『3月のライオン』前編(映画)観た感想

邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

最近のコミック原作の実写化って、一昔前に比べて、ほんとに丁寧に作っているなあ。。

 

漫画は全然読んでないけど、ちゃんと実写の映画として観れる。

 

まだ前編なので、話がそこまで動いていない感じだけど、映画後の予告編見て、俄然後編も観たくなった。

 

神木くんがいいのは当然として、佐々木蔵之介…

 

超高速参勤交代でも思ったけど、観る前は、佐々木蔵之介かあ…とか思うんだけど、映画で動いている佐々木蔵之介を見ると、めちゃくちゃ格好よく見える。

 

キャラクターの造詣もいいのかもしれないけど、佐々木蔵之介演じる島田さんというキャラの格好いいこと。めちゃくちゃ魅力的なんだよな。いやあー、ほんとに佐々木蔵之介がよかった。

 

というか、もしかして、キャストした方も、そこを狙って佐々木蔵之介を配役したんじゃないかというくらい。

 

島田さんのキャラクターは、一見、地味な印象なんだけど、実際向き合ってみると、すごく深みがあって、懐が深い。

向き合ってみなければ体感できない。個人的な印象だけど、参勤交代の佐々木蔵之介とすごく被る。

 

前編は、まだちょっと動ききってない感じだけど、後編、すごく楽しみ。

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧

    最近の映画、前後編にわかれてるの多いですよね。
    将棋ネタ最近多いなぁと思いながらも、評判いいので
    観たいと思ってます!
    佐々木蔵之介が出てるんですね。どんなふうなのか楽しみです。

    • oさん
    • 2017/04/03 8:21 AM

    まあ、まだそこまで話が動いてるわけでないのですが、後編が楽しみです。

    佐々木蔵之介がすごくよかったです。

    • あざらしさん
    • 2017/04/05 3:01 PM
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM