『るろうに剣心』(映画)

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:邦画

今日は映画の日、映画館のはしご。

桐島…の次は、場所を変えて、るろうに剣心。

めずらしく邦画一日二本。


ていうか、るろうに剣心、これ、映像とか、間とか、テンポとか、もう邦画じゃないって…

ハリウッド映画観てる感覚。

もちろん制作がワーナーブラザーズってのはあって予算もたくさんあったのだろうけど。


アクションの振付、迫力に、ちょっと驚いた。

構成もエンターテインメントとしてアクションとドラマ部分の配分も絶妙な感じがした。

見ていて快かった。

佐藤健いいよ。  Q10の時から好き。

武井咲もよかった。正統派ヒロインという感じで。

すみません、原作もアニメも見てないので、ファンが見てどうかというのはよくわかりません…

あくまでも、原作を見てない立場からの感想。

やっぱりこういう映画はあまり小賢しいつくりに走らず、エンターテインメントに徹してくれるのがいいです。


関係ないんですが、あざらし、吉川英治の『宮本武蔵』が大好きで…。
るろうに剣心、見てて、ちょっと吉川英治の『宮本武蔵』のテーマと重なるところがあって…冒頭のシーンなんか特に。武蔵の冒頭って、ちょうど関ヶ原の合戦の戦場で敗れたところから始まる。
ちょうど、戦国時代が終わりを告げ、江戸の太平へと移り変わっていくという時代。そんな時代に剣を志す武蔵にも、やはり人を殺すという剣でいいのかと悩みがあって、殺人剣から活人剣へと変わっていく。るろうに剣心も設定が似ていて、激動の幕末が終わり、人を斬る剣を志すことに意味があるのかという疑いも出てくるわけで…結構、るろう、いいなあと思ったのは、宮本武蔵と重なっていたところがあるかもしれません。





 
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      これの監督、『竜馬伝』の人なんですよね。
      気になってました。
      映像がいいと評判です!
      佐藤健・・・全然注目してなかったけど、これみるとイイと思えるのかな〜

      • oさん
      • 2012/09/03 12:57 PM

      らしいですね。
      原作もアニメも見てないんですけど、過去の日本の漫画、アニメ実写化作品で映像においてのがっかり感がなかったというのは驚きでした。

      • あざらしさん
      • 2012/09/03 1:44 PM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM