真田ゆかりの里 九度山に行こう 里の風景

あざらし的散歩・街角写真館 comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:和歌山・高野山

 

お盆を使って、九度山に行ってまいりました。

 

高野山の開祖である、弘法大師空海が、月に九度も、高野山の麓にある慈尊院に暮らしていた母に会いに来ていたことから、九度山という地名になったという説。

 

真田昌幸、信繁らが、身を寄せていた土地でもあります。

 

NHK大河ドラマ「真田丸」に合わせてなのか、今年から真田ミュージアムまで開館したのですが、

 

元から古くて、地味にいい雰囲気の街並みです。

 

地元の軒先には、提灯がかかり、真田の六文銭のマークがかかってあったりします。

 

 

ぶらりと歩いていくと、電柱の横に、柿の形をした街灯。

 

なぜ柿なのか。

 

このあたりは、 柿の産地で有名なんですねえ。

 

もちろん柿の葉寿司も有名です。

 

奈良県五条の柿の葉寿司も有名ですが、ここから少し行ったところです。

 

紀ノ川をさかのぼって、奈良県に入ると、紀ノ川は名前が吉野川になり、奈良県五條市です。

 

紀ノ川筋の和歌山から奈良にかけてが柿の名産地というところでしょうか。


 

じつは九度山は、柿だけでなく、知る人ぞ知る、野球選手の名産地でもあります。

 

尾花高夫 元選手…元ヤクルトの投手。色んな球団の投手コーチを務め、横浜ベイスターズの監督してたこともありましたよね。

 

松山秀明 元選手…選手時代は、オリックスの選手。コーチもオリックスやロッテでつとめられてますね。

と言っても、誰やそれ?と言う人もいるかと思います。この人、PL学園で桑田清原のKKコンビの学年の主将だった方なんですね。個人的には、PL時代の勝負強いバッティングが印象的でした。

KKコンビで最後に夏甲子園で優勝した時、宇部商相手にサヨナラヒットを打ったのがこの方ですね。

 

杉浦正則 元投手…この方はプロ野球選手にはなっていません。自分でならないことを選んだ方です。オリンピックにでるために。ミスターアマ野球と呼ばれてたのを覚えている方いますかね。バルセロナでは銅メダル、アトランタでは銀メダル、シドニーでも代表入り。(ウィキより)最近では甲子園の解説やってたりしますね。

 

あと、厳密には九度山ではなくて、隣の橋本市は、DeNAの筒香選手の出身地ですね。高校は横浜高校ですが。

 

九度山に行ってみたらわかるんですが、すごい田舎の、雰囲気の良い小さな街です。人も少ないし。

 

その人口密度で、こんな名選手たちがこの周辺で出てくるなんて、ものすごい確率なんでないかと思います。

 

いったい、九度山のなにがそうさせるのか…実は真田幸村は野球好きだったりしてねえ。

 

と、雰囲気のよい、土塀が見えてきました。

 

ここは、真田屋敷。真田丸の時代に、真田さんたちが住んでいた場所のあとにたった屋敷とかなんだとか。。

 

 

(つづく。。。)

 

紀見峠の旅館に泊まる。

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM