図書館でシナリオ本

シナリオ関連本 comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:最近読んでる本

最近お金がない。

あざらしの悩みです。

ちょっと転職活動とかしているもので、あまり無計画に使えない。

前は結構、シナリオ関係の本とか衝動買いしたり、

『シナリオ』という雑誌を定期購読したりしてたんですけどね。

かなかそういうこともできません。

なにもかもサブプライムローンさんのせいだ!

と、誰かのせいにしてみました。

一つシナリオ書き終えて、ああ、シナリオあんま読んでないなあ、と痛感。

節約モードなので、本屋さんでは買わず、図書館で探すことにしました。

おー、結構えうんですねえ、シナリオ本やら、戯曲本やら、

こういう類の本って高いんですよね。

お?小津映画の脚本の合本みたいなのがある。

素晴らしい・・・こんなの自分の金でなかなか買えないよな。

買っても返却時期がなければ必死に読まないだろうし、

いつか本棚のインテリアと化してしまう可能性も高いというもの。

結構、いいじゃん図書館。

なんか一杯ありすぎて、たまたまあった『北の国から』のシナリオ本なんか借りてしまった。

ちょっとオーソドックスすぎるか。

『北の国から』は何年も前に一番最初のシーズンがDVDが発売されて、

レンタルで見ましたが、面白かった。

シナリオ本読んで、改めて脚本もすごいな。

派手さはないけど、ついつい小説みたいに気持ちが入ってしまいます。

蛍とお母さんとのやりとりは、胸が締め付けられてしまいました。

他にも、戯曲の脚本などでも面白そうなのが一杯あったので、

北の国からを読み終ったら、そっちも読んでみようかと思います。


 
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM