スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『背骨コンディショニング』

    ダイエット comments(0) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:健康

     

    数年前から、身体のメンテナンスを心がけてる。

    座って書き続ける体力が弱って来た気がしてきたから。

    疲れやすい体だと集中力もすぐ途切れるし。

     

    長友先生の体幹トレやったり歩きはじめたり、なんとか疲れにくい体を手に入れたいのです。

     

    疲れやすい理由の一つに、自分の姿勢の悪さが絡んでいるのではないかと思い始めていました。

    (疲れやすさだけでなく、太りやすい体質は、体のゆがみが原因で、代謝が悪いというのもあるのではないか…と)

     

    ある時、整体にいったら、下半身の骨盤が右にねじれ、上半身が左に巻き込んでるとの指摘をうけました。

    それまではあまり意識してなかったのが、言われてみると、右の股関節全然開かない。

    左の肩も、ある一定の高さ以上に上がらなくなっている。

    ショックでした。

     

    いくら整体に通っても、自分で日々の生活習慣を変えない限り、またもとに戻ってしまう。。

    だから自分でなんとかやってみようと、色々本を手に取りました。

     

    体の歪みを直すには、まず骨格を支える筋力をつけること。これは、体幹トレでカバー。

    ストレッチなどで、骨盤を緩めること、元に戻すために少しずつ矯正すること。

     

    いろいろ手に取った中で、一番続いているのが、この本。

     

    ストレッチの種類が少ないので、絞りやすい。長続きする。

    で、実際、一番効果があった。

     

    寝そべってする上体倒し(本で見てください。言葉で説明するの大変なので)っていうのが、あるんだけど、それを続けていると、左肩、途中までしか上がらなかったのが、上まで上がるようになりました。

    右股関節も少し、開くようになった。

    ただ、左肩は上にあがるようになったけど、可動域を完全に回復はできてないけど。。

     

    それでも、随分マシになったな、と思っていた矢先…

    上から、こあざらしが、あざらしの完全に稼働していない左肩に、降って来ました。

    (ソファの下に寝転がってテレビ見てたら、こあざらしがジャンプしてきた)

    もんどりうちましたよ。。息できないかと思うほど痛かった。

    あまりの痛さにしばらくストレッチ、お休みしてました。

    またはじめないと。。ていうか、ここまで独力でよくやったけど、残りの可動域は、やっぱり整体師さんの力を借りないと無理かなとも思い始めてる。

     

    とは言え、結構いいです。背骨コンディショニング。

     

    日野秀彦 アチーブメント出版 2014-11-07
    売り上げランキング : 7244
    by ヨメレバ
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM