ガメラと大魔神

あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(1) あざらし
JUGEMテーマ:邦画

子供の頃、ガメラ好きでした。

ゴジラよりむしろガメラ派でした。

というより、ゴジラをみる機会あんまりなかったのかも。

でも、ガメラは、感情表現豊かでユーモアあるところがすき。

子供の味方として出てくるけど、調子こいて、すぐ血を流して負け、すごすごと一度は逃げる。

でも、虎視眈々と復活の時を待って、現れる。

ハラハラさせといて最後勝つ。

という方程式に子供の頃、魅了されたものでした。




残念ながら大魔神の記憶はほとんどない。

にしても、大魔神って、ハマの大魔神こと佐々木にほんと似てるよなあ。って、逆か。




これ、有楽町のビックカメラの上の角川シネマ。

確かまえは、シネカノンの映画館だった気が。

シネカノン倒産したもんだから。角川シネマになったのね、たぶん。

なぜガメラと大魔神なのかというと、大映映画70周年だから?

大映が角川に吸収されて最近は聞かなかった名前だけど、こういうかたちでも聞くと懐かしくていいなあ。

ガメラも大魔神もずっと陳列しといてください。







  • 0
    • Check
    コメント一覧

    ガメラって、大映だったんですね。
    大映っていうと大映ドラマを思い出しますが、映画とドラマは別会社だったってことも最近知りました。
    でも、ゴジラとかガメラとか、やっぱりオトコの子だなぁ。

    • oさん
    • 2012/11/20 12:59 PM

    大映テレビ、もともとは大映のテレビ制作室としてはじまったらしいですよ。70年代に一度、大映が経営破たんする直前に、大映ドラマとして独立したみたいです。だから、大映テレビなんだそうですよ。(ウィキで調べました)

    大映の映画といえば、あんまり意識しなかったけど、昔は、溝口健二監督の映画とか、勝新と田宮次郎の『悪名』とかもそうみたいです。
    90年代で有名なのは、Shall Weダンス?とか平成ガメラシリーズ3部作ですね。

    余談ですが、たしか、周防監督がいるアルタミラピクチャーズは、大映にいたプロデューサーさんが独立してつくった映画会社。(ウィキのアルタミラピクチャーズの項より)

    大映はなくなっても受け継がれているということですかね。


    • あざらしさん
    • 2012/11/20 6:53 PM
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

     本日三本目の更新です。一本目「ゲーム情報(PSO2編) /11/22 」はこちら。 二本目「 ライヴガメラ /11/22 」にはこちらから。 9日更新の「大映70周年記念企画情報 12/11 」でご紹介ましたように、 1942年の設立から2012年で70年目を迎える「大映70周年」を記念し
    • ガメラ医師のBlog
    • 2012/11/22 5:57 PM
    無料ブログ作成サービス JUGEM