バケツで稲!? 実りの秋

バケツで稲を育てる comments(3) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:ガーデニング

こんばんは、あざらしです。

バケツで稲を育てる…のその後。

株分けしたスズメ君から、稲穂の写真が届きました。


稲穂


無事収穫を終えたとの報告…

うらやましい…

対して、あざらし村の田んぼの方はといいますと…

すっかり枯れ果ててしまい、稲穂なんて見た?いつ?

の状態でした。

トホホ…


稲


あざらし村では、日照り続きの夏じゃった…

追記:

なんでうちの稲にはお米ができなかったんでしょうか…
ベランダにおひさまが入りにくくて日照時間不足か…
それとも、冷夏?いやそんなこともないだろう…
たくさんの苗を欲張って入れすぎたことで栄養素が
回らなかったのでしょうかねえ…。
スズメくんのお米は少なすぎて炊くわけにもいかず
そのままらしいです。

一粒でもいいから炊飯して食べたい。
収穫を味わってみたい。
切に願うあざらしでした。
 

バケツで稲:稲穂の季節ってか?そりゃないぜスズメ君… 

バケツで稲を育てる comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:園芸
 

あざらし配下のスズメの諜報員からメールで写真が届きました。

なんと…

稲穂!!



稲穂


これは・…ゆゆしき事態ではないのか?


本家である、あざらしの稲には稲穂の兆候さえ見えへんのに

分家のスズメはんのとこに稲穂がついてんのはどういうことえ?

嫌味の一つでも言いとうなるえ、スズメはん…


あざらし商店のストックオプションとして

スズメの諜報員に分け与えた稲の苗が…こんなに育ち…

稲穂がついたのでした。

くーっ、うらやましい。

バケツで稲: イネの背丈がバケツの高さを超えました

バケツで稲を育てる comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:園芸

梅雨の季節を迎えて、

稲が元気よく、

さらに背が伸びました。

ついに大型のバケツから稲が顔をのぞかせました。

青バケツの稲は、とうとう白バケツの稲の背丈もこしてしまいました。

人も稲も同じ。

器が稲を育てるってやつですかねえ。


 稲

タイ株ブログもよろしく


バケツで稲: 梅雨を迎える稲

バケツで稲を育てる comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:園芸
 


バケツ稲のその後…

稲にとってこの季節(梅雨)は大事な時期なんですねえ。

雨の日が増えるに比例して稲の背丈も伸びてきた、気がします。


バケツで稲


ようやくバケツから顔をだしました。

青いバケツはちょっと背が高すぎたようで、まだ顔を出していませんけどね。


バケツで稲


バケツで稲 最後の苗がお嫁に貰われていきました

バケツで稲を育てる comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:園芸

こんばんは、あざらしです。

バケツで稲、その後。

先日、最後まで売れ残っていた苗がとうとうお嫁に貰われていきました。

ようやく行きよったか

ああ行きましたとも

小津映画の笠智衆演じるお父さんの気分。

またまた感慨です。

稲についてのたれ込み情報がありました。

私が育てている稲はなんと

コシヒカリ

だそうです。

バケツの稲:バケツの仲間が増えました

バケツで稲を育てる comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:エコライフ

こんにちは、あざらしです。

バケツで稲を育てています。

あらたに田植えのバケツが増えました。

全部で3つになりました。

バケツで稲


そして、まだあまった苗が2つ。

そのうちの一つが友人宅へお嫁に貰われていきました。

またひとつ、うちの苗ちゃんがよそのベランダで育てられることとなりました。

感慨。

バケツで稲: 我が家の田植え

バケツで稲を育てる comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:園芸
 
こんばんは、あざらしです。


なんの変哲もないごみ箱。


バケツで稲1


ただのごみ箱ではありません。

田んぼ

なんです。


バケツ稲3

そう、我が家では、今日…

田植え

が行われました、ベランダで。

発芽させるときにモミが多すぎたため、苗を田植えする時に

絡み合ってしまって、うまくほどけませんでした。

苗を発芽させるときには間隔をあけてまきましょう。

あまり根を傷つけてはいけない

と、どこかのサイトにあったので、

引きちぎるわけにもいかず、田植えの苗が少し多すぎたかもしれません。

でも、まあ、いいや…なるようになるやろ。

さて、賢明な読者はおそらく、土はどうしてるの?

そう思うことでしょう。

土は、近くのちまちゅうで買ってきました。

荒木田土

です。


荒木田土


園芸部のおばさんが、これがいいと教えてくれました。

おばさんの実家は農家だったらしく、

これが保水性があって稲にはいいんだ、ということです。

なんかスズメくんの田植えよりずいぶんこっちが汚くなってしまいました。

秋になってどっちがどんなふうに育ったか比べるのもまた、をかし。

バケツで稲!?苗がお嫁に貰われていきました。

バケツで稲を育てる comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:園芸

こんにちは、あざらしです。

このブログにたびたび登場するスズメの諜報員・コードネームしあわせのしっぽクン。


すずめ


最近の彼の活躍は目覚ましいものがありまして…

木村カエラの迷走王ボーダー疑惑

野良猫ユキちゃんの妊娠疑惑

などなど、数々の有力情報をあざらしにもたらしてくれました。

なので、このたび、あざらし商店から、スズメくんにボーナスを出すこととなりました。

スズメ
『あざらしの旦那、ボーナスが出るってほんと?』

あざらし
『そうですよ』

スズメ
『いくらくらいでるんでやんすか?』

あざらし
『君はそんな、定額給付金のような、使ったらおしまい、みたいなのを求めているのかね』

スズメ
『お金以外に何があるんです?』

あざらし
『あるよ、君にはあざらし商店独自のストックオプションを付与する』

スズメ
『え!?ストックオプションって、その株ですか?』

あざらし
『そうだ、ある意味、というかほんとの意味での株だ』

スズメ
『でも、この100年に1度の不景気、あざらし商店に未来はあるんでやんすか?』

あざらし
『失敬だよ、君、誰があざらし商店の株といった』

スズメ
『え?じゃあなんでやんすか?』

あざらし
『これだよ』

スズメ
『え・・・雑草?』

あざらし
『苗です、稲の苗です』

スズメ
『・・・』

あざらしのベランダの苗がスズメくんの家に貰われていきました。

そして、数日後、スズメ君から写メールが届きました。

株分けした苗は早速、プランターに『田植え』されました。

他人のベランダに貰われていって、そこで根を張る。

なかなか感慨深いものがあります。


suzumeo hachi


そして…

スズメくんから写メール第二弾。

漏水対策を施して、水が漏れないようにしたとのこと。


suzume no


はやい、スズメくん、やることが早い…

さては、秋のオプション行使  に向けて着々と・・。

うちの苗はペットボトルの容器でこんなに育ちました。

azarashi no hachi


農家ではゴールデンウイークがちょうど田植えの季節と言っていたが…

そろそろ、あざらし邸でも、そろそろ田植えの季節を迎えるということか。

ちょっと面倒くさくもある。が、うれしくもある。

バケツで稲!?

バケツで稲を育てる comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:園芸

2週間ほど前、あざらしは、ラッ子の友人の実家に稲の種まきを手伝いに行ってまいりました。

手伝いといっても、ほんとは足引っ張るくらいしか…役に立たなかったんだけどね。


里の春


里の春です。

猫を撮る

陽気に誘われて猫もあぜ道を散歩です。

種モミですね。きらきら光ってます。

これが秋には実を結び、稲穂もこうべを垂れるんですねえ。

種モミ


あまった種モミは必要がないというので、それならくださいっ!!

後先考えず、貧乏性のあざらし

もらえるものはもらっておこう精神が働いてしまいました…

もらってどうすんねん…

と思いつつ…

1週間ほどして…こんな状態に…

うにょにょ

どうする!?あざらし。

このままじゃせっかく出た芽も死んでしまうぜ?

種モミから芽

あざらしは決断しました。

『あなたがなんて言おうと、あたしはこの子を育てますっ!!』

フィリピンの米騒動、アフリカの食糧価格の高騰。

世界的な食糧不足はいつまたやってくるかもしれない危機です。

坐してるだけでは、飢えてしまいます。

あざらしも一石投じることにしました。

ベランダでお米を育てるのです!

 (拍手喝采)

種モミを土に


ペットボトルに鋏を入れ、まっぷたつ。

近くのしまちゅうで、土を買ってまいりました。

というのが一週間前のこと。

で、今週、こんな状態。


わさっ

芽が出て

こんなでいいのかなあ・・・なんか雑草みたいだぞ…

ネットで調べてみると、バケツで稲を育ててる人が結構いることに気づきました。

PALシステムからはなんと『バケツ稲』セットなんて便利なものも販売されています。

ちゃんと育ってくれるかしら…

秋には自分で作ったお米が食べられますように 



  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM