映画 『僕の彼女はサイボーグ』

洋画‐SF comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:映画

こんにちはあざらしです。

綾瀬はるかの『僕の彼女はサイボーグ』をみました。



綾瀬はるか、可愛すぎる・・・

韓国人の監督さんが監督しているということで、ラブの部分がこっぱずかしくなるほど甘ったるいのですが、逆にそれが可愛さを引き立てている気がしました。

あざらしは、それほど韓流映画を見たわけではないんですが、韓国映画の脚本ってなんかヘンだ。

いやいやけなしてるわけではないので許して欲しいんだけど、なんというか予想もしない展開になってくことがあって面食らうことがよくあります。

昔見た『JSA』でもあまりに意外すぎるツイストターンに、えー!?そんな話だったのと面食らい。(でも結構好きです)

『バンジージャンプする』では、ツイストしすぎて、めっちゃストレートな話やん!めっちゃヘンな話を大真面目に見せられてのけぞりましたし。

もしかして韓国の人たちには意外に王道だったりして・・・

僕の彼女はサイボーグはそこまでヘンじゃないけど、でもちょっと、え?なんで?今のエピソードはどういう意味というか意図?とか、え?そういう展開なの?

それでも最後まで見ると、結構楽しめました。嫌いじゃないです。

何より楽しませようというエンタテインメント精神を感じる、韓国の監督さんって。

ひとくくりにするのまずいかな。

それにしても綾瀬はるかは可愛かった。

至福の時間を味わう高級旅館・ホテル予約「Kihin(きひん)」

【海外出張の航空券予約】24時間オンラインで空席照会・予約が可能です。


  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM