『キングコング 髑髏島の巨神』(映画)観た感想

洋画‐アクション comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

(ネタバレ注意)

 

結構期待してたんだけどな。。

 

これ観るとどんだけ、ジュラシックパークの設定がよくできてるか、と、思ってしまった。

 

キングコングは恐竜ではないのだけど、巨大な怪獣が何種類も、でて来るという意味では。。

 

話の展開が最初からかったるい。。

 

髑髏の島に連れていく人間をリクルートするプロットがでて来るので、えーっ?リクルートしてから行くの?と思ってしまった。

 

みんながその島に入らざるを得ない設定にできたなかったのかなあ。。

ジュラシックパークは、研究者と、パークの来園客が既にそこにいて、恐竜見ながら、登場人物の説明めしていくから、話が早かったもんだから。。

 

結構、期待してたんだよな。前作の、ナオミワッツが出てたキングコングが思いの外面白かったもんだから。。前作は、ナオミワッツのヒロインの話がすごーくよく、時代設定も生きてて、ほんと映画としてよかったんだけど、今回は少し乗り切れなかったかなあ。

 

こんなことなら、髑髏島じゃなくて、3月のライオンに、すればよかった。

最近、頭が疲れてたから、なんも考えなくていいアクションにしよと思ったんだけど、逆に消化不良な気分抱える羽目になっちゃった。

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM