日光の旅2 日光東照宮 陽明門

あざらし的散歩・街角写真館 comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:国内小旅行

 

日常に我慢できなくなって衝動的に旅立った4月初め、日光はまだ寒かった。

 

なんやかやと忙しいのが続き、ようやく4月初めの出来事を書いてるありさま。GW前だというのに。。

 

東日本育ちではないので、日光とは縁遠く。。

 

こっちで生まれ育った人は、小学校の修学旅行やらでいってたりして、ふーん日光ね、みたいな人もいるんだけど、関西のうちの親なんかは、日光死ぬまでに一度は、行っておきたいみたいな感じで、へーそーなんだ、と驚いたことがある。

あまりにも、猿軍団の印象が強くて。。

 

で、数年前にその親がこっちに来るので、あざらしも初めて日光行った。

 

そのときは、残念ながら、東照宮の陽明門が、改修工事の真っ只中で、見ることできなかった。

 

今回、とうとう陽明門を拝んたのでした。

 

日本史の文化史で、陽明門でて来るよな、とか思いながら、綺麗でした。

 

とはいえ、ゆっくりみたいんだけど、3歳のこあざらしが、ちょこまかちょこまか動き、途中歩くのを拒否しだしたもんだから、抱っこ抱っことなり。。

 

ほとんどゆっくり味わうこともできず、。

 

まあ、見れただけでもよしとする。

 

 

実は、意外に一番印象に残ってるのは、宿泊先の日光ステーションホテルクラシックの、ビュッフェ。

 

前回も、急遽決めた旅だったので、鬼怒川あたりに部屋が全然取れず、たまたまあいてたのが、JR日光駅まんまえの、それほど、高くないそのホテルでした。

 

そのときはも、あれ料理うまい?とか思ったんだけど、あざらしの親は、もともと高価なお口はしておらず、レストランの良し悪しを吟味できるタイプでめなく、なんでも美味しい美味しいなので、またあざらし、自分の舌も自信ないので、うまいよな。くらいだったのですが、今回、妻ラッコも、料理がすごく美味しかった、というのを聞いて、あーやっぱり美味しかったんだ、と、再認識したのでした。

 

ホテルの値段と、いつもギリギリでも、部屋あいてるので、ちょっと舐めてたけど、ほんと料理うまいんだって。

 

とは言え、ホテル関しても、綺麗で、温泉もあって、こあざらしも、ちょっとした露天風呂で泳ぎまくり、

満足なのでした。

 

日光東照宮行くには、駅前なのですごーく便利だし、なんで、ギリギリでも部屋取れるんだろ。

 

鬼怒川のホテルの方がやはり、風情を感じるので、そっちがいいと、みんな向こうにいくのでしょうか。

 

日光周辺初心者なので、詳しくないんだけど。。

 

ホテルは、雰囲気もよく、フロントに立派なお雛様が飾ってたりして、目を楽しませてくれました。

 

 

こんな感じ。

 

 

あんまり、こんな立派なお雛様見る機会もなくなったなあとか思いつつ。

 

急遽ホテル探して、鬼怒川あたりに見つからない人には結構、値段的にもありがたいホテルです。

 

日光ステーションホテルクラシックのビュッフェ、美味しいから。

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM