黒澤明記念ショートフィルムコンペティション2007 受賞作品

映画コンクール comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:創作活動


頼れる添乗員同行の旅『impersso』



前回、黒澤明記念ショートフィルムに行った話をかきましたが、授賞式まで見ずに帰ったので、どれが受賞したか気になっていました。

受賞作品がネット上で載っていました。

前回、紹介した、あざらしが応援していた作品は、受賞をことごとくはずしており…あ、一つだけ、タイの監督が作ったのが奨励賞として受賞しただけでした。

これだけ自分の応援したい作品と受賞作品が離れていると、個人の好みの問題とはいえ、我ながら冷や汗ものでした。

それに、受賞作品のラインナップをみていると、もし自分が来年出すとしたNGだなと思っていたポイントが、逆に受賞のポイントとして働いていたようで…なんとも恥ずかしいかぎりです。

もし、このブログを読んで次年度応募しようと思う方がいらっしゃったら、あざらしがあげたNGポイントの逆をすればいいと思います。それくらいにズレがありました。

アンチプロット、アンチストーリー、アンチドラマが、評価の対象になったのかしら?

受賞作ラインアップを観てそう思ってしまいました。

自分にとって新しくないなあと思っていたものが他の人には新鮮に映っていたり、自分が新しいなあと思ったものが他の人には新しくないと思われていたり…

普段の生活で興味を持ってみているものが、それぞれ違うのだからしょうがない…

とはいえ、軽くショックでした。

あざらしはやはりシナリオ的な視点に重点を置きすぎたのでしょうかねえ?

審査は、映像的、今後の可能性など視野に入れた上で評価されたのかもしれませんねえ。





  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM