田芳雄…ここではわき役なのに、存在感…

 

せっかく三部作全部見るつもりが忙しくなって、結局、『夢二』見られず。。。残念。

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM