本 『午前3時のルースター』

本・読書 comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:読書感想文

『午前3時のルースター』という本を読みました。

面白かった。

ミステリーというよりハードボイルドといったほうがいいかな。

プロローグの出だしに心をつかまれました。

『成田空港のパーキングには、雨ざらしになったまま置き去りにされたクルマが常時数台はあるという』

という出だし。

ベトナムに仕事の都合で行ったまま失踪してしまった父を、少年が探しに行く話です。

語り手である主人公はその少年を導く役割を負ってます。

会話も面白く、登場人物も主人公、主人公の友人、ベトナム現地でのガイド、とすごく魅力的なのですが、肝心の少年の影が途中まで薄くなってしまっているのが残念。

やはり父と息子の話ということなので、途中で結末みたいなのが見えてしまったので、それも残念だった。

最後がじわりといい話だっただけにもったいない。

まあそれでも全然面白かったんですけど。

ネットとか見ていても、同じ垣根涼介の作品でも『ワイルド・ソウル』の方が断然面白いといってる人が結構多かったので、そっちも読んでみたいです。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM