スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『ツィゴイネルワイゼン』(映画)感想

    邦画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:邦画

     

    ヘンな映画…でも面白かった!

     

    鈴木清順監督、『ツィゴイネルワイゼン』

     

    1980年の映画。

     

    もう十年以上前に観た。

     

    その時もヘンな映画だなと思ったけど、引き込まれて…。

     

    北千住のブルースタジオで、鈴木清順の浪漫三部作の上映をしていて、その第一弾がツィゴイネルワイゼン。

     

    嬉しくなって、三部作全部見たいなと回数券まで買ってしまった。

     

    でも、ちょっと不安でした。。

     

    もう一度見て、果たして面白いと思えるのかどうか。。

     

    見てみて……わけわからん…けど、やっぱり面白かった!

     

    原田芳雄格好いい。。

     

    若い時の大谷直子ってこんなに綺麗だったんだ…ていうか、めっちゃ演技上手い。

     

    アートっぽい、脈略ない、系の映画だと思い込んでたけど、今回見直して、実は画力とか映像とかの不思議さ以上に、ちゃんとドラマ的要素があって、それに引き込まれた。

     

    主人公の男は、どこかで自分を真面目で面白みのない男と思っている。

     

    それと真逆なキャラクターが、原田芳雄が演じる、豪放磊落な破天荒な親友。

     

    主人公は、どこか原田芳雄演じる親友の、常識にとらわれないその性格に、あこがれのような羨ましさのようなものも感じている様子。

     

    親友がどんどん、主人公がいいと思う女を取っていってしまう。しかも、ある時から、自分の細君にまで手を出しているのではないかという疑念に駆られる。

     

    脚本は、田中陽造さん。『ヴィヨンの妻』でもうまいなあと思ったけど、『ツィゴイネルワイゼン』は、内田百里痢悒汽薀機璽討糧廖戮魏蕊澆にしているらしいけど、他の色々な短編を組み合わせて、脚色しているらしい。

     

    元になった小説は読んでないけど、色々な短編をつなぎ合わせるってだけで、ともすると筋の通ってない話になってしまったり、脈略なくなったりしまうものだから、難しかっただろうな、、。

     

    すごく楽しめた。2017年8月8日(火曜日)まで、北千住のブルースタジオでやってるよ。

     

    8月9日(水曜)〜、同じく鈴木清順監督の、『陽炎座』です。

     

    一応、それも観に行く計画。

     

     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        『ツィゴイネルワイゼン』鈴木清順監督の名作ですね。
        観たいと思いながら未見です。
        キャストもそうそうたるメンバー!
        そして、脚本田中陽造だったんですねー。
        そりゃあ、名作になるわけですね。
        うーん、、、こういう作品こそ映画館で観たいです!
        北千住、さすが!

        • oさん
        • 2017/08/07 8:20 AM

        あ…でも、評価は分かれると思います。
        たぶん、わけわからん、つまらん、という人もいるかと。

        • あざらしさん
        • 2017/08/07 3:24 PM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM