『風のガーデン』(シナリオ本)

シナリオ関連本 comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:風のガーデン

こんばんは、あざらしです。

図書館で倉本聰さんの脚本『風のガーデン』を見つけたので

借りてきました。

テレビドラマの方は、例によって、新作ドラマを敬遠してしまう悪い癖で

みてませんでした。(見ればよかった!)

何の先入観もなく(うそだ、倉本脚本という先入観はある)読み始めたシナリオは

素晴らしかった。

読み始めたら止まんなくなっちゃった。

テレビドラマはみていないけど、脚本に関してはほんと

熟達の技を見せ付けられた感じ。

ちょうどこの前に『拝啓、父上様』のシナリオ、二度目を読んでいて、

こちらの方も熟達の渋い味を醸しており、なんじゃこのうまさは

という感じでしたが、

『風のガーデン』は熟達の業でありつつも、

みずみずしさがにおい立っておりました。

まあガーデンが素材になっているというのもありますけどね。

それにしても、どうだろ、この主人公(中井貴一)の設定、麻酔医って、

でもって、その反目している父(尾形拳)が終末医療の町医者。

終末医療と花という、補完的な関係。

絶妙だな…

神木隆之介と中井貴一の父子の話の設定もすごく面白い。

大天使ガブリエルか…ああ、切ない…

一気に読み過ぎて頭がいたい…

今度、ドラマも見てみようと思う。


 
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM