スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    真田の里、九度山に行こう。紀見峠の旅館

    あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:和歌山・高野山

     

    今回の九度山の旅にあたって、一泊した。

     

    宿舎は、九度山内ではなく、和歌山県橋本市と大阪部河内長野の県境にある紀見峠に位置する、紀伊見荘という昭和な感じの旅館。

     

    高野山付近には、すごく雰囲気のいい宿坊があったのだけれど、ちょっと高かったり、料理も大人好みのものが多く、子供連れだと食べるものがないだろうな、ということでここにした。

     

    この紀見峠。昔は高野山への参詣客が行き来してたとのこと。そして、九度山に幽閉されていた真田幸村が、夜中に九度山を脱出して、この紀見峠を決死の覚悟で越え、大阪城へと向かったとのこと。

     

    ネットを検索してると、九度山〜大阪城(約50キロくらいらしい)へウォーキングで向かうというイベントも過去に行われたこともあるらしく、知る人ぞ知る場所なんだろうな。。。あざらしは全然知らなかったけど。

     

    紀見峠は、南海高野線で、大阪から45分くらいの場所に位置する。

    この紀見峠駅から九度山駅へは、橋本駅で乗り換えが必要な電車に乗った場合は、大体30分くらいかかるんだけど、

    直通の電車の乗れば、20分くらいで行けるので、便利。


     

    紀見峠駅から紀伊見荘までは坂道登って大体徒歩4分程度とネットにありました。

     

    肝心の宿舎、紀伊見荘は、もともと国民宿舎かなんかだったらしいので、実はあんまり期待せず行きました。

     

    が、部屋に入ると…結構、広々した綺麗な畳の部屋で、新しかった。

     

    確かに昭和だ…でも、なんか懐かしい。。テンションあがった。

     

    しかも、高台に位置しているので、窓から見下ろす景色のよいこと。

     

    眼下の谷を南海電車が走っていく。。電車+踏切り好きなコアザラシは、文字通り小躍りして、飽きることなく電車が何本も通り過ぎるのを眺めておりました。

     

    夕飯時までにホテル内の温泉に、こあざらしと向かうと、その日は宿泊客が少なかったというのもあるかと思いますが、貸し切り状態。しかも温泉入りながら、眼下の南海電車を眺めていられる。レビューでも温泉の質への評価が高かったのですが、なるほど確かに。。

    しばらく貸切状態で、コアザラシがその浴場で泳いでいたのですが、別の人がようやく入って来たので、迷惑なので出ました。

     

    ホテルのレビューでは、布団を自分で敷くのが面倒だったと文句もあったのですが、アザラシたちは事前に知っていたので、まったく気にならず。子供はめちゃくちゃ喜ぶし、九度山へのアクセスもいいしで、コストパフォーマンス、満足度高かったです。

     

    最後に、九度山で有名なグラタンレストランで昼飯を食べて、帰りました。

     

    帰りは大阪の南海難波駅経由で。本当は、新大阪に向かうには、難波駅は遠回りでしたが、

     

    難波駅にはひとつ目的がありました。

     

    これ。南海ラピート!関空に向かう特急電車。

     

     

    コアザラシ、南海ラピートが大好きなのでした。

     

    ラピートのプラレールも持ってるよ。

     

    九度山の旅、おしまい。

     

     

     

     

    過去記事:

     

    真田ゆかりの里、九度山に行こう:有吉佐和子『紀ノ川』+慈尊院

     

    真田ゆかりの里、九度山に行こう:里の風景

     

    真田ゆかりの里、九度山に行こう:真田庵

     

    九度山駅、真田ミュージアム

     

     

    by カエレバ
    by カエレバ

     

     

     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        紀見峠、駅もこじんまりしてとっても風情があります。
        真田の地がここにも!
        紀伊見荘もよく見つけましたね。国民宿舎ならお財布にもやさしそう。

        そして南海ラピート!
        これはおチビさん喜びそう♪
        各地によって違った特急に乗れるのもうれしいですね。

        • oさん
        • 2016/09/08 8:23 AM

        多分今は国民宿舎じゃなくなってると思いますが、お財布にも優しく、でも、部屋内は新しく綺麗で広々で。窓から、民家がみえるんですけど、その中に、茅ぶき屋根のものもあったりで、その横を電車が走って、景色も良かったです。
        温泉がおすすめです。

        • あざらしさん
        • 2016/09/09 10:52 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM