スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    信楽の旅2

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) - あざらし

    2年前の信楽への子連れ取材旅行。

     

    せっかくなので、陶芸体験を親子揃って申し込んでいた。

     

    でも、車がないので、焼き物の資料館的なところを回って、途中で気づいた。

     

    今から、5歳の子供連れて、予約していた登り窯を再利用したカフェまで歩いて移動するの無理だ。しかもその日は暑かった。

    泣く泣く電話してキャンセルを入れた。

     

    でも、どうしても登り窯跡だけは見たかった。そこで前回記事の写真にある登り窯に足を運んだのだけど、体験教室やってた。

    ダメ元で、予約してないけど子供と一緒にできますか?と訊ねたら、その時間はたまたま空いていたので、いいですよ、と。

    よかった。ラッキーでした。

     

    さて、なんとか飛び入りできたはいいけど、果たしてコアザラシくん、上手く出来るのか…、という父・あざらしの心配をよそに、陶芸の先生がこねてくれた粘土に、黙々と車のスタンプで模様付けしてる。

     

    父「何それ?」

    子アザラシ「渋滞」

    父「---」

     

    車のスタンプがラーメンの模様みたいに連なっているのは、交通渋滞起こしてるということらしい。

     

    まさか交通渋滞が焼き物のモチーフとして放り込んてくるとは!

     

    と、人のこと構ってる場合じゃない。

    作らなきゃ。細いヒモを何本も作って、重ねていく。これでも、子供のころ粘土細工が得意で、中学の時なんかは紙粘土の造形で成績5だったのだ。でも、あれ、なんでだろ。。

     

    と言う間に、二人とも完成。

     

    それに先生が色付けして、あとで窯で焼いてくれる。焼きあがったら、自宅の住所に送ってくれる。

     

    そして、出来上がったものが、これ。

     

     

    土器ではありませよ。焼き物です。

    そしてもう一つがこれ。

     

     

    さて。どちらが大人が作ったものでしょうか。

     

     

    土器みたいなマグカップが…わたし作。

    陶芸家さんが作ったみたいなのが、5歳コアザラシ作。

    言い訳すると、そもそも初心者にはマグカップはハードルが高いらしい。

    お皿はそれなりに様になるのだと渋滞文様の粘土に、先生が魔法の粉をふりかけたら、ミラクルが起こったというわけです。

    ちなみに、あざらし作品の信楽焼きもどきのマグカップは、現在使われておりません。

    一方、コアザラシ作、渋滞文様お皿は、カレー皿としてバリバリ現役で、コアザラシのお気に入りとなっています。

     

    と、焼き物教室が終わったところで、カフェスペースでティータイム。

     

    信楽焼きで作られたお皿とコーヒーカップで、抹茶ロールケーキとコーヒー。アイス。

     

     

     

    コアザラシと一緒にいただきました。

     

    なんとも贅沢なひとときでした。

    あのカフェもういちど行きたい。

     

     

    信楽の旅1

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) - あざらし

     

    『スカーレット』録画で後追いでみてます。

    まだ、リアルタイムに追いついてないけど、水橋文美江さんの脚本が溜息が出るほど素晴らしく。うまいなあ。すごいなあ、と。

     

    昔、水橋さん脚本の『夏子の酒』もガッツリ見てたなあ。

     

    信楽に、息子と二人旅してきました。

    と言っても、スカーレットに触発されたというわけでもなくて。

    まだドラマが始まる前。2年ほど前のゴールデンウィーク。当時5歳のこあざらしと一緒に行きました。

     

    たまたまコンクール向けのシナリオで陶芸関連の題材で書こうと思っての取材旅行。(作品は、泣かず飛ばずだったけど)

     

    その一年後に、『スカーレット』が始まって、舞台が信楽だと聞いて、あまりのタイミングに、勝手に縁を感じました。

     

    主人公が、信楽のたぬきの置物の前を通り過ぎるシーンで、こあざらしに、『ここどこやと思う?』って聞いたら、『シガラキ』と返ってきたので、ああ、連れてった甲斐があったなあ、と。

    今でも、近所で、たぬきの置物見かけると、「しがらきやき」と言ってくれます。

     

    早く旅のこと書いとこと思いつつ、機会を逃し続け、もうドラマ終わりかけてるやん!てことで、慌てて文章にしとこと思った次第です。

     

    滋賀の草津、守山にホテル一泊ずつとって、一日は、コアザラシのために、京都鉄道博物館。翌日、信楽高原鉄道で、信楽までいきました。

     

    土地勘ない方は、もしかしてすぐそこに琵琶湖があるみたいに思うかもしれないけど、信楽の里は、草津から電車乗り継いで一時間くらいかかります。

     

     

    信楽に到着すると、駅前に巨大たぬきがお出迎え!

    ポケットには、携帯電話ならぬ、公衆電話!?

     

     

    取材旅行といいつつも、ちょっとしたコアザラシとの二人旅行でもあったので、車がないと回るのは容易ではなかった。

    ゴールデンウィーク中だったけど、結構暑かった。子供というやつは、すぐに歩き疲れる。

     

    信楽で調べものしたあと、どうしても見ておきたかった登り窯。

     

    これ、今はもう使ってないらしく。

     

    でもなんとも風情がある。

     

     

    中はこんな感じ。

     

     

    いいですねえ。

     

     

     

    この写真の場所ではないけど、観光向けに、登り窯の中をそのまま登り窯カフェとして再利用しているところもあるようです。

     

    そして、このあと、あざらし&コアザラシは、歩き疲れて、予約していた親子陶芸教室をキャンセルする事態に見舞われるのでした。

     

    その2につづく。。

     

    日光の旅3 華厳の滝

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:国内小旅行

     

    4月1日に日光に行ったとき、まだ雪が積もってるくらい寒かった。

     

    華厳の滝に向かう道は、雪で、雪が新鮮な小あざらしだけ喜んでた。

     

    小あざらしは、華厳の滝へ向かう通路でもテンション高く走る走る。

     

     

    華厳の滝、こんな寒々しい景色でした。

     

    流石にGW前になると、雪はないかな。。

     

    見てないからわからないけど。

     

    華厳の滝のバス停で、こないだも書きましたが、パキスタンの親子がいて、子供さんがクッキー食べてると、3歳の小アザラシ、ガン見して近寄って動かないでいるので、同じ3歳のお友達に嫌がられる。

     

    それでも、クッキー一つわけてくれて、小あざらし大喜びでした。

     

    でも、その夜、同じ家族とJR日光駅で再会して、つかのまの国際交流することになるなんて夢にも思いませんでした。

     

    ちょっとした旅の出会いとなりました。

     

     

    日光の旅2 日光東照宮 陽明門

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(0) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:国内小旅行

     

    日常に我慢できなくなって衝動的に旅立った4月初め、日光はまだ寒かった。

     

    なんやかやと忙しいのが続き、ようやく4月初めの出来事を書いてるありさま。GW前だというのに。。

     

    東日本育ちではないので、日光とは縁遠く。。

     

    こっちで生まれ育った人は、小学校の修学旅行やらでいってたりして、ふーん日光ね、みたいな人もいるんだけど、関西のうちの親なんかは、日光死ぬまでに一度は、行っておきたいみたいな感じで、へーそーなんだ、と驚いたことがある。

    あまりにも、猿軍団の印象が強くて。。

     

    で、数年前にその親がこっちに来るので、あざらしも初めて日光行った。

     

    そのときは、残念ながら、東照宮の陽明門が、改修工事の真っ只中で、見ることできなかった。

     

    今回、とうとう陽明門を拝んたのでした。

     

    日本史の文化史で、陽明門でて来るよな、とか思いながら、綺麗でした。

     

    とはいえ、ゆっくりみたいんだけど、3歳のこあざらしが、ちょこまかちょこまか動き、途中歩くのを拒否しだしたもんだから、抱っこ抱っことなり。。

     

    ほとんどゆっくり味わうこともできず、。

     

    まあ、見れただけでもよしとする。

     

     

    実は、意外に一番印象に残ってるのは、宿泊先の日光ステーションホテルクラシックの、ビュッフェ。

     

    前回も、急遽決めた旅だったので、鬼怒川あたりに部屋が全然取れず、たまたまあいてたのが、JR日光駅まんまえの、それほど、高くないそのホテルでした。

     

    そのときはも、あれ料理うまい?とか思ったんだけど、あざらしの親は、もともと高価なお口はしておらず、レストランの良し悪しを吟味できるタイプでめなく、なんでも美味しい美味しいなので、またあざらし、自分の舌も自信ないので、うまいよな。くらいだったのですが、今回、妻ラッコも、料理がすごく美味しかった、というのを聞いて、あーやっぱり美味しかったんだ、と、再認識したのでした。

     

    ホテルの値段と、いつもギリギリでも、部屋あいてるので、ちょっと舐めてたけど、ほんと料理うまいんだって。

     

    とは言え、ホテル関しても、綺麗で、温泉もあって、こあざらしも、ちょっとした露天風呂で泳ぎまくり、

    満足なのでした。

     

    日光東照宮行くには、駅前なのですごーく便利だし、なんで、ギリギリでも部屋取れるんだろ。

     

    鬼怒川のホテルの方がやはり、風情を感じるので、そっちがいいと、みんな向こうにいくのでしょうか。

     

    日光周辺初心者なので、詳しくないんだけど。。

     

    ホテルは、雰囲気もよく、フロントに立派なお雛様が飾ってたりして、目を楽しませてくれました。

     

     

    こんな感じ。

     

     

    あんまり、こんな立派なお雛様見る機会もなくなったなあとか思いつつ。

     

    急遽ホテル探して、鬼怒川あたりに見つからない人には結構、値段的にもありがたいホテルです。

     

    日光ステーションホテルクラシックのビュッフェ、美味しいから。

     

     

    日光小旅行:JR日光駅

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(0) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:国内小旅行

     

     

    「そうだ、日光に行こう!」

     

    と、金曜日の夜、急に思い立って、土曜日の朝に、東武スペーシアに乗って、小旅行に出かけました。

     

    (少し前のことになるんだけどね)

     

    今年の2月、3月は、例年以上に大変で…

     

    なぜなんだろう、色んなことが動くときは、全く関連性のないことが一度に動く。

     

    仕事もシナリオ関係も全て2月、3月に動き出して、土日関係なく働いていた気がする。。

     

    あんまり深く考えてなかったんだけど、こあざらしのお友達のご家族ががいそいそと小旅行に出かけるのを見て、あとから気づいた。

     

    あ…、みんな、子供が幼稚園入園前に最後のひとときを、楽しもうとしてるんだ…と。

     

    でも、入園前までなかなか自由な時間とれないし…いちど締め切りを出したとしても、直しが返ってきてまた新たな締め切りが設定されて…

     

    その週末を逃すと、GWだってどうなるかわからない。。今しかない!と。

     

    日光なら遠すぎることもないし、行きやすい。しかも、こアザラシは、スペーシア大好きなのに、いちども乗ったことがない。

     

    金曜夜に、ホテルを探すも、流石に翌日のホテルはもうどこも満員で。。。鬼怒川あたりのホテルで予算に見合うところは全然とれない。

     

    JR日光駅前のステーションホテルならなんとかなるんじゃないか、と淡い期待を抱いて探すと、やっぱりありました。

     

    よかった。

     

    JR日光駅が目の前に見えるので、食後の散歩に出かける。

     

    夜のJR日光駅。なかなか雰囲気ある。

     

     

     

    そうそう、東照宮の陽明門が長い間改修中だったのがとうとう完成しました。

     

     

    JR日光駅の通学証明書の告知、達筆すぎ!

     

     

     

    JR日光駅をぶらぶら見ていると、コアザラシと同じ年くらいの男の子がいるパキスタン出身の家族と出会いました。

     

    実は昼間も、華厳の滝のバス停の待合室で一緒になった家族で、こあざらしが、その男にグイグイ近寄って、男の子が食べているビスケットを近距離からガン見していると、ひとつ分けてくれたという経緯があり、あー昼間の!となったのでした。

     

    お父さんがなんでも車のエンジニアらしく、日本の企業で働いているとのこと。

     

    男の子はまだ日本語がそこまでできるわけではないけど、三歳の子供には言葉なんていらないんだねえ。

     

    早速、こあざらしと一緒に、記念撮影の電車のハリボテに二人で納まって、記念撮影。

     

    ちょっとした国際交流となりました。

     

    三月終わりでも日光の夜はまだ凍るように寒く…あやうく湯ざめするとこでしたが。。

     

    和歌山電鉄 貴志川線の旅 ニタマ駅長に会いに その2

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:国内小旅行

     

    和歌山電鐵貴志川線、貴志駅のたま駅長は有名ですが、たま駅長を継いで、現在、駅長を努めておられるのが、ニタマ駅長となります。

     

    実はあざらし、先代のたま駅長のときに、もう何年も前になりますが、一度、お会いしに貴志駅まで行ったことがあります。

    その時、ちょうど、たま駅長は、正月休みで出勤されておりませんで、会えずじまいでした。

     

    今回、貴志駅に赴いたのは、大晦日。ニタマ駅長、出勤してるかな、と少し心配しながら出かけたのですが、よかった。

     

    この通り、駅長としての職務を立派に果たしておられました。

     

     

    ニタマ駅長の経歴が貼り出されていましたが、元々、捨て猫だったらしいのを、和歌山電鐵の経営母体の岡山電気鉄道で引き取られたのち、受付嬢として働いていたところ、先代駅長のたまが高齢なのに多忙を極めとところから、たまの後継として白刃の矢が立ったとのこと。

     

    そんなドラマチックなオカヤマン?いや、ワカヤマンドリームがあったのね。。

     

     

    にしても、貴志川線、元々廃線の危機に見舞われてたところを、ネコ駅長に救われ、しかも、あざらしが前回貴志駅を訪れたときから、駅舎も豪華に改装されておりました。

     

    ほれ、この通り。

     

    TAMAの文字が屋根に。猫の頭と目を象っているのにお気づきか。

     

    しかも、この屋根、檜皮葺なんですよ。

     

    以前にはなかったカフェスペースや土産物コーナーまでできていて、観光客も増えておりました。

     

     

    しかも、今回貴志川線乗ってみると、中国か台湾の方も観に来られていて、おー、何気にすげー和歌山電鐵、貴志川線、と、感心してしまいました。

     

    たま駅長とニタマ駅長のおかげで、海外からのお客様を呼び込めるようになるなんて。

     

    貴志駅に、全く縁もゆかりもない、あざらしですが、ホコリに思いました。

     

    でも、ニタマも、あんまり働きすぎないで長生きしてほしいなあ、適度に働いて、末永く、地域活性化に貢献してもらえればなあ、と思います。

     

    ちなみに、小アザラシは、土産物コーナーで、いちご電車の模型を買いましたが、買ってみたあと、どうやらそれは、動かして遊ぶ用でなく、ショーケースに飾って眺めるタイプのものだったらしく、早速、小アザラシの手荒な手つきに、部品が壊れてしまいました。

    用途にあった使い方をしましょう。。

     

     

    和歌山電鉄 貴志川線の旅 ニタマ駅長に会いに その1

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:国内小旅行

     

    おもちゃ電車で迎える新春。

     

     

    あけましておめでとうございます。

     

    おもちゃ電車ってなんだ?

     

    ということで、おもちゃ電車とは、和歌山電鉄貴志川線を走っている電車。

     

     

    おもちゃをテーマにした電車で、車内がこんな感じ。

     

    ガチャガチャがおいてあったり、

     

     

    ショーケースにフィギュアやら鉄道の模型が展示されてたり、

     

     

    可愛いデザインで、子供だったらわくわくする。

     

    この他にも、いちご電車。

     

     

    たぶんだけど、路線がイチゴの名産地を走るからかなんだかでイチゴ電車とついたんだっけか。

     

    おもちゃ電車は、由来はわかりませんが、たぶん子供が喜ぶようにということか。

     

    最後のうめぼし電車ってのは、初めて知った。

     

    和歌山なのでうめぼしってことなんだろけど、思いついた人、やっぱり、『うめぼし殿下』の響きからイメージ浮かんだ?

     

     

    うめぼし電車の中は、梅酒など、梅をテーマにした展示。

     

     

    お酒好きな人、電車の中で飲めたら言うことなかったかもね。

     

     

     

    和歌山電鐵貴志川線は、JR和歌山駅〜貴志駅まで、ほんの30分程度の短いローカル線です。

     

    貴志駅は、今は亡き、たま駅長で有名になりましたが、現在は、二代目のニタマが駅長職を継いでおります。

     

    そんな短い区間ですが、終点まで行くと、400円化かります。なので、全ての電車を楽しみたい方、途中下車しながらのんびりしたい人は、一日乗車券(大人780円、子供390円)、を買うとお得です。

     

     

     

    薪がトトロの絵に!和歌山電鉄 貴志川線 大池遊園にて

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    積まれた薪の中にトトロの姿見が浮かび上がってる!

     

     

    2016年の大晦日、たま駅長で有名になった和歌山電鉄貴志川線沿線の大池遊園駅てわ途中下車。

     

    いい感じのカフェができているとの噂を聞きつけ、小アザラシを連れてお昼を食べようと思ったら、大晦日ということで、既に年内営業は終了。

     

    残念。。でも、その横に、積まれた薪の中に、トトロの絵を発見。隠し絵みたいな感じで遊び心満載だ。

     

    思わず写真にとってしまいました。

     

     

    亀有駅が40年の連載を終えた『こち亀』に全力でお疲れさまでしたをしている!!(画像有)

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    亀有のモールに映画、観にいった。

    ラッコは、一足早く、『怒り』を観に行き、映画終了と同時に、こあざらしを託し、

    交替で、あざらしも、そのあと映画を見る手はず。

     

    そう、今日も変わり映えしない週末。。

    いつもの亀有駅…のはずだった。。

    電車降りて、階段下りてくると…え、なに?

     

    こっちに向かってスマホやカメラを構えている通行人たち。

     

    なんだなんだ?と思って、振り返ると、わっ!!

     

    階段が、こち亀の単行本の背表紙になってる!


     

    階段やエスカレーター前で立ち止まらないで、との構内放送も、そりゃ立ち止まるさ。

     

    でも、駅のスタッフさんたち、出て来て制止するような無粋なことはせず…

     

    大目に見てくれてたんだろうな。。

     

    改札口外にも!

     

    と、こんな感じ。

     

    で、さらにこんな感じ。

     

    これまでの単行本の表紙が床に描かれている。

     

    粋なことするじゃないか。。亀有駅さんよぉ。

     

    と、外に出て、亀有駅を振り返ると、

     

    ああ…やばい…つん…

     

    『秋元治先生 連載40年間お疲れ様でした!』って労う横断幕。

     

    特にこち亀ファンじゃなかった人でも、これ結構、涙腺ゆるんじゃうんじゃないか。

     

    単に40年ってだけじゃない。連載なんだから…気が遠くなる。。


     

    こち亀、連載終了の発表の少し前に、南口にも銅像が新しく建てられたんだけど、

    連載終了、わかってたからなのか、単に、40周年だからだったのか。。

     


     

    亀有アリオのこち亀ゲームセンターでは、両津勘吉のキグルミ、今日も、2歳9か月のこあざらしをハグしてくれた。

    もちろん恒例のツーショット写真撮影。

    もう、こあざらしとキグルミ両さんとのツーショは、赤ちゃんの頃から何度も撮って貰ってるから、日常になっているんだけど、

    でも、やっぱり、連載終了発表してからの撮影は、気分的にひとあじ違うものになりました。

     

    ほんとおつかれさまでした。

     

     

    by カエレバ

    真田の里、九度山に行こう。紀見峠の旅館

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:和歌山・高野山

     

    今回の九度山の旅にあたって、一泊した。

     

    宿舎は、九度山内ではなく、和歌山県橋本市と大阪部河内長野の県境にある紀見峠に位置する、紀伊見荘という昭和な感じの旅館。

     

    高野山付近には、すごく雰囲気のいい宿坊があったのだけれど、ちょっと高かったり、料理も大人好みのものが多く、子供連れだと食べるものがないだろうな、ということでここにした。

     

    この紀見峠。昔は高野山への参詣客が行き来してたとのこと。そして、九度山に幽閉されていた真田幸村が、夜中に九度山を脱出して、この紀見峠を決死の覚悟で越え、大阪城へと向かったとのこと。

     

    ネットを検索してると、九度山〜大阪城(約50キロくらいらしい)へウォーキングで向かうというイベントも過去に行われたこともあるらしく、知る人ぞ知る場所なんだろうな。。。あざらしは全然知らなかったけど。

     

    紀見峠は、南海高野線で、大阪から45分くらいの場所に位置する。

    この紀見峠駅から九度山駅へは、橋本駅で乗り換えが必要な電車に乗った場合は、大体30分くらいかかるんだけど、

    直通の電車の乗れば、20分くらいで行けるので、便利。


     

    紀見峠駅から紀伊見荘までは坂道登って大体徒歩4分程度とネットにありました。

     

    肝心の宿舎、紀伊見荘は、もともと国民宿舎かなんかだったらしいので、実はあんまり期待せず行きました。

     

    が、部屋に入ると…結構、広々した綺麗な畳の部屋で、新しかった。

     

    確かに昭和だ…でも、なんか懐かしい。。テンションあがった。

     

    しかも、高台に位置しているので、窓から見下ろす景色のよいこと。

     

    眼下の谷を南海電車が走っていく。。電車+踏切り好きなコアザラシは、文字通り小躍りして、飽きることなく電車が何本も通り過ぎるのを眺めておりました。

     

    夕飯時までにホテル内の温泉に、こあざらしと向かうと、その日は宿泊客が少なかったというのもあるかと思いますが、貸し切り状態。しかも温泉入りながら、眼下の南海電車を眺めていられる。レビューでも温泉の質への評価が高かったのですが、なるほど確かに。。

    しばらく貸切状態で、コアザラシがその浴場で泳いでいたのですが、別の人がようやく入って来たので、迷惑なので出ました。

     

    ホテルのレビューでは、布団を自分で敷くのが面倒だったと文句もあったのですが、アザラシたちは事前に知っていたので、まったく気にならず。子供はめちゃくちゃ喜ぶし、九度山へのアクセスもいいしで、コストパフォーマンス、満足度高かったです。

     

    最後に、九度山で有名なグラタンレストランで昼飯を食べて、帰りました。

     

    帰りは大阪の南海難波駅経由で。本当は、新大阪に向かうには、難波駅は遠回りでしたが、

     

    難波駅にはひとつ目的がありました。

     

    これ。南海ラピート!関空に向かう特急電車。

     

     

    コアザラシ、南海ラピートが大好きなのでした。

     

    ラピートのプラレールも持ってるよ。

     

    九度山の旅、おしまい。

     

     

     

     

    過去記事:

     

    真田ゆかりの里、九度山に行こう:有吉佐和子『紀ノ川』+慈尊院

     

    真田ゆかりの里、九度山に行こう:里の風景

     

    真田ゆかりの里、九度山に行こう:真田庵

     

    九度山駅、真田ミュージアム

     

     

    by カエレバ
    by カエレバ

     

     

     

    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM