『愛のむきだし』 後編

邦画‐ドラマ comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:邦画
 

愛がむき出していました。


前篇の20分あたりで


『奇跡まで365日』


そして、前篇1時間あたりで、とうとう…


奇跡が…

あんな出会いのシーン初めてみた。

おバカで格好良くて、スカッとしました。

ていうか、クレジットタイトルが入ったの

映画始まって1時間だよ!

クレジットタイトルのことなんかすっかり忘れてたぜ、

意表突きすぎやろ…

でも格好良すぎる、あのクレジットタイトル…


すべて見終わって―

怒涛の、いやむき出しの4時間。

最高でした。

西島隆弘

満島ひかり

二人の文字通りむき出しの演技。

おバカを通り越して、感動を呼びました。

ここ何年か、あざらしが見た邦画の中で(そんなに見てないけど)もっともパワー全開の映画でした。

けど、最もおバカな映画でもありました。

この映画の前では、おくりびとがかすんで見えた。

拍手をおくりたいです。

超おススメです。

追記1:音楽、ゆらゆら帝国 格好良すぎる。
なのに3月31日解散を発表しました。

追記2: 社会学者・宮台真司 が教団神父で出ていました。
久しぶりテレビで見た気がする。

関連記事

『愛のむきだし』(前篇)

『満島ひかり』

西島隆弘






  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM