『男はつらいよ お帰り 寅さん』(映画)

邦画‐コメディ comments(2) - あざらし

JUGEMテーマ:映画

 

今更ながら、寅さん。昨年12月、葛飾区亀有の映画館では、『男はつらいよ お帰り 寅さん』に先駆けて昔の映画を上映していました。

 

 

 

 

 

見てみたいと思っていたけど年末のバタバタで結局観ずに終わりました。

 

年が明けた1月、『お帰り寅さん』見ました。

 

恥ずかしながら寅さん、初めてちゃんと見た。テレビなどでちょこちょこやっているのを目にしてもストーリーを最後まで見たことはありませんでした。

 

今回、お帰り寅さん、確かにいっぱいツッコみどころはある。

 

今時の高校1年の女の子は、そんな喋り方せんだろ、布団ででんぐりがえしせんだろ、と違和感はありつつも許せるのは、冒頭の桑田佳祐の歌が、寅さんの世界を覆う膜というかドームの浸透圧に調整してくれる感じで、切り替えをさせてくれる役割を果たしているからかな。

 

映画自体も、結構面白かったです。

 

現在と過去回想のカットバックで進んでいくんだけど、過去の寅さんの映画のコンピレーションが古いんだけど、今では年老いてしまった人、中にはもうお亡くなりになっている役者さんも当然いて。でも、そこに映る女優さんやら役者さんたちがまだ若くて、はっと息をのむくらい瑞々しい事実に、それだけでも、すごく切なくなりました。

 

それに昔んお寅さん映画のセリフ回しがテンポもよく面白かった。いくつか見てみたいなあと気にさせられました。

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      亀有でこんなステキな企画があったんですね。
      往年のファンにはたまらなかっただろうなー。
      新作はまだ観てませんが、過去に父に連れられてよく映画館で
      観たものでした。懐かしい!

      • oさん
      • 2020/02/26 8:18 AM

      なんてったって、葛飾区でお膝元ですからねえ、やらない手はないですね。
      寅さん初体験でしたけど、面白かったです。

      • あざらしさん
      • 2020/02/29 6:01 PM
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM