『ヒトラーの贋札』(映画)

洋画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

戦争ものでも、収容所でニセ札を作るという切り口が面白い。

 

これも現在(厳密には戦後すぐ)から過去を振り返るという構成。

 

途中で現在に行きつ戻りつではなく、冒頭と最後の現在で回想をサンドイッチみたいに挟むやり方。

 

主人公のしたたかに生きていく感じがいい。

 

ああいう状況下では主義主張より生きてこそだものね。

 

面白かったのだけど、「現在」がもっと生きていれば、もっと引き込まれた気もする。

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      回想形式って、どうしても過去を描くから、
      現在を魅力的に描くのは難しくなりますね。
      どっちもって、成立している映画があったら、すごいんだろうと思います。

      • oさん
      • 2018/05/24 8:21 AM

      そうですよね…無理やり現在にしてもとも思うのですが、やっぱり感情移入の度合いが減るんでしょうかね。。

      • あざらしさん
      • 2018/05/24 2:30 PM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM