『文楽 冥途の飛脚』(映画)

映画 comments(0) trackbacks(0) あざらし
JUGEMテーマ:映画
 

本日は、恵比寿ガーデンプレイスにある

東京都写真美術館ホールに行って参りました。

近松門左衛門の人形浄瑠璃 『冥途の飛脚』 をフィルムに収めた映画

昭和54年にセットを組んで京都太秦で撮影されたというもの。

それを見に行ってきました。


東京写真美術館


近松門左衛門 『冥途の飛脚』かあ、受験で日本史を勉強していた時、

暗記カードに書いて、必死で覚えてたくらいな知識。

実は物語を見るのは初めて。

勝手に心中もので、もっと男女の純粋無垢な美しい愛の話かと思いこんでいた。

けど・・・・

もう主人公の忠兵衛、めっちゃ人間的、やばいくらいダメ男。

女郎の梅川に入れあげて、商売のお金を流用、それも女郎身請けのために…

気は弱いし、見栄っ張りやし、情けないし、人形なのに人間くさかったです。


構成は綺麗にシンプルに三幕。

三幕目で、二人で駆け落ちした先で、昔の父親に会うシーン。

あ、うまい。

女郎の梅川のキャラがリトマス的に出たし、

あいかわらず忠兵衛は情けなさが浮き彫りになった。

まあ、ハリウッド映画的な面白さはないけど、

初体験だったので、何かと新鮮で、思ったよりも楽しめた。

もっとつまんないかと思ってたので・・・・

でもちょっと2300円は痛かったかな…



冥途の飛脚




あ、これこれ、今日見たやつ
  ↓   ↓   ↓

DVD出てたんだな

                写真美術館で売ってたトイカメラ

                味のある写真で欲しくなった。
                   ↓   ↓   ↓
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM