『アイ、トーニャ』(映画)

洋画‐ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

JUGEMテーマ:洋画

 

子供の習い事、めちゃくちゃお金かかる。

 

経済的に余裕がないと、結構しんどい。。

 

それが、ただの習い事じゃない。フィギュアスケートなんだからなおさらだ。

 

貧困でも、途中シングルマザーになっても、娘をスケート選手にしたい一念で、裕福と思われる子たちの中に、ねじ込む…

 

そこのミスマッチからして映画的だ。

 

でも、これが実話をもとにした話なんだから、余計にドラマチックで。。

 

当時、トーニャ・ハーディングといえば、世界中を敵にし、指さされて笑いものにされて、今でも、オリンピックが近づいてくると、衝撃ニュースみたいなところで再現フィルムが流されたりする。

 

映画がいいなと思うのは、世の中の視点とは違っているところ。

 

トーニャ・ハーディングの育った環境が予想以上にぶっとんでる(親から恋人からもDV受けて)んだけど、コメディっぽく描いてて、ハーディングも周囲の人たちも、みんな無茶苦茶なんだけど・・・そのうちハーディングが可哀そうになってくる…

 

まあ、身近にいたら、大変だとは思うけど。。いい映画でした。

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      トーニャ・ハーディングの半生?ですかね。
      確かに、あのオリンピックの靴ヒモや、その後の事件が衝撃的すぎて
      ダークなイメージが残っていますが、、、
      映画になっていたんですね。
      しかも違った視点から?しかもコメディ?
      すごく興味わきます!

      • oさん
      • 2019/02/12 12:58 PM

      まあコメディというわけではないんですが、笑いとともに悲惨な状況が描かれてて、なんだか切ないです。ハーディングが可愛そうになってしまいました。

      • あさらしさん
      • 2019/02/14 9:54 AM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM