『溺れるナイフ』(映画)に中上健次のにおい

邦画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

最近、映画を全然見れてないので、反省。

 

もっとたくさん見なきゃ、と思うんだけど、なかなか時間が取れない。

 

劇場にさえ入ってしまえば、誰からの邪魔をうけることもなく、とりあえずその時ばかりは映画に集中できる。

 

ということで、どうしても、今やってる映画で、選別して見ることになる。

 

よっぽど見たいという映画でない限り、昔みたいに、遠くのミニシアターに出かけて、、という贅沢な観方ができなくなったし、DVDを5枚千円で借りて、一週間で見ます、みたいなこともできない。。

うちのテレビは三歳児が見るEテレの子供番組に占拠されていることもあり…朝のニュースだけは、朝はニュースの時間と言い聞かせて、何とか死守している。。

 

そんな中でも、やっぱりDVDでも借りてみないとなと、借りてくる。

(Huluも、全然見る暇がなくなって解約して久しいです)

 

色んな映画の予告編見てて、小松菜奈の容姿、ひとりだけ、日本人離れしてるなあと、思ってたけど、今回は地方に住む、そういう綺麗な容姿を持った女の子、という設定なので、ぴったりだ。

 

映画を見てて、ふと気になったところがあった。

 

『溺れるナイフ』に出てくる火祭りの設定と、菅田正輝が演じる、地元の有力者の息子で神をも恐れぬ無茶苦茶なコウちゃん…というキャラクター、見てて、どこかで中上健次の『火祭り』という小説が頭に浮かんできた。

(中上健次の『火祭り』って小説、すごく好きなので。。)

 

自分と同じふうに感じている人がもしかしているんじゃないの?とググってみたら、

 

やっぱり。。。こんなニュース記事を見つけました。

 

原作ファンの芥川賞受賞作家・村田沙耶香、『溺れるナイフ』愛を語る

 

原作者のジョージ朝倉さん、中上健次に影響を受けてこの作品を描いているって。。

 

ていうか、和歌山県の新宮市で撮られているし、脚本は井土紀州さんだし。。

 

どうりで、中上健次が匂いたつはずでした。

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM