『スーサイド・スクワッド』観た感想

洋画‐アクション comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

DCコミックファンでもないので、ハーレイ・クインの容姿以外に、あんまり見るべきとこがなかった。。

 

そのほかの役者さんも悪くない。

 

やっぱりシナリオがすごくまずいと思うんだ。

 

メンバーの紹介の仕方とかもっとスマートにできないもんかな…モタモタしてるし…

 

普通、なにか事件起こって、困ったことになった、どうする、ってとこから、ユニット結成ってなんないかな…アルマゲドンとかみたいに。(アルマゲドンが好物ってわけじゃないけど)

 

悪人を集めて運命を託したということなんだけど、全然悪人感が出てない。。。ウィルスミスが演じた役なんかすごい良い奴。

 

ちょっと設定を生かしきれてない。

 

昔見た、タランティーノ脚本で、オリバー・ストーンが撮った「ナチュラルボーン・キラ―ズ」を思い出してしまった。タランティーノの雰囲気だけ掬いとって、ものすごい真面目なオリバー・ストーンが撮った中途半端な映画。

(注:私は、タランティーノも嫌いでなければ、オリバー・ストーンも嫌いではありません)

 

もう少し、面白くなったと思うんだよな…DVDで充分でした。。

 

 

by カエレバ

 

 

 

by カエレバ
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM