もう一回、走れるカラダになる!!

健康・自律神経を整える comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:健康

 

7月終わりから、走り始めた。

 

と言っても、週1回の時もあれば週2回の時もあるけど、今の自分にはそれが限度。

 

他の日は、休んだり、ウォーキングしたりしている。

 

正直、走るつもりなんて全然なかった。

 

むしろ、ウォーキングの方が、健康的くらいに思ってたから。

 

だから、何年か前から、ウォーキングしたり、長友選手の体幹トレしたり、ヨガしたり。

 

過去記事:

 

おすすめダイエット:サッカー日本代表・長友選手の体幹トレ本、あざらしの利用法 

 

『長友佑都のヨガ友(トモ) ココロとカラダを変える新感覚トレーニング』を買う

 

 

体幹トレを始めたのは、一日机に向かうことが多いので、左肩が痛くてあがらなくなったことに気づいことがきっかけ。

 

整体師に見て貰ったら、一時的に痛みは緩和されて、少しあがったりするようになるけど、結局はまた戻る。

 

問題を抱えてるのは、左肩だけじゃないことに気づいた。

 

左肩とクロスして連動している右の股関節が全然稼働していないことにも気づいた。

 

上半身が左にねじれ、下半身は右にねじれてる…

 

だめだ、整体師なんか行っても一時的だ。

 

生活習慣を変えない限りは、筋肉つけないかぎりは、姿勢を綺麗に保てないので、結局はすぐ逆戻りだ。。。

 

それでウォーキング、体幹トレとかするようになって、サボったり、頑張ったり2年くらいたつけど、随分改善はされている。

 

されていたし、実際されているんだけど、「脳を鍛えるには運動しかない」という本を読んで、衝撃を受けた。

 

過去記事:『脳を鍛えるには運動しかない!』

 

 

脳の働きを良くするには、それなりに強度を伴った運動が必要なんだ…

 

そんなおり、周りの友人が数人、走り始めて、レースなんかも出ているのを見て…

 

羨ましいな、もう一回、走れるようになりたいな、と思い始めました。

 

走り始めてみると……予想以上に走れない。

 

膝に鎧をつけて、走っているかの感覚。重い。。

 

たぶん、昔、長距離得意だった分、余計にその時の感覚とのギャップが余計にずしりと重みを感じるのでしょう。

 

だから、走ると言葉でいっても、ほとんど、早歩きのスピードで、超スローなジョギング。

 

少し走っただけで、ぜえぜえハアハア。。

 

愛用しているガーミンで、心拍数を見ると、バクバク上がってる。。

 

何回か走っている間に、すぐ4、5キロ止まらずに走れるようになった。

 

やっぱり体は覚えてるんだな。。このままいけば、来年5キロレースとか余裕で出れるじゃん。

 

とか調子に乗ったのがまずかった。

 

右ひざ外側が痛くなってきた。決まったように2キロほど走ると痛みが襲ってくる。

 

ネットでいろいろ調べていると、おそらく股関節が固く、また腸腰筋が弱いもんだから、膝に、負担がかかって、炎症を起こしているっぽいことがわかってきた。

 

走り出して、自分の体がひどくまずい状態であることを余計に突きつけられている。

 

ここへきて、数年前に気づいた右の股関節のゆがみやら、左肩あがらんようになってたことが、少しは改善したとは言え、このままではいけないぞ、と、走ることで全部つながった! 気づきのカタルシス。。とか、喜んでる場合じゃない。

 

とにかく、膝が痛くなってから、改善に取り組んでおります。

 

ということで、もういっかい走れるカラダになるぞ、プロジェクト。始動です。

 

で、いまここ↓↓

 

読んで試してます。

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧

    私も[運動は脳にいい!]とアドバイスされて、ジムに通っています。
    脳にいいかはわかりませんが、爽快感はあります。

    • しまねこさん
    • 2017/09/29 8:22 PM

    お、ジム通ってるんですね。
    私も、泳いだり、ジム行ったり、歩いたり、体幹トレしたり…いろいろ飽きないように試してます。
    まだ物忘れがひどいので、脳にいいかはちょっとわからないですが、爽快感はありますねえ。

    • あざらしさん
    • 2017/09/29 11:16 PM
    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM