スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『ヤング@ハート』(ドキュメンタリー映画)

    ドキュメンタリー映画 comments(0) trackbacks(2) あざらし

    Should I stay or should I go?

    70、80歳の、じいさん、ばあさんが、クラッシュのナンバーを熱唱している。

    そんなシーンから始まる、ドキュメンタリー映画。

    アメリカの老人のロックコーラス隊の汗と涙の、

    文字通り命をかけた感動のドキュメンタリーですね。

    英語が母国語のお年寄りにとっても、

    ロックのテンポについていくことって大変なんですね。

    めっちゃ苦労してます。

    若い人たちが唄っているのを見ても、

    ああ、ロックねという感じだけど、

    鼻にチューブさしてたり、人生の最後を意識している

    老人たちが唄うと、ブラックジョークかと思うような歌詞ばかりで、

    申し訳ないんだけど、ちょっと吹き出しそうになりました。

    だって、サタデーナイトフィーバーのStaying Aliveって曲、

    『生き続けろ』って…絶対、選曲した人、狙ってるよなあ…反則です。

    でもね、そんなシュールな部分もみどころではあるんですけどね、

    …最後の残り火をコーラスにかける、その意気込みがね

    なんとも心をうつんです。

    刑務所の慰問のシーンなんか、なんか涙がでてきちゃった…

    最初は二ヤついていた囚人たちの中にも、涙を見せる人もいたしね。

    じいさん、ばあさんがかわいくて、シャンとしていて…格好良かった。


    追記1:コーラスを教えている若い男性の先生がね、
    お年寄りに、厳しいのが面白い。
    めっちゃおいこむんですよ。
    唄えないと怒るし、ストップするし。
    その様がすごくいいんです。
    あるお年寄りがね、心臓発作で入院した時もね、
    おじいさん、
    『寝てられるか、寝てる間におれの
    パートを誰かにやってしまいそうだからね。
    あいつならやりかねないよ』って…
    舞台に穴をあけてはならぬと女優ばりの根性見せてました。

    追記2:このコーラスを聞いてるとね、
    唄のうまさって、必ずしも美声であるとか、何オクターブでるとか、
    それだけじゃないなあ、ってわかります。
    唄い手の刻んできた人生が見えるっていうのかな、
    それも込みで、歌に味が染み出てくるっていうか…
    痛感しました。

     


    予告編だよ ↓

    『運命を分けたザイル』(映画)

    ドキュメンタリー映画 comments(0) trackbacks(0) あざらし

    こんばんは、あざらしです。

    すごい映画でした・…(溜息

    運命を分けたザイル、数年前に少し話題になった映画。

    再現ドキュメンタリー映画とでもいったらいいのかな?


    かつて誰も登頂を成功したことがない雪山に挑んだサイモンとジョー。

    登頂を終えて、最悪の事態が二人を襲う。

    そこからはもう、絶望につぐ絶望。

    最悪の事態を乗り越えても、次の絶望がまっている…

    そして究極の選択…
     

    現実に起こったことですからね、すごいです。

    再現フィルムと関係者のインタビューを交えながら

    話が展開していきます。


    それにしても…登山家さんって、

    いつも死と隣り合わせのせいか

    最悪の状況を振り返るときも、なんというかあきらめ口調で、

    皮肉なジョークを交えながら話している…

    それが妙におかしいんです。

    最悪の状況が、展開してるんですけどね、

    見ていておかしくって、つい笑ってしまいます。

    そういや野口健 さんのインタビューとかもそんな感じのとこありますよね。

    すごいことしゃべってるのに、どこか諦観というか、あっけらかんというか。


    そして最後に素朴な疑問

    あの再現フィルムどうやってとったんだ!!

    追記:
    原題は、Touching the Void というそうです。
    Voidって虚空とかぽっかりとあいた穴とかっていう意味なんですね。
    英語のタイトル聞いただけで、ぞくっときます。
    虚空にどうやってタッチするんだ?
    高所恐怖症のあざらしは、あんな高いところで、
    決して虚空にはタッチしたくない、と思いました。


    『Visions of Light』 ドキュメンタリーDVD

    ドキュメンタリー映画 comments(0) trackbacks(0) あざらし

    こんばんは、あざらしです。

    『Visions of Light』 というアメリカ映画の撮影技術の歴史を追った

    ドキュメンタリー映画をみました。

    残念ながら、日本ではDVDは販売されていなくて

    アメリカのアマゾンから取り寄せとなりました。

    なので、DVDのリジョンコードは1です。

    通常の日本のDVDプレイヤーではみれません。

    パソコンではどうか…すんません、わかりません。

    日本のリジョン2とは異なりますが、

    あざらしの家にはマルチリジョンのDVDプレイヤーがあるので

    問題なしです。

    このドキュメンタリー、撮影技術の歴史という、

    少し変わった切り口でして、なかなか面白いです。

    普通なら映画の歴史を追う時、

    映画監督を追うでしょ?

    でも、このフィルムでは、それぞれターニングポイントになった

    撮影監督にスポットをあててインタビューをしていくのです。

    白黒サイレント映画の照明技法から始まり、

    音が入ることによってまた変化があり、

    今度は白黒からカラーへの撮影技法の変化

    またスタジオ撮影から、野外ロケへの変化

    ヨーロッパ映画の影響で手持ち撮影が増えたり…

    過去の名作のシーンがふんだんに使われ、

    なるほど、この映画はそういう意味で画期的という位置づけになったのか

    あの映画はそういう歴史的意義を持つために評価されたのか

    と、関心しきりで見ておりました。

    ただ難を言えば…日本語版が出ていない…

    だからいまいち理解できてない部分も多いのです。

    92年制作の古い映画ではあるのですが、

    NHKあたりが日本語版を制作して売り出してくれへんかなあ。





    セカンドライフ海外旅行特集


    至福の時間を味わう高級旅館・ホテル予約「Kihin(きひん)」

    ドキュメンタリー映画 『ブリッジ』

    ドキュメンタリー映画 comments(0) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:映画


    『ブリッジ』というドキュメンタリー映画を観ました。



    サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジです。

    あざらしは、妻ラッ子と二人で、ゴールデンゲートブリッジを自転車で走ったことがあります。

    高すぎる、怖すぎる、あんなとこ生身で歩くのはごめんです。

    あまりの怖さに、なるべく下を見ず、まっすぐ前をみて全速力で自転車で走りきりました。

    自殺の名所らしいのですが、納得です。

    橋から飛び降りる人をずーっとカメラで撮っています。

    水しぶきまで…

    かなり物議を醸した映画らしい。

    飛び降りた人の家族、友人などにインタビューをして、その人がどういう人だったのかを伝えています。

    インタビューを受けている家族には、止めても何度も自殺を繰り返そうとするので自殺者にあきらめの雰囲気。

    哀しいんだけど、あってはならないことだけど、自殺した人の生前の苦しみを知っているだけに、これで精神が解放されたと思う、と語る家族もいました。

    自殺してしまった人だけでなく周囲の人たちも、苦しんだろうし、そこから自分の中で合理化したり、消化したりするのに、大変だったろうなと思いやられました。

    なかにはあんな高いところから飛び降りて奇跡的に生還した人もいました。

    生還した一人の青年のインタビューが、不謹慎だけど、どことなくおかしく、笑ってしまったりするシーンもありました。

    ただ、どうなんだろ、ゴールデンゲートブリッジがあまりに美しく鎮座しているので、そこでの自殺を美化してしまいかねないのではないかと少し不安になりました。

    そんなこと言っても、恐らく地獄の苦しみを味わってる人にとっては、ゴールデンゲートブリッジがあってもなかっても別の場所に向うのかもしれないけれど…

    プロに聞いちゃおう!クチコミおすすめ海外旅行【JTB スタッフけんさくん】

    ヨーロッパを巡る旅

    マイケルムーア監督の『シッコ(SICKO)』を観ました

    ドキュメンタリー映画 comments(0) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:映画


    遅ればせながらマイケル・ムーア監督『シッコ』を三軒茶屋シネマで観てきました。

    ほんとに恐ろしい映画です。

    日本社会がどんどんアメリカ型社会に近づいてしまったらと思うとほんとに恐ろしい。

    いやあ、その辺のホラー映画なんか比べ物にならないくらい怖い。

    民間保険会社や薬品会社の利益が優先されてしまう社会。

    医師も病気と認定せず保険がおりないようにすることで優秀な医師と評価されるありさま。

    なかなか保険が下りないのです。

    医療費が払えず家族を失った人も結構います。

    入院費が払えない人を、病院がこっそりホームレスシェルターに捨てていく事件も結構あるそうです。(日本でも似たような事件この前ありましたね)

    それにアメリカでごく常識なのが、自分が入った保険会社と提携していない病院やクリニックにいくと保険はカバーしません。(それで、治療が手遅れになった例も結構あるそうです)

    あるカナダ人の夫婦は、国境を越えてほんの30分くらいの場所(アメリカ)に出かける時は、カナダの保険に入ってからでないと恐ろしくてアメリカには行く気にならない、とのこと。その夫婦の旦那さんは以前フロリダで頭に大怪我をして、保険がなくて、7000万円ちかくの医療費を請求されたことがあるのでそうしているらしい。

    アメリカの医療制度…めっちゃ変…でもアメリカではそれが随分長い間常識として通っているので、それがいかに変なことか気付いてない人が多いのではないかと思われます。

    小さな政府を目指す政府の思惑と合致してかどうか知らないけど、保険会社、製薬会社の力が強大で、『国民皆保険制度イコール共産主義』とか洗脳されちゃってるのでしょうか?

    マイケルムーアがこの映画を作った時、反響がものすごくて、彼自身が怖くなったとのこと。

    みんな心のなかでは変だとは思っていたけど、何がどう変か、はっきりと映画でモヤモヤに形を与えてもらったことで、実感、共感したのでしょうか?

    私、アメリカで何年か働いていましたが、やっぱり保険が一番面食らいます。

    自由に病院を選べない!!保険に入ると電話帳のような冊子を渡されます。

    その保険会社が提携しているクリニックや病院のリストです。

    ほんとうはもしものために、どこの病院に行こうか予め決めておいたほうがいいのかもしれませんが、そんな分厚いリストを渡されたら混乱して、気持ちなえますよ。

    日本のように国民皆保険制度がないので、働いている会社を通して保険に入らない人は、全く保険に入っていない人、結構います。

    私が働いていた会社に来ていたインターンの男の子、ある日会社を休みました。

    いつも元気な男の子ですが、3日、4日くらいこなかったので心配していたら、食中毒にだったとのこと、医者に行ったのかと聞くと、保険がないから必死で耐えてた、らしい。

    保険がなくて自力で治すという若い人、アメリカで結構見ましたよ。

    という自分も、学生が終って就職するまでの空白期間、保険がなくてインフルエンザを根性で治しました。

    だって、アメリカですよ、保険無しで医者に行く度胸は私にはなかったよ。

    すみません、話が脱線しました。

    最後にはなんともマイケルムーア流の突撃演出があります。

    ほんと人を喰ったような示威行動で、笑ってしまうのですが、心を打たれた。

    この人、ドキュメンタリー作家ですが、とにかくナレーションの文章が素晴らく面白い。

    観客をあきさせない構成と編集、素晴らしい脚本家でもあります。

    ドキュメンタリーの手法としてはちょっと強引過ぎて前のめりなとこもありますが。

    硬派で人に敬遠されがちな社会派ドキュメンタリーを、皮肉な笑いというシュガーコートでエンターテイメントに仕上げています。

    最後にマイケルムーアの関連作品あげときます。

    個人的には、『ボーリング・フォー・コロンバイン』と『ロジャー・アンド・ミー』が特に好きです。



                                                           
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM