信楽の旅2

あざらし的散歩・街角写真館 comments(2) - あざらし

2年前の信楽への子連れ取材旅行。

 

せっかくなので、陶芸体験を親子揃って申し込んでいた。

 

でも、車がないので、焼き物の資料館的なところを回って、途中で気づいた。

 

今から、5歳の子供連れて、予約していた登り窯を再利用したカフェまで歩いて移動するの無理だ。しかもその日は暑かった。

泣く泣く電話してキャンセルを入れた。

 

でも、どうしても登り窯跡だけは見たかった。そこで前回記事の写真にある登り窯に足を運んだのだけど、体験教室やってた。

ダメ元で、予約してないけど子供と一緒にできますか?と訊ねたら、その時間はたまたま空いていたので、いいですよ、と。

よかった。ラッキーでした。

 

さて、なんとか飛び入りできたはいいけど、果たしてコアザラシくん、上手く出来るのか…、という父・あざらしの心配をよそに、陶芸の先生がこねてくれた粘土に、黙々と車のスタンプで模様付けしてる。

 

父「何それ?」

子アザラシ「渋滞」

父「---」

 

車のスタンプがラーメンの模様みたいに連なっているのは、交通渋滞起こしてるということらしい。

 

まさか交通渋滞が焼き物のモチーフとして放り込んてくるとは!

 

と、人のこと構ってる場合じゃない。

作らなきゃ。細いヒモを何本も作って、重ねていく。これでも、子供のころ粘土細工が得意で、中学の時なんかは紙粘土の造形で成績5だったのだ。でも、あれ、なんでだろ。。

 

と言う間に、二人とも完成。

 

それに先生が色付けして、あとで窯で焼いてくれる。焼きあがったら、自宅の住所に送ってくれる。

 

そして、出来上がったものが、これ。

 

 

土器ではありませよ。焼き物です。

そしてもう一つがこれ。

 

 

さて。どちらが大人が作ったものでしょうか。

 

 

土器みたいなマグカップが…わたし作。

陶芸家さんが作ったみたいなのが、5歳コアザラシ作。

言い訳すると、そもそも初心者にはマグカップはハードルが高いらしい。

お皿はそれなりに様になるのだと渋滞文様の粘土に、先生が魔法の粉をふりかけたら、ミラクルが起こったというわけです。

ちなみに、あざらし作品の信楽焼きもどきのマグカップは、現在使われておりません。

一方、コアザラシ作、渋滞文様お皿は、カレー皿としてバリバリ現役で、コアザラシのお気に入りとなっています。

 

と、焼き物教室が終わったところで、カフェスペースでティータイム。

 

信楽焼きで作られたお皿とコーヒーカップで、抹茶ロールケーキとコーヒー。アイス。

 

 

 

コアザラシと一緒にいただきました。

 

なんとも贅沢なひとときでした。

あのカフェもういちど行きたい。

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      信楽で陶芸体験!!
      なんてステキな経験!!!
      コアザラシくんのお皿、渋滞のクルマがオシャレな模様に変身ですね。
      色は陶芸家さんのセンス?
      マグカップは確かに難しそうです。。。

      • oさん
      • 2020/03/11 8:11 AM

      子供のが思いのほか、芸術的に仕上がって、びっくりしました。陶芸の先生すごいと思いました。

      マグカップは…自分でつくっといてなんですがほんと使いづらく。食器棚スペースを無駄に占領しています。でも捨てるに捨てれないもどかしさ(笑)

      • あざらしさん
      • 2020/03/18 8:42 AM
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM