『ターミネーター: 新起動ジェニシス』映画

洋画‐SF comments(2) trackbacks(0) あざらし

映画の梯子。本日、二本目の映画。

ターミネーター新作。

まあそれほど期待はしてなかったけど、いくら望んでも、ターミネーター2を超える傑作にはなりえないんだな。

わかってはいるんだけどさ。

もうあとは色んなつじつま合わせと、アクションの過剰さに訴えるしかないんだな。

まあ、色々やってるうちに歴史がかわる。

サラ・コナーだってなぜか美人になる。

なぜか男のキャストは、みんなガッチリマッチョ男に変わってる。

ジョン・コナーだって美少年エドガーファーロングはあんなおっさんに…なるか?

まあ、そんなことはどうでもいい。

とにかく、ターミネーター2が改めて傑作だったと確認するだけでした。

T2の設定とか絶妙だったもんな。

思春期に差し掛かってグレかかった、父のいないエドガーファーロング、気が狂ったとしか思えないいサラコナーの母親がいて。
突然、意味不明に命を狙われて、シュワルツェネガーが現れて。。
だんだん、自分を助けてくれるターミネーターに友情のような父親のようなものを見ていく。。
それがいいんだよな。
今回も、やりたいことはわかるんだけど、やっぱりのれなかった。

あと、やっぱりT2もT1(では、サラ・コナー)もそうだけど、自分の境遇がなんなのか、全くわかっていない主人公が巻きこれていく、情報の格差があるからそのキャップが面白いってとこもある。
今回の話では、もちろん登場人物間での情報格差はあるんだけど、みんな最初から何を目指してるかは、すでにわかってる、そんな状態だと、やっぱり普通の人視線から入り込むのにちょっとハードルが高くなるんだよな。。

つまんなくはなかったけど、驚きもなかった。


  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      つまんなくはないけど驚きもなかった・・・の言葉がこの作品のすべてをあらわしてますねー。
      ターミネーターは2がイチバンなんですね!

      • oさん
      • 2015/07/15 8:29 AM

      ターミネーターは、1と2両方好きです。
      でも、2の時の驚きといったらなかったです。
      2の新型ターミネーター役の役者さんは、ザ・ソプラノズのシーズン2で、ギャンブルで身をおとすスポーツ店店主役で出てきます。

      • あざらしさん
      • 2015/07/15 10:05 AM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM