『いだてん』₍第35回 民族の祭典)

ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

いだてん、第35話は、ナチスドイツが国家の威信をかけて開催したベルリンオリンピックの話。

 

副題の『民族の祭典』というのは、レニという有名な女性映像作家(元女優なんだけど)が撮ったドキュメントで当時世界で大ヒットとなった『民族の祭典』からとっているのでしょうね。

 

 

この辺の詳しい話は、沢木耕太郎の『オリンピアーナチスの森で』という本があって、沢木耕太郎が生前のレニにインタビューしたものが採録されていて面白いです。もちろん、ベルリンオリンピックの数々の裏話も載ってますね。

 

 

話を戻して。

 

田畑のまーちゃんが、これまで勝ちさえすればいいという姿勢だったのが、それでいいのか?と考えさせるような情勢になってきてる。ナチスの台頭とか、全体主義の流れとか。

 

日本はその時代、植民地にした朝鮮の選手も、日本代表選手として送り込んでいたけど、そこは闇の部分であり。。

表彰台で、自分の国を植民地にしている国の国家を聴く悔しさを思うと切ない。

 

でもだからといって、周囲の人間が、民族が違うから素直に喜べないというのも経緯を欠いているしで、ほんと扱いが難しい。

 

足袋職人の大将が言ったように、「自分が作った足袋を履いて走ったら、どんな人種であろうと、俺は応援する」というセリフがほんとに本来のオリンピックのメッセージをうまく伝えている。

 

ネタ的なことばかり取り上げられがちだけど、クドカンのどちらにも偏りすぎないバランス感覚、大好き。

 

また、これまで朝ドラや大河ドラマ見ていて、いつも気になっていた似通ったプロットの繰り返し。

 

主人公が結婚し、また兄弟が結婚し、子供の代でも結婚し、、またそれやるの?

 

と、最後の方、だんだん飽きてくることが多いのだけれど、

 

『いだてん』は、何度もオリンピックを繰り返し、描いているのに、似通ったプロットになってない。

 

その時代に合わせてのオリンピックのどこを端折るか、切り取るか、どこをメインテーマに持っていくか、見ている側を飽きさせないように、すごく工夫していて。

 

あー、やっぱりシナリオって、省略が大事なんだなあと感じる。

 

どこを省略するかによって、どこを浮き立たせるか。それが大事なんだなと。

 

シナリオのトップのトップ技術が凝縮されていると感じるのでした。

 

シナリオはまだ読んでないけど、通して読むのが楽しみ。気づかない伏線とかもっとありそう。

 

 

 

 

過去記事:

 

オリンピアーナチスの森で

 

いだてん 第34回「226」

『アンナチュラル』(ドラマ)

ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

あざらしです。

 

本当はたくさん映画もドラマもインプットすべきなんだろうけど、それがままならない。

 

時間はないこともないけど、テレビは5歳のこあざらしに占領されて、夜中も寝かしつけしたあと、見る感じにならない。

 

ますますタブレットやスマホでドラマや映画を鑑賞するライフスタイルになっていくんだろうな。。

 

映画はまだ劇場に行きさえすれば邪魔が入らないから、とくにかく時間作ってみたいやつ、みておきたいやつをなるべく見る。

 

ドラマは、昔みたいに何でもかんでも録画して、一週目は見て、二週目からチョイスしていくなんて贅沢なことができないので、既にパッケージになったもので、面白そうなものを振り返ってみるという方法をとることにした。

リアルタイムに見れないのは残念だけど。

 

いきなり冒頭で言い訳がましく書いてしまいましたが、今更ながら『アンナチュラル』見てました。おはずかしい。。

 

掛け値なしに面白かった。

 

マスキュリンな職場で働く女性の視点がすごくよくて。

 

しかも社会派で。

 

恋愛話にしなかったところもよかった。

 

野木亜紀子さん脚本の映像作品を集中的に見ていこうかと思ってます。

 

 

『いだてん』第34回「226」+めぐろのさんま

ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

『いだてん』第34話。226事件の直後に、IOC会長が日本が、オリンピック候補地にふさわしいか視察に来る、という話を、めぐろのさんまにかけて語るという…。ほんとすごい。

 

「めぐろのさんま」の落語絵本を、5歳のコアザラシに読み聞かせた話をブログに書いた直後だっただけに、タイムリー。

 

当時のオリンピックは、ヨーロッパでしか行われたことがなく、アジアでやるなんて場違いという感じがあったんでしょうね。それが何十年と経て、今では、全然普通のことになっている。むしろ、経済力のあるアジアの方がド派手になっているくらい。

 

「めぐろのさんま」だって、銚子で獲ってきたさんまを魚河岸で買い求めたものを目黒で食べているにすぎないんだけど、世間知らずの殿様が、『やっぱりさんまは目黒にかぎる』なんて落語が出来たもんだから、海がないのに今やサンマのニュースに絡んで目黒のさんまが出てくる。

 

「やっぱりオリンピックは東京に限る」というのは、こういうことなのかなと思うけど、どうでしょうか。

 

それにしても、いだてん、相変わらず面白い。

 

前回はムッソリーニの独裁者、今回は226事件、来週はヒトラーのベルリンオリンピック。

 

(ベルリンオリンピックの話も、以前、沢木耕太郎の『オリンピア ナチスの森で』を読んだけど、面白いエピソード満載でした)

 

オリンピックが国威発揚の道具に使われ始める時代。

 

それを経験して、まーちゃんがどう成長していくか、オリンピックが本来どういうものであるべきか、問いかけていて、いだてん、スケール感大きすぎ。でも、時代のスケール感にドラマ全然負けてないよ!

 

個人的には、文化遺産レベルの傑作ドラマだと思うのだけど、、でも、全然気取ってなくて、ちゃんとおバカなとことか、下世話なとことか、登場人物も一人一人人間的で、愛すべきキャラで。。

 

楽しみにしていた、第一部シナリオ集もポチっとやったので、大事に読みたいです。

 

過去記事

 

めぐろのさんま

 

『オリンピアーナチスの森で』(沢木耕太郎 著)

 

『いだてん』第22話『ヴィーナス誕生』観た

ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

なんか色々と言われてるけど…ほんとにみんなちゃんと見てんのかな。

 

確かに、最初の4話くらいまで、話どうなるんだろ、と思わないでもなかったけど、

金栗が、三島さんとヨーロッパに向かうシベリア鉄道のあたりから、個人的には目が離せなくなって、

以来、もうどの回も、つまらない回なんてひとつもないんだけどな。

中身がたっぷり入ってて、どれ食ってもおいしい。

 

前回の第21話から、女子体育の歴史の話になって、目線が変わってもやっぱりよくって。。

今回第22回も、やっぱり泣いた。

今の時代にもほんとに通じる。

大正時代の女子とスポーツ。

でも、単純に女子と言ったって、いろんな立場で、いろんな環境におかれてて、でも、テーマの掘り下げ方が、

全然一方的になってないし、でも、どっちつかずにもなってない。

多面的に掘り下げて、でも、ちゃんとそれぞれの立場のキャラクターの気持ちになると涙が出てくる。

 

クドカン…ほんとすごい。

視線がほんとに優しいんだよ。

今回の女子だけでなく、スポーツの敗者の心情の描き方とかも、ほんとに心の奥底に染みてくる。

 

おそらく、前半でごちゃごちゃしてると言われてた現在と過去と行き来してる話が、

回収されていく過程で、めちゃくちゃ効いてくる予感がプンプンするんだよな。

すごく楽しみ。

今から見ても全然損はないよー!

 

来週は、関東大震災……どういうふうに描かれるのか。

 

『疫病神シリーズ 螻蛄』

ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

『破門』の続編。

 

このシリーズでは、北村一輝と濱田岳の名コンビがさらに熟成して、しかも物語もドキドキハラハラの展開。

 

人間の洞察がすごい、原作の黒川博行。

 

一筋縄ではいかないキャラばっかりで、こんなの書けるようになりたいなあ…。

 

と思うけど、どれほどの人生経験重ねたらこんなの書けるようになるのかしら。。

 

 

 

 

 

『カルテット』(シナリオ本)

ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

坂元裕二さん脚本の『カルテット』シナリオ本を読む。

 

秘密のつくりかたうまいなあ。

 

展開の意外性に、おー。

 

サスペンス的な部分には、『みぞみぞ』してきました。

 

面白かった。

 

 

 

人形劇『プリンプリン物語』再放送 第1話、第2話

ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日記・一般

 

本放送から38年!

 

先週から、NHKBSで、週に二話ずつ、人形劇『プリンプリン物語』の再放送が始まりました。

 

もうめちゃくちゃ懐かしい。子供の頃、夕方、見てた。

 

なにより、石川ひとみの声が好きで好きでたまらなかった。

(といいつつも、子供のころ、石川ひとみ、と、倉田マリコの顔の区別に苦労した記憶も。。。)

 

人形劇で出て来た印象的な歌の数々は、今でも頭に焼き付いていて、口ずさんでしまいます。

 

『お金さえあれば〜なんでも手に入る〜』とか、

 

『おいらは、シドロ、おいらはモドロ、ふたりあわせてシドロモドロ』とか。

 

再放送が始まる前に、スペシャル番組で当時のことを振り返ってたんだけど、改めて大人の視点でプリンプリン物語を見てみると、その世界観に当時の時代の情勢が反映されてたりと、逆に新鮮。

 

今回の再放送は、長年紛失していたビデオテープが、当時のスタッフに連絡をとったりして出てきたのだそうです。

それでもまだ4話分くらいは、ないままのようなんですけどね。

早く見つかるといいなあ。

 

さて、第一話、第二話をビデオに録ってみる。

 

プリンプリンの前半部分は、子供の時も全然見てない。だから、物語の始まり全然知らないのです。

 

プリンプリンという名は、実は親からつけられたものではなく、赤ん坊が海から流れてきて漁師さんが拾って適当に名付けた名前なので、本名ではない。。という驚きの事実。。

 

 

あと、気になるのが、30年以上前の人形劇が、果たして今の時代の子供に受け入れられるのか。。

 

うちの三歳の坊主、最初は、なんじゃこれは、というふうに見ていたけど、赤ん坊を拾って、プリンプリンと名付けるコミカルなシーンに、ケラケラ笑っておりました。

 

昨日も、プールに連れて行った帰り、帰ったらプリンプリン見てもいいか、などと聞いてきたので、結構面白いと思っているようです。

 

今週は第三話、第四話、楽しみ。

 

 

『真田丸』最終回を観た感想+じゃりン子チエのOPテーマの歌詞に出てくる「茶臼山」

ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

「真田丸」終わってしまった。。と言っても、終わってからもう随分経つんだけど。12月バタバタと忙しかったから。

 

ドラマって結構、最終回ってまとめにはいるから、大味になったりするんだけど、最後まで面白かったなあ。

 

もう死ぬって分かってるのに。でも、最後が気になってしまう。

 

幸村が死ぬシーンが見たいわけでもないのに。なんでだろ。

 

どこかで徳川家康をどこまで追い詰めたのか、それを期待して、最終回を追ってた気もする。

 

話変わるけど、子供の頃観てたテレビアニメ「じゃりんこチエ」のOPテーマも歌詞に、

 

「虎のふんどし ひぐまのパッチ ムカデの歯ブラシぶらさげて

茶臼山でどんこ釣り エテコが真似して赤っ恥…♪」

 

というのがあって、生駒山やどこにあるのか、なんとなくイメージつくけど、茶臼山ってどこなんだろ、とかいつも思ってた。

(大阪の人間ではないのでそこまで土地勘あるわけでもなく…)

 

で、「大坂冬の陣で家康が本陣を構える茶臼山」と、真田丸の最終回で聞いてはじめて、そんなとこにあったの!?へえーと。

 

でも、大阪城の近くにそんな山ってあったっけ?

 

とは言いつつ実はまだよくわかってない。。

 

茶臼山検索すると、現在の天王寺公園!とある。

 

おー子供のころ、いったなあ。天王寺動物園。遠い記憶。。

 

小さい頃のアルバムに、天王寺公園の池のほとりのベンチでジュース飲む、あざらしの幼き頃の写真があったよ。。

 

あのへんだったのね…天王寺口付近で、幸村が、家康をあと少しのところまで迫ったっていう場所は。。。

 

真田丸最終回→大坂冬の陣→家康→茶臼山→じゃりン子チエ→天王寺公園→ジュースを飲むあざらしの写真…

 

なんの脈絡もない、真田丸最終回の感想でした。。

 

ちなみに、これも関係ないけど、じゃりン子チエって、高畑勲監督なんだよな。。

子供のころは全然それを知らずに見てたけど、やっぱり振り返ってみると、

色使いとか、アニメーションの感じ、やっぱり高畑監督っぽいなあ。

 

 

真田丸 第44回 「築城」 エンディングに鳥肌たった…

ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

うぉー、めっちゃ、格好良かった、エンディング。

 

最初、録画で見てたから、最初の方、録り逃したのかと思った。

 

そしたら、エンディング部分であーいうふうになっていたのね。

 

その流れ格好よかったし、CGも迫力あった。すごい、すごい。

 

あと、全く関係ないことだけど…

 

竹内結子の淀殿、見て、そのあと内野さんの家康見ると、「不機嫌なジーン」思い出す。

 

もしかして、「不機嫌なジーン」の二人は、

 

前世で、家康と淀殿で対立していた因縁があって、

 

結ばれなかったんでしょうかねえ。なんて。。冗談ですけど。。

 

 

by カエレバ

 

 

 

by カエレバ

真田丸 第43話 『軍議』を見て、『12人の優しい日本人』を思い出す

ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

うーん、もう毎回感心させられる。

 

今回の『軍議』、籠城するか、討ってでるか、の、ディスカッションが大半を占めるエピソード。

 

こんなセリフばっかりで、ディスカッションなのに、ここまで面白くできるものなのか。。

 

三谷さんの法廷劇を映画化した「12人の優しい日本人」を思い出した。

 

by カエレバ

 

 

12人の怒れる男、をモチーフ(いや、パロディ?)にしたもの。

 

 

by カエレバ

 

 

まさか、大河ドラマで、この雰囲気を味わえるとは思いもしなかったので、新鮮。

 

でも、真田丸ものこるところあとわずかだな。。。寂しい。

 

 

 

by カエレバ
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM