本 『俺の健康自慢』

本・読書 comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:ビジネス書

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


うし


あざらしです。

今年の目標。

ちっとはフィジカルを鍛えようかとおもいます。

『ベストセラー小説の書き方』という本でディーン・R・クーンツは

作家の才能の一つとして長時間机の前に座ってられるかどうかだ、

みたいなことを書いてました。

そういや松本清張も同じようなことを云ってたと聞いたことがあります。

そう、そして、あざらしも同じことを痛切に感じます、このごろ。

腹筋、背筋の筋力が衰えて、座っているとすぐ疲れてしまう。

こんなじゃ、いい仕事ができるわけありません。 

なので今年の目標は、もちろんシナリオがんばるというのもあるけど

何よりもまずフィジカルを鍛えようと思う次第であります。

と、こんなことを考えている時に、プロゴルファーの青木功さんの新書

『俺の健康自慢』を見つけて読んでます。

青木さんいわく、心技体という言葉があるけど、

大事さの順序で言えば体が先に来るべきだろうって。

体が強くなければいくら心があっても何もならない。

だから青木さんが65歳を超えてもプロとして競技していられるのは

体の部分(フィジカル)を大事にしてきた結果であるらしいです。

このあいだのテレビ東京のカンブリア宮殿でもそういうことを言ってましたね。

シナリオ上手になるには、まずフィジカルを鍛えねば、そう誓うあざらしです。

 
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM