『22年目の告白 ― 私が殺人犯です』(映画)

邦画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:邦画

 

ストーリーのアイデア、面白い。

 

演出も、暴力シーンとか抑え気味でこういうのはいいなあ。

 

韓国映画のリメイクということらしいけど、そっちの方は未見。

 

ぜひ見てみたいと思った。

 

 

<ネタバレ注意: まだ見てないひとは気を付けてね>

 

 

 

辻褄あってないわけじゃないけど、ストーリーの途中の意外性の部分から逆算して、

 

たぶんそこを意識しすぎたからかもしれないけど、藤原竜也が、最初に殺人者だと名乗りをあげてから、その信ぴょう性を疑う声が全く上がらず当然のこととして受け入れられているのが、気になって仕方がなかった。

一応、藤原竜也の言うことに信ぴょう性がある、となったうえで、やっぱり、新たな真相が…みたいな流れにもっと乗れたかも。。

ただ、まあ、そこに時間を費やすとモタモタするかな……

 

クライマックスに向かう前に、犯人がわかってしまった。。これは尺的な関係で言うと、そこから新しい登場人物を出すことは不可能だから、となるともう、あの人しかないな…と。

 

 

それでも、ある意味、今までと違ったバディものが見れた気がしました。

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM