『暗殺者、野風』(小説) +『秀吉を討て』(小説)感想

本・読書 comments(0) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:読書感想文

 

時代(歴史?)小説も、色々と読んでおこうと、二冊の本を手に取る。

 

どちらも竹内涼さんという作家が書いた小説。

 

一つは、紀州の根来衆(根来寺の僧兵たち)や雑賀衆と、秀吉との戦いを描いた『秀吉を討て』という小説。

 

根来衆と雑賀衆は、どちらも大量の鉄砲を抱え、鉄砲を扱う技術も高かったので傭兵勢力として色んなところに顔を出していたらしい。(雑賀衆では、司馬遼太郎の『尻くらえ孫市』というのが雑賀孫一を描いた話が有名)

 

根来衆については、あまり知識がなかったので、詳しく知るという意味では興味深かった。

 

 

けど、断然面白かったのは、ストーリー、キャラクター共に、新しい作品の『暗殺者、野風』の方。

 

暗殺者、野風。戦国時代の傭兵の話。どこの大名傘下にもはいっていない、刺客を輩出する隠りの里から、めちゃくちゃ強い、女傭兵、野風が、上杉謙信暗殺を請け負う。謙信はちょうど武田信玄との間で川中島の戦いを行うという状況で。

 

野風のキャラクターが、ストイックで、切ない感じで、謙信を守る多聞衆との闘いも緊迫感がはんぱない。

 

『暗殺者、野風』は、最近読んだ中では、断然面白かった。おすすめ。

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM