スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『ボヘミアン・ラプソディ』(映画)

    洋画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

     

    Anybody find me somebody to love♫

     

    あがった。

     

    切なかった。

     

    ボヘミアンラプソディ観てきた。

     

    (以下、ネタバレ注意で)

     

    フレディ・マーキュリーの後ろ姿が映る冒頭からウルウル来てしまった。

     

    だってもうこの人は、もう世の中にいないのだから。

     

    クイーンの曲は、学生時代、ほんと何度も何度も聞いたから、曲がかかると自然と口が動いてしまいました。。

     

    当時はヘンな歌詞だなと面白がってただけだけど、今回映画観て、、そういう心情が込められていたのか。。と。

     

    だから、映画の冒頭、Somebody to Loveから始まるのは、すごく象徴的というか。

     

    映画のテーマが、フレディマーキュリーの、Somebody to Love を探す旅だと考えると、本人が気づいてからは、その曲はやっぱりかからなかったのが印象的でした。

     

    だから、途中、自分を見失って自堕落な生活を、送っていたときに出会ったハットンとのくだり、、それほど時間は割かれてないけど、すごく印象的でした。

     

    自分を見つけられないことには、Somebody to Loveは見つからないのでしょう。

     

    今年は、ほとんど劇場で映画を見ることができなかったから、大して本数見れなかったのだけど、見た中では、断トツ良かった。

     

    自分の中での今年ナンバーワンでした。

     

     

     

     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        私も今年のベスト1です!
        なんども泣きそうになるほど感動の波!
        名曲の生まれる瞬間とか、歌詞の意味とか、切ないし、
        いろんな意味でよかった!

        • oさん
        • 2018/12/06 8:23 AM

        高揚感も感じつつも、切ない。
        いい映画でしたね。
        家に帰ってから、ユーチューブでクイーンばっかり聴いてました。

        • あざらしさん
        • 2018/12/06 9:46 AM
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM