スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ』映画

    邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

    面白い!

    派手な話はない。でも、設定、人物の配置、何気ないキャラクター造詣でここまでお映画として成立する話になるのだなあ。

    地味だけど、色んな熟練の味がギュッとつまったような映画でした。

    太宰治の原作の言葉づかいなんですかね、これ、普通、こういう古風なセリフつかうと、ういた感じがするもんだけど、それがね、そこはかとない、さみしさと、おかしみを生み出して、淡々といいんですよ。

    夢売るふたり、でも怪演みせてたけど、この時点で、松たか子出来上がつてるよ。いいんだなあ。

    脚本家、田中陽造も出ていた。聞いたことあるなあ、と調べたら…、

    『ツィゴイネルワイゼン』!! すげえ。

    原田芳雄と松田優作の共演の名作です。

    相米慎二監督『魚影の群れ』。これも好き。

    『居酒屋ゆうれい』も結構好き。


    他みてないけど、

    『陽炎座』

    『セーラー服と機関銃』

    俄然観たくなった。

    ていうかさ、Wikipedia見てたら、

    ヴィヨンの妻、日本アカデミー賞脚本賞、毎日映画コンクール脚本賞でした。。ていうかモントリオール映画祭で、根岸吉太郎監督、監督賞なのね。。

    恥ずかしい…いま知った…どうりで…。勉強不足でした。

    これ、どうなんだろ、太宰治の原作読んでないけど、既におもしろかったんだろうか?いや、原作面白いからって、映画までいいとは限らんけど。

    やっぱりこの映画がいいんだと思う。

    追記

    田中陽造さんのwikiみてたら、関連事項に、中園ミホさん出て来たから、みてみると、なんと、脚本家、中園ミホさん、田中陽造さんの、清書係りから入ってたのね。びつくり。


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        そうなんです!
        太宰没後何年?とかで、このころ太宰の映画ばっかりやってましたが、特にコレいいんです。
        松たか子はいいです。
        舞台はさらにいいです。

        田中陽三と中園ミホ、ウワサのふたりですね。
        『セーラー服・・・』も田中陽三とは知らなかった。。。

        • oさん
        • 2012/11/19 8:26 AM

        あ、そういや人間失格とかもその流れなんでしょうか。
        最初あまり見る気にならなかったのですが、すすめられて見たら、思いのほかよくって。

        うわさのなの?

        • あざらしさん
        • 2012/11/19 10:29 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM