スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『ザ・ソプラノズ6』 の 第9話は駄作だ。

    海外ドラマ comments(0) trackbacks(1) あざらし
    JUGEMテーマ:ザ・ソプラノズ

    こんばんは、あざらしです。

    ザ・ソプラノズ シーズン6、見進めています。

    第9話の脚本、ひどかった!!

    いつもと違ってひどく退屈でした。

    脚本を書いている人、この回の企画意図とかテーマとか

    自分でちゃんと把握した上で書き進めてるのか?

    見ながらずっとその疑問が付きまといました。

    このシーンはどこにつながるの?

    え?どういう意図でこのシーン入れたの?

    え?そこで回想シーンいれる?(安っぽい入れ方しよるなあ)

    とにかくフォーカスしてない感じ、ピンボケ感が付きまとう。

    そういう突っ込みが頭の中でぐるぐる回って疲れました。

    あんまりひどい脚本と演出だったので

    逆に何が悪いのか知りたくなって

    ちょうど第9話の脚本によるオーディオコメンタリーが

    入っていたので聞いてみました。

    やっぱり、というか予想通りというか…

    その回の脚本を担当したのは、いつもの人ではなく

    製作総指揮によって書かれていました。

    本職の脚本家じゃなかったのね…

    なんか稚拙な脚本だと思ったのだ。

    素人が書いたのかと思った…

    コメンタリーを聞いてて思ったのは、

    OOがテーマだ、と言ったと思えば

    その数分後にはOOがテーマだとか言ってる…

    ちゃんとテーマ絞れてないし、

    曖昧すぎて、その設定じゃ書いてるうちにブレちゃうよ。

    他にもライターが意図していることが、すごく独善的というか思いこみ先行で

    えー!?そんなの絶対伝われへんって!!

    コメンタリー聴きながら突っ込み入れまくってました。

    ああ、欠点の理由を探すためにコメンタリーを聞いたの初めてかも・・・

    却って勉強になりました。


    追記:

    第9話はひどかったけど、第8話は傑作の部類に入るほど面白かった。
    第8話はトニーソプラノと息子アンソニーの話。
    全然泣かせようとしてないのに、ほんとに心に響いてきて涙が出てきました。
    成長だけがドラマじゃない、変わりたいのに変われない、
    その辛さもドラマだよ、と改めて思いました。
    第8話までが全部面白いので第9話のダメさが際立ちました。

    ソプラノって変な感じの話が結構多い。
    え?そんな終わり方?みたいな。
    でも、そのエピソードごとのテーマやメッセージが
    ものすごくクリアです。
    変則的なシナリオでも、お話が破たんしていないのは、
    おそらくそのテーマ設定がしっかりしているからだと思います。
    だから、その屋台骨がぐらついていると第9話みたいに
    フォーカスしていない感じになるんでしょうかね。
    なんか腹立ってエキサイトしちゃいました…。

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        時をかける少女で主題歌、挿入歌の「ガーネット」「変わらないもの」がありますが.... 時をかける少女で主題歌、挿入歌の「ガーネット」「変わらないもの」がありますが、歌詞がとても良くてガーネットは真琴の気持ちが表しているような感じがして、変わらないものは千
        • 本日のイチオシ!芸能ニュース速報
        • 2009/08/13 7:02 AM
        無料ブログ作成サービス JUGEM