『レゴニンジャゴー・ザ・ムービー』(映画)感想

洋画‐アクション comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

<ネタバレ注意>

 

3歳のコアザラシを連れて、『レゴニンジャゴー・ザ・ムービー』を観に行く。

 

彼にとっては、人生二度目の映画。

 

人生初めての映画は、『ミニオン大脱出』だったが、あまり反応はよくなかった。

 

でも、最近、レゴブロックにはまっていることもあり、CMを見て、映画を観たいかと聞いたら、うん、と頷いたので、これなら大丈夫かなと行くことにした。

 

映画の前は、横の駄菓子屋さんで、ちまちましたお菓子を買っていく。

 

映画よりそっちが楽しみな様子。

 

今回は、ミニオンの時より、じっと落ち着いて観ていた。

 

途中、クライマックスで、怖がったが、まあ、最後まで観れた気がする。

 

とは言え、映画が面白かったから、最後までもったのか、お菓子のおかげでもったのかは、不明だけど。。

 

映画直後、どのキャラが好きな訊ねたら、ウー先生、と、悪役のガーマドンと答えたから、一応、ちゃんと観てたのかな。。

(家に帰ってきて、同じ質問をしたら、グリーン(ロイド)と答えたので、まあ主役周りの人物が印象に残ったということなのでしょう)

 

 

 

 

 

あざらし個人としての感想は…

 

レゴニンジャゴーは、テレビシリーズも観てないし、前のシリーズの映画も観てないのだけれど、

 

率直なところ、面白かった!

 

小ネタの台詞も面白かったし、冒頭実写で始まるところも意外で、しかも登場する人物が、あざらしも子供の頃からお世話になった有名なアクション俳優が登場して、おーっ!という驚きで心つかまれた。

親世代へのこういうサービスは楽しい。

 

ネットでは、忍者文化とカンフー文化をごっちゃにしていることへの反発もあったけど、個人的にはハリウッド映画だし、そんなものだろう、という感想。特にがっかりもしなかった。

 

ストーリーもよくできてるし、ミニオン大脱走は、色んなところにサービスしすぎてシナリオ的に、どうかと思うところもあったけど、レゴニンジャゴーの映画は、プロット的にもまとまってて、うまくできているなあ、と。

 

ただ、こういうハリウッド系のアニメを見てて、めちゃくちゃテンポが早くて、すごく忙しない気がして…果たしてこのスピードに子供はついていってるのかな、と、いつも思う。

 

子供の頃から、このテンポになれたアメリカの子供が大人になって外国映画のゆったりとしたテンポには絶対我慢できないだろうな…。

 

 

『怪盗グルーのミニオン大脱走』(映画)感想

洋画‐アクション comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

この夏、三歳のコアザラシを劇場映画デビューさせようと目論んでおりました。

(厳密には、コアザラシの映画劇場デビューは、まだハイハイの頃の赤ちゃんで、ホットママシネマという子供連れで観れる映画観賞会の『舞子はレディ』だったのですが、その時は、映画館の階段をハイハイで、頂上まで上ることに執念を燃やしておりました)

 

絵本は大好きで毎晩読み聞かせなしには、満足しないコアザラシなのですが、まだテレビでも、10分くらいのストーリーじゃないと集中力が持たず……果たして、90分程度の映画尺でじっと座席に座って集中してられるのか…そこが問題。

 

本当は、クレヨンしんちゃんの映画あたりがよいかと思ったんですが、今の時期やっているのは、『カーズ/クロスロード』、『ミニオン』くらいしか見せられそうなものはない。

 

カーズは、このあいだテレビで放映されていたものを見せても、すぐ集中力が切れたので、ミニオンで行くことにする。

 

子供の頃に父親に連れていかれたキングコングの映画思い出す。。

劇場で食べたチェコフレークの味が忘れられない。

映画館と言えば、チェコフレークだったな…

(そういや、海外ドラマの『マッドメン』で、ハーシーズのチェコと父親との思い出の話があったなあ)もちろん映画のことも覚えていて、キングコングへのいけにえの為にヒロインをさらっていった原住民が、自分のこともさらいに来るんではないかと、その夜、寝室の扉に映る影におののいた記憶。。

 

コアザラシには、ローソンで、昔懐かしい駄菓子が4種類くらいセットになったものを買って、持たせると、小躍りする。

 

さあ、映画が始まる。。劇場が暗くなると、どうして暗くなるの?と早速、不満。

暗いとお菓子が見えないので、うまく食べられない…と文句。

なんとかなだめすかして映画への集中を促す。。

 

映画が始まると今度は、音がうるさくて耳が痛い、と、顔をしかめて苦情。。

たしかに…音が他の映画より大きい気がした。。

 

今度は椅子に座ると(背が低いので)前がよく見えない、と文句。

じゃあ、膝の上に座ってみるかと訊ねると、一人の席がいい、と譲らず。。

あとで、子供用のかさ上げチェアが入り口にところにあることに気づいた。映画終わったあと子供たちが使用したチェアをそこに置いて帰って行ったのを見て気づいた。というか、映画館の人…一言教えてくれよ……こちらも初めての経験で全然知らないんだから…もちろん、そんなこと向こうも知るはずもないんだろけど、なんらかのかたちで教えてもらいたかったな。。

 

とにかく初めての映画館体験で、違和感ばかり気になる様子。

それでもお菓子に機嫌を直し、前半、それなりに映画を見てくれる。

 

グルーが、、ドジを踏んで、半分、おケツが見えたところで、『お尻見えた』と笑う。

(この反応を見ると、やっぱり『クレヨンしんちゃん』の方が喜んだだろうな…)

 

映画が進むにつれ、次第にコアザラシの集中力が切れて来る様子。。

 

今度は、席を立ちあがって、階段の非常灯を指さして、なぜここだけ、電気がついているのか?と訊ねて来る。

また、前の席に座る親子にちょっかい出そうとするコアザラシを、必死でとめる。。

頼む…じっとしてくれ。。言い聞かせ、祈る。

クライマックスは、集中しているのか、ぼーっとしてるのかよくわからんが、大人しく見ていた。

 

まあ、色々あったが、映画の最後まで途中退場せずに済んだことが奇跡。

よく持ったなあ、というのが率直な感想。

(エンドロール終わる前に出たがったけど、実はおしっこ我慢してようだ)

 

と、ここまでは、三歳のコアザラシの映画館デビューのお話でしたが、ここからは、映画そのものへの、あざらしの感想。

 

ミニオンシリーズ、初めて見た。(以下、ネタバレありなのでご注意)

 

子供向けなのに、音楽の使い方とか入れ方がすごく格好いいなあと感心。

 

今回のシリーズでは、悪役が80年代、ハリウッドで人気子役だったが、年齢を重ね、大人になるにつれ、髭も生えて、可愛げもなくなり、すっかり人気を失う。そして、犯罪に手を染めるというお決まりのパターン。

その悪役が、怪盗となって、自分を干したハリウッドに仕返しをしにくるというのが、本筋のストーリー。

大人のあざらしにとっては、この80年代ファッションに身を包んだキャラが面白くて、彼が登場するたびに、80年代の懐かしい音楽が流れて、思わず顔がニヤッとしてしまう。

子供の観客を連れていく親世代が楽しめる作りを計算しているんだろうなと思いつつも、自分も、まんまとハメられてしまった。

 

ただ、まあ、ストーリーとしては、テンポ早くて、忙しすぎて、もっとじっくり感情移入させて欲しいなというのが、個人的な感想。。

プロットも、たぶん、子供が感情移入できるようにとの配慮で作られた、グルーの娘たちのお話のプロットと、ミニオンたちが刑務所に入れられて脱獄するプロットと、大人が感情移入できるようにとの配慮の、子役上がりの悪役との対決を描いた本筋のプロットと、なんであるのかよくわからんグルーとその双子の弟とのプロットと…ストーリーラインが分散しすぎて、忙しなさすぎるという印象。。

それでも、、やっぱりマーケティング的に、来ている層全てに少しづつ感情移入させないと…という配慮がヒットの鉄則なのかしら。。

 

映画終わったあと、コアザラシに、どういう映画だったか理解しているのか、確認してみた。

 

コアザラシ曰く、

 

青い服の人が悪いことしてた。

 

ミニオンがヘンな歌、唄ってた。(刑務所内でミニオンが唄うシーンがある)

 

まあ、ざっくりすぎるけど、ストーリーは理解しているようでした。

 

 

『キングコング 髑髏島の巨神』(映画)観た感想

洋画‐アクション comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

(ネタバレ注意)

 

結構期待してたんだけどな。。

 

これ観るとどんだけ、ジュラシックパークの設定がよくできてるか、と、思ってしまった。

 

キングコングは恐竜ではないのだけど、巨大な怪獣が何種類も、でて来るという意味では。。

 

話の展開が最初からかったるい。。

 

髑髏の島に連れていく人間をリクルートするプロットがでて来るので、えーっ?リクルートしてから行くの?と思ってしまった。

 

みんながその島に入らざるを得ない設定にできたなかったのかなあ。。

ジュラシックパークは、研究者と、パークの来園客が既にそこにいて、恐竜見ながら、登場人物の説明めしていくから、話が早かったもんだから。。

 

結構、期待してたんだよな。前作の、ナオミワッツが出てたキングコングが思いの外面白かったもんだから。。前作は、ナオミワッツのヒロインの話がすごーくよく、時代設定も生きてて、ほんと映画としてよかったんだけど、今回は少し乗り切れなかったかなあ。

 

こんなことなら、髑髏島じゃなくて、3月のライオンに、すればよかった。

最近、頭が疲れてたから、なんも考えなくていいアクションにしよと思ったんだけど、逆に消化不良な気分抱える羽目になっちゃった。

 

 

『スーサイド・スクワッド』観た感想

洋画‐アクション comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

DCコミックファンでもないので、ハーレイ・クインの容姿以外に、あんまり見るべきとこがなかった。。

 

そのほかの役者さんも悪くない。

 

やっぱりシナリオがすごくまずいと思うんだ。

 

メンバーの紹介の仕方とかもっとスマートにできないもんかな…モタモタしてるし…

 

普通、なにか事件起こって、困ったことになった、どうする、ってとこから、ユニット結成ってなんないかな…アルマゲドンとかみたいに。(アルマゲドンが好物ってわけじゃないけど)

 

悪人を集めて運命を託したということなんだけど、全然悪人感が出てない。。。ウィルスミスが演じた役なんかすごい良い奴。

 

ちょっと設定を生かしきれてない。

 

昔見た、タランティーノ脚本で、オリバー・ストーンが撮った「ナチュラルボーン・キラ―ズ」を思い出してしまった。タランティーノの雰囲気だけ掬いとって、ものすごい真面目なオリバー・ストーンが撮った中途半端な映画。

(注:私は、タランティーノも嫌いでなければ、オリバー・ストーンも嫌いではありません)

 

もう少し、面白くなったと思うんだよな…DVDで充分でした。。

 

 

by カエレバ

 

 

 

by カエレバ

『ゴーストバスターズ』今から観るぞ!

洋画‐アクション comments(0) trackbacks(0) あざらし
今から観るぞ〜!




楽しみにしてたんだ。

感想はまた後ほど。

『ミッションインポッシブル ローグネーション』映画

洋画‐アクション comments(2) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:洋画

ちょっと気持ちの切り替えが必要なこともあり、映画でも見なきゃやってらんねえ、ということであんまり、頭を使う必要のないと思われる、ミッションインポッシブル ローグネーション、見てきた。

Yahoo映画の評価高いだけあって、ずっと見せ場。ひねりもいっぱいある。

それなりに楽しめた。けど、ちょっと設定とか複雑すぎ、理解するのに頭使う。

とはいえ、トムクルーズは年齢感じさせないくらい動けるし、大したもんだ。

ベンジーのキャラが可愛くて面白い。

ヒロインも、よかった。


『マッドマックス 怒りのデスロード』映画

洋画‐アクション comments(2) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:洋画

マッドマックス 怒りのデスロード観て来た!

いやあ、面白かった。

冒頭から最後まではらはらドキドキし通し。

おいかけてくるやつら超怖いし。。

ロードムービー。

まさにデスロードを行く、すごくシンプルな話なんだけど、あれでもかこれでもかという障害……プロットというのはこうやって作るのか。。

マックスが最初から心優しきヒーローじゃないのがいい。

仕方なく、そして利害があるから共にする旅で始まるのもいいなあと思う。

シャーリーズ・セロンもめちゃくちゃ格好良かった。

2時間がめちゃくちゃ短く感じた。

『マッドマックス2』『マッドマックス/サンダードーム』映画見る

洋画‐アクション comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:洋画

6月20日公開の『マッドマックス 怒りのデスロード』に備えて予習をする。

恥ずかしながら、マッドマックスは1しか見ていなかった。

昔、海外に居た時に、ボスに、登場人物と登場人物がセリフくっちゃべってるその二人の頭(Talking Heads)のショットが延々と続く映画はダメなんだ。
マッドマックス2の冒頭のシーンを見れば、いい映画がどういうものかわかるんだ。
と言われた時に、「すいません…実は見てないんです…1しか」と言ったら、エンタメやろうってもんが、勉強不足だ、などと怒られ呆れられた記憶がある。。。

といいながらも、見ようと思いながらも、2、3はなかなか見る機会がなかったうちの一つ。。

HULUにあがっていたので、タブレット、スマホ駆使して、2本見た。

なるほど、言われた意味がわかった。

マッドマックス2のナレーション後の冒頭部分、一切セリフでの説明なし。

マックスのキャラやら、どういう世界か、すごくよくわかる。カッチョよすぎ。。

81年代の映画なのに、映像も今見てもすごく全然古臭い感じがしないのがすごい。。

話の構図も、ちょっと7人の侍のテーマぽくなっていて、こういうの好きだ。。

マッドマックス3のサンダードームは、ティナ・ターナーの風貌がインパクトあって、出だしとか面白いんだけど、途中から、それほど乗れなかった。。

6月20日公開のパート4、楽しみ。絶対みにいく。





『フューリー』映画

洋画‐アクション comments(2) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:洋画


ブラピ主演のやつ、劇場でみた。

ほんとうは、クリストファー・ノーラン監督のインターステラーみたかったのに…

インターステラーは、上映時間が3時間近く及ぶせいでスケジュールが組みにくいのか、私の近くの映画館では、昼間は、午前の早めの時間と、午後の遅めの時間の上映だけ。

赤ちゃんを交替でみないといけないので、午前早すぎても大変だし、夕方遅くなると、夜寝かせる時間が遅くなる。。

そういうネガティブな理由で、インターステラーその日観るのを諦めた。

よく長い尺の映画は敬遠されやすいといわれるけど、映画の尺そのもの長さで敬遠するというより、都合のよくない時間帯にスケジューリングされることが嫌われるのかも。
などと、ふと思う。

そんなわけで、フューリー。

フューリーというのは、戦車の名前。

第二次世界大戦のドイツとの戦争が舞台。

苦戦を強いられた部隊は、どんどん戦車を失い、最後にフューリーが残った。

その残った戦車の孤軍奮闘の話なのでした。

戦車の乗組員が個性豊かなメンバーで、その中に一人新入りがやってくる。

まあ新入りが来ないことには、プロット上、何も知らない観客に設定説明やら背景を自然な形で伝えることができないし。。。

ただ戦車の行軍だけのプロットなので、なるほどそういうふうに展開作るのねと、感心してみてたんだけど…

どうも…ブラピのキャラ設定がよくわからん。なんとしてでも、部下を生かして返したいのか、死を美化してるキャラなのか。。

リーサルウェポンのパート1の、メル・ギブソンのキャラ設定ならわかる。
戦争帰りで、何もかも失い、死を急ぐ怖いもの知らずのリーサルウエポンと化した刑事(メルギブソン)と、家族に恵まれそんなパートナーを甚だ迷惑だと感じてる相棒刑事。
最終的に、メル・ギブソンは、死を選ばないことで、成長するわけだし、カタルシスもあるんだけど…

フューリーのブラピは、すごくいい上官なのか、死を急ぐ単なるリーサルウェポン野郎なのか、ぼやけてる感じがした。
テーマなんだろ?究極友の状況下での友情?でもなあ、死を美化するストーリーにはノレないんだな。

でもつまらないわけではないので。 ただ、少し期待しすぎたのかも。





『47RONIN』(映画)

洋画‐アクション comments(2) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:洋画
 

あんまり評判がよくないのは知ってる。

けど、ポイント鑑賞券もたまったし、無料だったので、冒険するには最適。

まあ…日本ではないわな…確実に…

女の人の衣装でビヨークのコスプレみたいな格好の人もいたし。。。

それ中国っぽいような…

まあ、いろんなところがかなり間違ってるんだけど、

でもまあ、これ、ファンタジーワールドだから。

モンスターも出てくるし、ゲームみたいな世界観。

突っ込みどころ満載の映画なんだけど、感心したところもあった。


(以下、ネタバレ注意)


赤穂浪士をモチーフにした話に、キアヌリーブスをキャストして、

ハリウッドが制作して、外国のひとたちが見る映画なので、

やっぱり47士の話をそのまま描いても無理あるしで、

そこをどうやってクリアするかつじつま合わせるか、興味あった。

ファンタジーにしたのもそうなんだけど、

キアヌリーブスの設定がね、結構、うまいアイデアだなと思った。

異形の者との混血児で、デーモン(天狗?)に育てられていたのを逃げてきた。

そこを浅野家に拾われた。

だから、小さいころから、身分の低い異形のものとして扱われている。

なるほど!それで、主人公が背負う葛藤をうまく作ってるし、

同じ家の中でも、主人公を差別して敵視する仲間などもいて

大きな敵だけでなく、仲間内での対立軸もうまく作っている。

で、身分の低い者と姫のロマンス。これってどちらかと言うと、西洋の騎士の話みたい。。

いろいろと日本の赤穂浪士そのままやると、

なかなか海外の一般客には文化、慣習において、理解しづらいところもあるだろうなという部分は、わかりやすくつじつまを合わせるのに工夫しているように見受けられた。

だからと言ってめちゃくちゃ話として泣けたり、感動したり、面白かったり、というわけではないんだけど…。

でも、原作ものをモチーフに、話をどうやって脚色していくか、という意味においては、意外に勉強になりました。



  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM