スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『アルゴ』(映画)

    洋画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:洋画


    『アルゴ』観てきた!

    めっちゃ面白かった!!

    大きなウソをつけ、代わりに脇のディティールをしっかり固めろ、なんてことよく言われる。
     
    アルゴは、偽装映画をブチ上げて、イランから大使館員を救出するという、映画的な「大うそ」が入っている。

    なにがすごいかって、その「大ウソ」の部分が実話に基づいている。

    これ、事実がなくってそのままシナリオ書いたら荒唐無稽とか言われるって。


    ベン・アフレック、見直したよ。

    監督の才能あるんだな。。

    でも考えたら、「グッドウィル・ハンティング」とかでアカデミー脚本賞も、ベン・アフレック(マット・デイモンと共作)なんだもんな…忘れてたぜ…最近安っぽい役ばっかり演じる役者さんのイメージ定着してたから。


    アルゴ、70年代の話っていうのもあるけど、映像も70年代のころの質感、音楽もかっこいいし、シリアスとユーモアの加減も絶妙だし。

    ハリウッドプロデューサーのキャラがめっちゃいい味だしてた。

    手に汗握る展開。中だるみなく見れた。

    冒頭、あれ怖い。あんなの押し寄せて来たら、もう…


    でも、映画の中では収拾つけられた脇のキャラも、実話に基づいているわけで…

    イランの革命起こって、そのあとイラン。イラク戦争だから…

    そういう実在の人物がその後どういう人生送ったのか、心配になった。。


    ベン・アフレックの他の監督作品も見てみようかしら。


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        「グッドウィル・ハンティング」って、ベン・アフレック&マット・ディモンが脚本だったとは!知らなかった。
        すでにその時からベン・アフレックは才能を見せ始めていたんですね。
        とうか、フツーの俳優以上の価値を見いだせずにいました。
        意外なカンジ。。

        • oさん
        • 2012/11/12 8:24 AM

        グッドウィルハンティングのシナリオ、映画化されるってなった時、確かデイモンが、アフレックに、主役は俺にさせてくれと頼んだらしいと、当時、デイモンのインタビューを読みました。アフレックは既に、チェイシング・エイミーとかで名前が評価され始めていたので、デイモンは、俺が世の中に出るチャンスだから頼むという感じだったみたいです。だから、グッドウィルの主人公は、アフレックになってた可能性もあったかもですね。

        • あざらしさん
        • 2012/11/12 10:22 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM