『GARMIN (ガーミン)活動量計 ライフログリストバンド』 ウェアラブル端末を買ってみた

ダイエット comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:健康

 

仕事しながら、創作、3月はひと際忙しく……ほんとしんどかった。

 

一日中椅子に座って書くのってほんと体力勝負。

 

青木功が前に、心技体じゃなくて、体技心の順番だって言ってた記憶があるけど、ほんとそうだなと思う。

 

ほんと筋肉、体力ないと、気力が続かない。

 

体がキツイとなってくると、いいアイデアも浮かばないし、集中できないし。。

 

サッカー日本代表の長谷部が『心を整える』という本で、言ってたように、心を整えて出来る限りベストな状態でパフォーマンス発揮できるようにしたいなあと。

 

というか…そうじゃないと、鬱っぽくなってきて…つづかないのよ。。自律神経整えとかないと。

 

武井壮が陸上競技で記録を伸ばすために、体温やら、心拍数やら、その日の湿度やら、もちろん記録やらを毎日記録してベストコンディションを整える、というのをやってたというのを聞いて、へえー、試してみよっかな、とか思ってた。

 

それで、活動量計、ウエアラブル端末というのがほしくなりました。まずは自分を知ること。

 

色々探して、値段的に手頃なのを買う。

 

時計代わりに使えるの。

 

一番知りたかったのは、睡眠深度というやつ。

 

自分の眠りの深さ、浅さを、多分脈拍とかから測るのかな。。

 

あと、心拍数、階段の昇り降り、消費カロリー、歩いた歩数、距離なども身につけとくだけで、記録とれる。

 

アプリと連動して、ブルートゥースでデータ送信され、スマホやパソコンと同期され、記録を確認できる、という代物です。

 

早速測ると自分の眠りの浅さに愕然。。

 

浅い眠りーレム睡眠、

 

深い眠りーノンレム睡眠が

 

周期的にやってくることになってるんだけど。。

 

1ヶ月くらい測ってみて平均値、

 

あざらしの、全睡眠時間にしめる、それぞれの割合、

 

浅い眠りが、約68%

 

深い眠りが、約28%

 

残りは途中出目がさめたりしてる時間。

 

眠り浅過ぎ!

 

まあ睡眠時間自体はちゃんと取るようにしてるから、睡眠不足ではないんだけど、深く眠れている時間が圧倒的に少ない、気がする。。

 

ネットで理想の割合を検索した。

 

どれくらい深い眠りがあれば健康的なのか。

 

でも、睡眠には個人差があるので、これだ、とはっきり書いてくれてない。

 

どこかで、やはり理想なのは、健康な人はノンレム睡眠の割合が多い、とか書いてた。そこが知りたいのに。。どれくらいが理想なの。。

 

でも、なんとなく自覚はあった。高校生くらいの頃から、、結構どこでも眠れる、朝に強い、という、自信があったんだけど、一方で、授業中よく寝てたし、部活のミーティングが長引くとコクリとすることがよくあった。あのときはの緊張感ない、とか怒られたりしたけど。今考えると、もしかして、自分の睡眠の質が良くなかったのが原因なのではないか。。

 

などと、思い始め

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧

    ご存知かもしれませんが、ケラさんが高校生のためのシナリオ教室を
    開催予定。大人も聴講できるみたいですよ。

    • しまねこさん
    • 2017/04/17 3:26 PM

    そんなシナリオ教室が、、。全然知りませんでした!
    面白そう。チェックしてみます。
    情報、有難うございました。

    • あざらしさん
    • 2017/04/17 6:00 PM
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM