スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    マンガ 『迷走王ボーダー』

    マンガ comments(0) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:おすすめの漫画


    あざらしの前に、一羽のスズメが舞い降りた。


    すずめ

    あざらし
    『合言葉は?』

    スズメ
    『・・・』

    あざらし
    『幸せの・・・』

    スズメ
    『…しっぽ』

    あざらし
    『何かね、わが空飛ぶ諜報員、コードネーム・幸せのしっぽクン』

    スズメ
    『あざらしの旦那、ちょっと気になる情報が舞い込みやして』

    あざらし
    『気になる情報とは?何絡みかね?』

    スズメ
    『それが木村カエラ絡みでして?』

    あざらし
    『木村カエラ?ふーむ・・・私に似合わぬ、オシャレさんの情報がなんだと言うのだね?』

    スズメ
    『それが・・・カエラが…何でもボーダーにはまっているという噂でして…』

    あざらし
    『カエラがボーダーファッションにはまってるからって、なんら不思議はないだろう』

    スズメ
    『服のボーダーではなくて・・・そのぉ、迷走王の方でして』

    あざらし
    『なぬっ!?まさかっ、迷走王ボーダーのことか?あの伝説の…』

    スズメ
    『はい、狩撫麻礼(かりぶまれい)原作、たなか亜希夫作画の迷走王ボーダーです』

    あざらし
    『何かの間違いだろ?主人公が便所部屋に住んでる、あの貧乏漫画をか?』

    スズメ
    『はい』

    あざらし
    『あちら側の世界というやつか?』

    スズメ
    『はい、あちら側とこちら側の境界線がボーダーとなっております』

    あざらし
    『うむ・・・木村カエラちゃんが…にわかには信じがたい、情報ソースは?』

    スズメ
    『木村カエラのブログ、『毎日カエラ』でやんす』

    あざらし
    『むむむ…木村カエラ、いいやつなんじゃないか…ボーダー好きなんて』

    スズメ
    『旦那、不思議なことではありませぬ、ボーダーファンはいたるところにいますから。『猛スピードで母は』の著者、長嶋有も、ボーダーの大ファンです』

    あざらし
    『何?あの芥川賞作家までが?ボーダーファンと?』

    スズメ
    『はい、マンガ夜話でも取り上げられるほど、コアなファンがおります』

    あざらし
    『それにしてもなぜそのような情報をわたしの耳に?』

    スズメ
    『だって、あざらしの旦那、ボーダー全巻そろえてるではありませんか?漫画原作者・狩撫麻礼 大好きじゃないですか』

    あざらし
    『・・・そこまでバレていたとは…』

    (続く)



    ヨーロッパを巡る旅

    安い!見つかる!古本・CD・DVD・ゲーム


    人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM