『JAWS ジョーズ』 やっぱ面白い

洋画‐アクション comments(0) trackbacks(1) あざらし

久しぶりにスピルバーグ監督のジョーズをテレビ東京お昼のロードショーで見ました。

何で今更ジョーズ?とお思いでしょうが、何度見ても面白いから。

テレビでやってるとつい見始めて最後まで見ている、そんな映画。

だからあえてDVD借りるまでもないと思いがち。

そんなことはない。

子供のころはサメが怖くて、モンスター映画というかパニック映画と思ってました。

この映画のせいで、あざらしは海の近くに住んでいたのに

中学生くらいまで海に入るのが怖くて仕方がなかった。


でも…大人になって見ると、ただのパニック映画じゃない。

ほんとにお話がよくできてます。

前半は、サメをなかなか見せない。

それがサスペンス効果を生みます。

ニューヨーク州ロングアイランドのどこか、

夏の海開きで観光資源をあてにしている小さな町という設定。

サメ騒ぎなんかがあると商売あがったりです。

地域の経済とビーチの安全性、どちらを優先させるかの対立構造に主人公の警察署長は板挟みになります。

後半は、もちろん巨大サメとの格闘が展開されるのですが、船に乗る3人の登場人物のキャラクターがすごく面白い。

一人は主人公の署長、一人は世間知らずのサメの学者さん、もう一人はエイハブ船長ばりのこわもてのサメ退治のプロ。

学者さんとサメ退治が自分の『古傷』を見せっこしながら、武勇伝を競い合う中、主人公は大海原では何の取り柄もない。

その対比がすごくいいんです、そしてそこには皮肉も込められています。

これぞキャラクター付けのお手本、大好きなシーンです。

地上波で見るのにぴったりの映画、として紹介したかったんですがとんでもない。

DVDで見直す価値はあると思います。

気がついたのですがお昼のロードショーで放映されていたジョーズ

結構カットされていました。

あざらしの好きなあのシーンもサメ退治の古傷のシーンはあったものの、

確か学者さんの武勇伝のシーンはカットされていた気がする。

だから、あざらしとしては、TSUTAYA DISCASでみる名作のカテゴリにいれたい映画ですね。


 

安い!見つかる!古本・CD・DVD・ゲーム

【JTB海外旅行】アメリカ・カナダ・メキシコ
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      映画「JAWS / ジョーズ」
      • おすすめ マイベスト 映画 & DVD
      • 2009/05/26 11:36 AM
      無料ブログ作成サービス JUGEM