『エイリアン・コヴェナント』(映画)感想

洋画‐SF comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

いっぱい良さげな映画やってる中で、なぜかエイリアンが無性に見たくなって。。

 

たぶん、今秋、『ブレードランナー』の続編やるからわ予告編かなんか見て、リドリー・スコット熱が高まっていたのでしょう。

 

エイリアン・コヴェナント、恥ずかしながら、『プロメテウス』の続編だということに、あとから気づいた。

 

コヴェネント見る前に、プロメテウス見たほうがいい、と、書いてるサイトが多かった。けど、プロメテウス見ずに、コヴェネント見てしまった。

 

それでも、面白かった。

 

エイリアンは、1〜4まで見てるんだけど、もちろん、1、2が特に好きで、それでも、個人的には、3からは、ちょっとまあ、そこまで気持ちGa入らなくなっていたけど、今回、コヴェネント見て、えーなに、ちょっと話が、すごく神話的要素とか哲学的要素がいっぱい入ってきて、単なるホラー的ものとは違う感じで、めちゃくちゃ面白かった。

 

ヤフー映画の評価などをみると、星数が高くないんだけど、映画として、スケール大きくて、すごく楽しめた。

 

最近のSFものって、最後の90分もしくは全編クライマックスみたいな作りのもが結構あったりするけど、ああいうの苦手。

ホラーにしろサスペンスにしろ、やっぱりそこに行き着くまでの静かに進行していく、過程が、寧ろ好きで、そこを取っ払って、山ばっかり作っても、ひたすらアクション見させられてる感じで、疲れるんだよな。

 

だから、プロット構成含めて、丁寧に作ってる感じが、すごく好感持てる。でも、リドリー・スコット、ほんと結構な年齢のはずだけど、映像も全然古臭く感じない。。

 

まあ、ブレードランナーについて、監督ではないみたいだけど、楽しみ。

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      これはやっぱりホラーなんですよね。
      ホラーが苦手で・・・
      エイリアン=ホラーと遠ざけています。
      けど、哲学的かつクライマックスに向けて丁寧につくられているとこに
      好感がもてます!
      でもやっぱり、シリーズものだからすべて見るほうが深く楽しめるんでしょうねぇ。

      • oさん
      • 2017/09/26 8:13 AM

      見てみると、やっぱりちゃんとした映画なので。色々と学ぶことも多いです。面白いんですけどね。
      とは言え、エイリアンシーンは、ホラー苦手なひとには、やっぱキツイんでしょうかね。

      • あざらしさん
      • 2017/09/26 4:50 PM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM