真田ゆかりの里、九度山に行こう。九度山駅+真田ミュージアム

あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

昨夜の真田丸、『犬伏』の回、いやあ、面白かった。

 

なんとも悲しい決断。でも、確かにそれがやむにやまれぬ最善の策なのかもしれない。

 

何より、いままで昌幸と信繁の戦の戦の才能に及ばない感じだった大泉洋の信之が、成長を見せた感じも感動を呼びます。

 

こみ上げてくるものがありました。

 

さて、お盆の九度山への旅。行きは車で行ったのだけど、帰りは、そのまま電車で帰りました。

 

やっぱりローカル線好きのあざらしにとっては、九度山駅スル―して、帰るわけにはいかないものだから。。

 

九度山は、やはり真田丸放映に合わせてか、すっかり六文銭の装い。


 

九度山の街中をぐるっと回るバスも、こんな感じ。


 

九度山駅の駅中も、こんな感じ。


 

この下のは、結び雁金という真田家で使われていた家紋のひとつらしいです。

最初観たとき、蛇かと思ったけど、雁らしい。渡り雁から幸せを運ぶということらしい。

 

 

赤い電車がやってきました。

南海高野線です。

 

 

 

電車も真田の衣装。

 


九度山の街中には、今年オープンした真田ミュージアムというのがあります。

 

結構、立派な館ですが、ただ真田丸だけを展示しているわけではありません。

真田幸村は、戦国BASARAのゲームでも出てくるということで、少しアニメキャラっぽい真田幸村のイラストもいたるところでみかけました。

 

九度山・真田ミュージアム公式サイト

 

ミュージアムから少し歩いたところに、真田古墳と呼ばれているところがあります。

下の写真です。

なんでも、これは真田の抜け穴で、穴の向うは大阪城につながっている。幸村はこの穴を通りぬけて、戦場にはせ参じたという言い伝えが残っているようです。さすがに大阪城はないだろ。。いくらなんでも。。

 


 

と、この古墳の帰り、寂れたいい雰囲気の商店街歩いていたら、店の中で、おばちゃんが、夏の甲子園、高校野球見てた。

ああ、やっぱ九度山の人はおそらく野球好きなんだろなあ。(←過去記事:九度山の風景)

すごく話好きなおばちゃんで、ひとつ聞いたらいっぱい答えが返って来てなかなか楽しい方だった。

 

秋は柿がおいしいですからね。九度山は柿の名産地なので、秋の行楽にでも。

 

by カエレバ
by カエレバ

 

過去記事:

 

真田ゆかりの里、九度山に行こう:有吉佐和子『紀ノ川』+慈尊院

 

真田ゆかりの里、九度山に行こう:里の風景

 

真田ゆかりの里、九度山に行こう:真田庵

 

紀見峠の旅館に泊まる。

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      真田丸・・・先日の回はものすごく評判ですね。まだ見てないけどとっても楽しみ♪ 最近、大河がイチバンの楽しみかもしれません。。。
      九度山は町をあげての真田色に包まれてますね!
      まさに盛り上がってるイマ行ってきたというのがうらやましいところ。

      しかし・・・町のおばちゃんまで野球好きとは。

      • oさん
      • 2016/09/06 8:23 AM

      そうなんですよ。大泉洋がめちゃくちゃよかった!

      私も、いま、真田丸、くらいしか真面目に見てないです。
      なかなか時間がないというのもあるけど。。

      お盆に行ったと書いたんですが、お盆より少し早い時期で、ちょうど、和歌山の代表が、甲子園で試合があった日で、おばちゃんは、いま勝ってるで!と教えてくれたのでした。

      • あざらしさん
      • 2016/09/06 12:34 PM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM