スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『ゼロからの脚本術 10人の映画監督・脚本家のプロット論』

    シナリオ関連本 comments(2) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:創作活動
     
    お友達に薦めてもらいました。

    これねすごく勉強になりましたよ。

    結局ね、プロット書けないことには、シナリオ以前の問題、チャンスさえ与えてもらえない。

    というかそれ以前に、すごくやる気をもらいました。

    沈んでいた心が、なんかグォーっと燃えあがる気分です。

    でもプロット論といっても文字通り十人十色なんだなあ。


    古沢良太

    大好きなんだよなあ。『鈴木先生』とか、彼の書く『相棒』の脚本とかちょっと毛色が違って好き。ほぼ独学なんだって!?すごいね。倉本聰脚本、山田太一脚本、向田邦子脚本、シナリオブック読んで、黒澤明の『七人の侍』書き写したり。テレビドラマを録画してシナリオに起こしたり。
    へえやってみよかな。テレビドラマ録画してシナリオに起こすというのは、あざらしが大好きな監督さんに、シナリオやってる者です、って、ファンメール送った時、その方もそれやってるってアドバイスくださったことがあったので、やってみようと思います。
    絵うまいんだな。プロットのメモ書きとキャラクターのイメージの絵も載ってました。

    関連記事: 

    鈴木先生最終回

    相棒シナリオ傑作選



    内田けんじ
    『運命じゃない人』『アフタースクール』の監督・脚本。
    着想は記憶に残った出来事から。どうやって着想していったか、面白い。
    予算がない中で面白く見せるための工夫=時制をいじってもお金はかからない。なるほどね。
    自主制作映画つくりたくなりました。

    関連記事

    アフタースクール


    三木聡
    着想の仕方が勉強になった。
    人は自分が何に興味をもっているかわからないもの。脚本を書こうと言う人には、具体的な興味の持ち方を整理するためにも、一日一個メモすることから始めろと…半年たって振り返ると自分が何に興味もっていたか、興味の線がわかってくる、それが脚本の要素になるって。
    これもやってみよかな。メモはとってはいるけど、シナリオのネタ的なことばかりだったので、なんでも気になったものはメモするように、しよかな。


    園子温
    こうやって園子温はできたのか…すごい。
    ええ加減さと大胆さに心が熱くなったよ。

    関連記事:

    愛のむきだし

    ヒミズ

    冷たい熱帯魚



    大宮エリー
    企画書ってこういうふうに書くのか・・・。シナリオ論としてよりも企画の訴え方的なところが参考になる。企画書ってああやって書くんだな。。

    関連記事:

    生きるコント2


    筧昌也
    この方の作品まだ見たことないんだけど、着想の仕方というかアイデアの広げ方が面白くて、『美女缶』とか『恋するマドリ』断然見たくなった。プロット読んでたら、作品観たい気にさせられた。


    福田雄一
    映画は20分タームで考える、その半分の尺のドラマは10分タームで考える。
    『クールで実はいい人』に『だけど若干ウソつき』を足す、というのがいいなあ。

    関連記事:かずら


    横浜聡子
    『ジャーマン+雨』の監督さん。
    これがあのヨシコというキャラを生み出した人か。
    規格外でした。
    ヨシコについては、日本映画にありがちな内向きにはしたくないと意識してのことらしい。
    そこが、好きなところ。

    関連記事: ジャーマン+雨


    高橋泉
    『ある朝スウプは』 ぴあフィルムグランプリの監督。
    ある朝スウプは、新聞切り抜きしていつかみたいと思ってけどまだ見てない。
    『痛み』をテーマに痛みを積み重ねてきた。痛みに苦しんでいる人がいるから。当たり前の話だけど、痛みもその人のテーマになる。。
    あと映画は印税収入が大きいってほんと? ソラニン、というメインストリームの映画だからじゃなくて?という素朴な疑問がうかんだ。


    行定勲
    ちょっと普通の作品インタビューみたいになってしまっていて残念。もっと具体的な方法論が聴きたかった。むしろ行定監督と一緒にやってる伊藤ちひろという脚本家さんが気になった。

    関連記事: パレード


    この本、ほしくなった!

    モチベーション落ちたときに、読むと元気になれそう。

    買おかな。。


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        こんなに細かく読んだんですね。
        ホント、なかでも古沢良太、すごいなあと思います。
        横浜聡子監督は、映画みてないけど、お話だけ一度聞いたことあって、このひといいなぁと思った印象が。。。

        • oさん
        • 2012/04/23 8:26 AM

        図書館に本を返却して、でも、結局自分で買っちゃいました。注文したばかりなのでまだ届いてませんが。。

        精神安定剤として手元に置いておきたいと思います。

        • あざらしさん
        • 2012/04/23 9:57 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM