コンクール提出

シナリオコンクール comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:創作活動
 
今朝、城戸賞、コンクール用の作品を印刷した。

閉じ紐が短いのしかなくて、しまちゅうまで熱い中自転車で買いに行って、閉じて、郵便局に。

翌朝10時便という速達を、追跡できるように簡易書留で、1200円。高い。

けど明日必着なので、何か月もかけて書いた苦労を数百円で飛ばしてしまうわけにはいかないので、気にしない。

とにかく・・・あざらしの家は東京23区内なので、速達で出せば、翌日届く。

翌朝10時便なので、翌朝10時には届いている、はずだ。

地域によっては、速達でも届かない場合もあるので、事前に確認お願いいたします。



郵便局から家に戻り最初にしたこと。

テレビ見た。いつのまにか日経平均9000円台に戻ってる。

一時は7000円台とか無残なことになってたけど。。

ていうか最近では、7000円とか8000円という聞いても、動じなくなったのが怖い…

で、ゼロコーラ飲みながらブログ書いてる。

書き終わって、もう書くのツライ、苦痛とか思って、ふっと一息…にもかかわらず、息抜きも結局活字かよ…


シナリオ間に合わせるため、しばらくいろんなことを置き去りにしていた。

新聞もたまってるし…友達とも疎遠になっていたし…仕事も遅れてるし…

切り替えが下手なのです。

同時にいくつかのことを並行してこなせない…。

シナリオ入り込むと、それに関する映画とか本以外、友達がSNSでつぶやいてるのさえ、入れるのがおっくうになる。自分への直接のメールとかメッセージは結構嬉しかったりするのが自分勝手なところ。

おそらく脳のメモリー(キャパ)が多くなく、シナリオ考え出すと、情報処理速度が遅くなってしまう。

他のことがおっくうになって抜けてしまうのです。

たぶん、何も知らない人が見るとね、ぼーっとしてるようにしか見えないし、集中してないようにしか見えないんだけど、脳の中では、それのことで頭いっぱいで、もうメモリー使い切っている感じです。

これじゃだめだなあと思うんだけど…とにかくプロセスに慣れるしかないのかな。

脳の外付けハードディスクとか、ヨドバシあたりでメモリー追加してもらえたら金出すよ。


子どものころはそういう自覚なかったんだけど、ミスばっかりする時って、やっぱり脳がいっぱいの状態で、留学したばっかりのとき、はじめて形として自覚した。

信じられないミスをたくさんした。買ったコンタクトレンズをその日のうちに洗面所に流したり、落し物したり、締め切り前ののデータを消してしまったり……新しい環境で色んなことを一気に処理しきれなくて、脳が悲鳴をあげたんだと思う。

引きこもっていたので、そろそろ水面に顔を出すかな。


  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM