スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『疫病神シリーズ 破門』(ドラマ)の感想

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

     

    『破門』のドラマやっと観た。

     

    小説読んでめちゃくちゃ面白くて、ドラマもあると知って、みたいなと思っていた。

     

    だがなかなか見る機会がなかった。

     

    スカパーの連続ドラマだったらしいんだけど、小説の第一シリーズ『疫病神』と、直木賞の『破門』が映像化されたもの。

     

    もうね、キャスト、神がかってます。

     

    北村一輝と濱田岳のコンビの最高。

     

    二人のやりとりみてるだけで。ほんとニヤニヤしてしまう。

     

    ドラマの前半部分、『厄病神』のストーリー(こっちは未読です。。)だと思うんですが、

     

    結構、お金の行き来の話やら、複雑に絡み合った利害の関係性がめちゃくちゃ複雑で、理解するのに苦労した。

     

    なので、話を最初見失いかけたけど、二人のキャラクターの面白さと、

     

    とにかく、主人公がどんどん困った状況に追い込まれていくので、それだけでどうなるの?と

     

    気になって見てしまう。めちゃくちゃ面白いし、格好良かった。

     

    後半、『破門』の話に入ると、話がシンプルだし、前半部分で二人のキャラクターが出来上がっているので

     

    もっと面白くなりました。

     

    北村のキャラが後半部分は少し切ない感じになっていくのが、余計に深みでてきて…いいです。

     

    あとすごく勉強になったのは、一応、濱田岳が主人公で、北村一輝が、振り回す疫病神ということで脇役なんだけど、

     

    北村のキャラクターが脇なのに強烈なのです。

     

    で、そうなると、主人公の存在が薄くなってんじゃんとかなりそうなんだけど、

     

    主人公の濱田岳が、疫病神によってのっぴきならない状況に追い込まれて、

     

    だんだんそのヒリヒリする感じを味わうことで、生きてる実感を覚え始める。

     

    その覚醒する感じを描いていくことで、主人公は変化し、脇が強烈でも、ちゃんと主人公らしく見える、

     

    ということなのかな。

     

    ドラマこのあとの続編シリーズもでてるようなので、見ようと思う。

     

     

    by カエレバ

     

     

    黒川 博行 KADOKAWA/角川書店 2014-02-01
    売り上げランキング : 7312
    by ヨメレバ
    黒川 博行 KADOKAWA/角川書店 2014-12-25
    売り上げランキング : 168961
    by ヨメレバ
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        この人の作品は面白いですよね。
        大阪府警シリーズは原作読みましたが、疫病神シリーズは
        まだ『破門』だけ。
        それでも、このコンビのキャラが面白いし、絶対ドラマ化するだろうとは思ってましたが、キャスティング絶妙ですね。
        見てみたいです!

        • oさん
        • 2016/10/19 8:28 AM

        大阪府警シリーズも面白いんですね。読んでみます。

        確か、黒川博行さん、『ミステリーの書き方』で、セリフの書き方のコーナーで講義をされてた記憶があるんですけど、個人的には、プロット、登場人物をどんどん窮地に追い込むやり方とか、人間の欲望、嫌なところを書くのがすごくうまいなあと、思いました。

        いいですよ、北村一輝と濱田岳のコンビ。

        • あざらしさん
        • 2016/10/19 10:16 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM