スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『失踪』(映画)

    洋画‐サスペンス comments(2) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:洋画
     

    失踪ものというジャンルがあるかどうかわからんが、ちょっと参考にしたくて、借りてきた。

    90年代初めの映画。

    サイコサスペンスもの?

    たぶん、これを純粋な楽しみで借りてみようって人はあんまりいないと思うからネタバレさせてもらうと…

    キーファサザーランドとサンドラ・ブロックのカップル。

    ドライブインで、サンドラがコーヒーを買ってくる…と言ったまま失踪してしまった。

    というところからお話は始まる…といいたいところだけど、映画はそのまえから始まる。

    サイコなやつが、誘拐のシミュレーションを一人でやってるところから始まる。

    最初、面白い始まりだとは思ったけど、これ、サイコを最初に見せたらつまんなくない?

    サイコな野郎の家族まで最初から見せちゃってるし…

    やっぱり前半はどうして失踪したかという謎と気持ち悪いさで引き込めるわけで…


    で、キーファサザーランドが失踪した彼女を探し求める。

    途中、新しい彼女が出来る。新しい彼女と同棲し始め…それでも忘れられない男。

    そこは今までにない展開、面白い。失踪した彼女か今の彼女かで男の葛藤がある。

    だけどさ、サイコな野郎が自分からキーファに連絡とってくる。なんでや!?

    その動機がいまいちよくわからん。マッドサイエンティストという設定で納得させようとしてるけど、それは伝わりませんよ。

    で、サンドラどうなったの?そこ処理した?まさかの放置プレイかよ。。


    まったくつまらなくはなかった。

    けど、ところどころ、話の展開を優先しすぎてキャラの行動に説得力ないなあ。。

    それにサイコとの戦いの前に、殺しのシーンも死体も視聴者は画面で見せられてないわけで、サイコがヘンだといわれても、その猟奇性が見てる方にまだ伝わってないもんだから、いまいち切迫感にかけるのだ。

    もっと、密度濃い状態でクライマックスにつなげてほしい。


    この映画聞いたことなかったな。

    93年アメリカ公開てあったけど、羊たちの沈黙が91年の公開だから、そのあとこの雰囲気のサイコサスペンスだと、牧歌的に見えただろうな。。

    などと、偉そうなことを言ってしまいました。

    あと一つ失踪もの借りてるんだよな。それも見なきゃな…

    でも、失踪もので書こうとしてたものは、結局失踪しなくて済むストーリーにしたから、いまさら失踪ものを敢えてみる必要もないのだけど…

    貧乏性なもので、借りたものを見ずに返すということができない性格なのでした…


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        へええ。
        24の前に撮ったのかなぁ。
        ホント、いきなり失踪するほうが面白いと思うのに。
        でも、これも面白そう。

        • oさん
        • 2012/10/04 8:31 AM

        全然、『24』前です。まだ微妙に若いですもん。
        サイコな野郎が主人公ならアリだと思うんですが、そうでもないので、もったいない気がしました。
        それなりに楽しめましたよ。客を楽しませたいというサービス精神は伝わってきました。いやな感じはしないです。

        • あざらしさん
        • 2012/10/04 11:03 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM