『虎の牙』(小説)

本・読書 comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:読書感想文

 

武田信玄一代前の、甲斐の国を舞台設定にしたところが面白いし、

 

信玄の父、信虎の謎の弟(山の民として育てられた)と、別の国で罪を犯して流れ着いた信胤が、『呪い』を背負いながら、信虎を支えていく、という話。

 

山の民として育てられたところから突然、武士になって、というキャラクターが新鮮。

 

ちょっと粗削りな感じがしないでもないけど、合戦シーンが迫力あって、引き込まれる。

 

作家さんの次回作とか読んでみたい。

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      合戦シーンを迫力ある勢いで描けるところに実力を感じますね。
      あまり聞かない作家さんだけど、時代モノの世界では有名なんでしょうか?

      • oさん
      • 2018/02/13 8:17 AM

      私もそんなに時代モノ詳しくないのですが、日経だったか、朝日だったか、年末だったか、年始だったかも忘れたんですが、色んなその道の方々が今年読んだ本でどれが面白かったかで、たまたま2人の人が一位にあげていて。その感想読んで、『忌』とか『穢れ』とかを題材にした時代モノで、武田家の話と聞いて、お?面白そうじゃん、と思って読んでみました。
      作家さんは新人らしいので、これからの人ではないかと思います。
      合戦シーンの肉薄する感じが『戦場』の怖さってこうだろうな…と思ったりしました。

      • あざらしさん
      • 2018/02/13 10:22 AM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM