スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    『真田丸』 第39話 歳月

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

     

    今回は、信繁とその息子の話がよかった。

    ほろっと来てしまった。

     

    九度山の話、案外短かったなあ…長い歳月を結構すっとばしたなあという印象だけど、

    まあ、隠遁時期の話なのであんまり盛り上がらないし、仕方ない。

     

    今回の歳月では、真田紐の話が出てきました。

     

    これ↓

     

     

     

    この夏、九度山に行ったとき、なんかお土産欲しいなと思って手に買ったのが真田紐。

    まだ使ってないけど。

    ドラマにもあったように、ああやって、困窮をしのいでたんですねえ。。

     

    次回からは、大阪の陣編になるのね。早いなあ。最期の三か月たっぷり、大阪の陣をやるつもりなのかな。

    いずれにしても楽しみ。

     

    九度山関連過去記事:

     

    真田丸 第38回 信之

     

    真田丸 第36回 勝負

     

    真田の里、九度山に行こう:紀見峠の旅館

     

    真田の里、九度山へ行こう:九度山駅+真田ミュージアム

     

    真田の里、九度山へ行こう:真田庵

     

    真田の里、九度山へ行こう:里の風景

     

    真田の里、九度山へ行こう:慈尊院+有吉佐和子『紀ノ川』

     

     

    by カエレバ

    真田丸 第37回 『信之』

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

     

    大泉洋の信幸が、ほんとに板挟みで、気の毒になる。

     

    関ヶ原後、親子、兄弟、親族の分れ、それぞれいいシーンが多かった。

     

    にも、関わらず、ことあるごとに、うんち!おしっこ!など、こあざらしからの妨害を受け、何度も巻き戻し、ぶつ切りで見なきゃならないが、フラストレーションたまる。

    じっくりみたいよ…。

     

    この回、ようやく高野山のふもとの紀州九度山の地名が出て来た。

    真田昌幸、信繁親子は九度山にちつきょさせられることに。

     

    ドラマのあとの、舞台となった場所紹介も、今回は、紀州九度山でした。

    あざらしが紹介した、真田庵も、慈尊院も、映りました。

    ストーリー自体、どんどん下り坂の話になっていくけど、どんな話になっていくのか、楽しみ。

     

    九度山関連過去記事:

     

    真田の里、九度山に行こう:紀見峠の旅館

     

    真田の里、九度山へ行こう:九度山駅+真田ミュージアム

     

    真田の里、九度山へ行こう:真田庵

     

    真田の里、九度山へ行こう:里の風景

     

    真田の里、九度山へ行こう:慈尊院+有吉佐和子『紀ノ川』

     

     

    by カエレバ
    by カエレバ

     

    真田丸 第36回「勝負」

    ドラマ comments(1) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

     

    面白かったー!今回も。

     

    次はとうとう関ヶ原!と思ってたら、えー、そんなエンディング!その意外性!

     

    関ヶ原は誰もが知る歴史的事件。だから結果もわかってる。

     

    でも、驚いた。いや、だからこそ驚いた、その省略の仕方に。すごい。

     

    いやあ、ドラマって、どこを見せて、どこを省略するか、大事なんだなって、改めて思う。

     

     

    追記:

     

    関ヶ原、新幹線のルートでもっとも好きなポイントなんですよね。

    いや、もっといえば、在来線の方で通り過ぎる方が、もっと味があります。

    なんというか、大垣から米原へ向かう、その途中にある、関ヶ原の土地の雰囲気がちょっと異空間な感じなんですよね。

    大晦日とか新年、大体、雪が積もってるし。雪が積もってるから異空間というわけではないんだけど。

    そこを通過して米原駅に、あ、文化圏変わった。畿内に入ったて感じがするのは気のせいでしょうか。

     

    ちなみに、あざらしの大好きな、吉川英二の『宮本武蔵』は、関ヶ原から始まります。

     

     

    過去の関ヶ原に関する記事

     

    新幹線の旅

     

    2010年大晦日 関ヶ原は今日も雪でした

     

    2009年 あざらしの大晦日

     

    るろうに剣心

     

     

    by カエレバ
    by カエレバ

    『真田丸』第33回 動乱

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

     

    もうすぐ関ヶ原 !まだ、そこまで行ってないけど。。あと何回でそこまで行くのか。。

     

    真田丸、毎回ライブで見ることを楽しみにしている。

     

    昨夜は、『動乱』という話。

     

    石田光成徳川家康 のあいだにますます亀裂が深くなってきてる。

     

    石田光成の人物の造詣うますぎ。

     

    なにやっても、どうやっても、人に理解してもらえない。人望がない。

     

    どんどん孤立無援になっていく。どうなればなるほど、可愛そうになって感情移入してしまう。

     

    高等技術だ。

     

    そして、主人公なのにずーっと傍観者的な役割の真田信繁の動き方が、ちゃんと見せ場になってて。。すごいなあ。

     

    お盆に、関ヶ原後に、真田 家が身を寄せた土地に行ってきた。

     

    またのちほど書くつもり。

     

    『真田丸』調略

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし

    最近なかなかドラマチェック出来てない中、唯一見てるんだよな、大河ドラマ。

    真田丸、毎回面白い。

    先週はちょっとだったけど、今週の調略の話は、うわあっ、て、思わず声をあげてしまった。

    ブラックでいいよ。だって戦国時代だもの、やらないとやられるんだもの、忠義だの、そんな綺麗事だけじゃないものね。

    こういうのは、好きだな。

    史実としては、どこまでほんとなんだろ、この辺の話全然知らんからな。

    その分、サプライズも大きかった。

    毎回生で楽しみに見てる。

    『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(ドラマ)第2話

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    第2話、めちゃくちゃ面白かった!

    自称高等遊民、ニートたくみのプロポーズ。

    あんなに笑えるプロポーズシーンあるかっていうくらい。

    しかも歌と踊りとバックダンサーまでついて。

    あんだけ開き直られたらむしろ見ている側もスカッとする。

    でも、古沢良太さん脚本いいなあ。

    一応理知的で数字で物を考える杏のキャラクターも、最終的には、お父さんが悲しむからっていう、理屈じゃなくて、「感情」が動機となっているから、すごく伝わる。

    最後まで杏にうんと言わせないところも、いいなあ。

    プロポーズシーンだけ、二回見直した。

    面白かった。


    今シーズン撮りためて見てないものがほとんどだけど、あと見てるのは、
    坂本裕二さんの「問題のあるレストラン」、ケラリーノ脚本の「怪奇恋愛作戦」、あと流れで「東京都北区赤羽」。

    というところです。。


    『昨夜のカレー、明日のパン』(ドラマ)

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    ほんとうに今さらなのだけれど、

    ようやく、木皿泉脚本の『昨夜のカレー、明日のパン』を見た。

    木皿脚本、やっぱり心にしみる…切なくて暖かくて、昔から好き。

    『すいか』も、『ノブタをプロデュース』も、『Q10』も大好きで、シナリオ本持ってる。

    昨夜のカレー、星野源、見てるだけで涙でてくる。

    しかもあのエンディング…たいして『M』という曲には思い入れはなかったけど、

    あの被せ方は反則わざ。

    ミムラのキャラも感情移入できたし、ギフもいい味だしてた。

    放置してて、見始めるまでは時間かかったけど、見始めたら最後、一気に見ちゃった。

    ちなみにうちの1歳2か月になるボンズは、昨夜のカレーのオープニングを、頭縦ノリでテレビにかじりついてみてた。

    あの画キレイだし、音楽とあってるものねえ。それともただおいしそうなだけなのか。


     

    『アオイホノオ』(ドラマ)第1話

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:深夜ドラマ全般


    第一話、めちゃくちゃ期待を抱かせる内容でした。

    いやあ、面白かった。

    主人公の気持ちがめちゃくちゃよく分かる…。

    自分は結構できるんじゃん?とか思っていたのに、周りにもっとできるやつがいる。

    そしてなんとか自分を保つためにする、都合の良い合理化。

    でも、その合理化大事です…

    そうでも思わなきゃ、書きつづけられないもん。

    創作なんて、傲慢さと謙虚さのあいだで成り立つもんです。


    でもさ、その教室で肩を並べる、自分より『できるやつ』が、庵野秀明をはじめ、のちのアニメ業界を牽引する面々なんだから、衝撃だったろうな。

    そういう人たちは学生時代から非凡なものを見せていたのでしょうか。。

    でも、一話見た限り、主人公、すごく情けない口だけ男みたいに描かれているけど、偉いのは自分もやってるから。

    書かずに批評だけで終わってしまう人の方が多いはずだからね。

    でも、大事だと思う。近くにすごい奴がいて力を見せつけられるっていうのは。


    それにしてもだ…大阪芸大ってどんなとこなんだろ(アオイホノオ見続ければわかる?)

    これを見たその日の昼間に、ちょうど『私の男』(熊切監督も大阪芸大)を見た。

    なんや、まるで今日は大阪芸大DAYやないか?

    まあ、おそらく学校のカリキュラムどうこうではなくて、作るぞという人たちが集まる、場所が大事なんだろな。刺激うける場所というか。



    『ペテロの葬列』(ドラマ)見てる

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    『ペテロの葬列』見てる。

    同じシリーズの『名もなき毒』のドラマもめちゃくちゃよかったが、今回のも初回からいきなり面白かったなあ。

    第二話への展開も引き込まれる。

    映像、演出もいいんだよなあ。

    前もそうだったけど、木皿津キャッツアイとかとってた監督さんがまた撮ってた。


    小泉孝太郎もあたり役だなあ。

    今後も期待してみます。

    ちなみに原作は未読です。


    『白夜行』ドラマ

    ドラマ comments(2) trackbacks(0) あざらし
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    白夜行ドラマ見てなかった。

    Huluにのっていたのでみる。

    なんという共犯関係、なんという共依存。

    相手を守っているようでいて、相手をがんしがらめにしていたりもする。。

    嘘が嘘を呼び、罪をごまかせばさらに罪をおかす。

    実は、ちょっとブレイキングバッドと共通しているところがあって、かなり楽しめました。

    白夜行、原作とドラマどれくらい違うんだろう。気になる。


    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM